40歳以上の3人に1人がひざ痛に悩まされているといわれています。
長年に渡って体重を支え続けてきたひざ関節のクッションである軟骨がすり減ってしまい、そのせいで炎症が起こり痛みが生じます。
薄くなった軟骨が再び厚みを取り戻すことはありません。
しかし最新の研究では軟骨が薄くなっていてもひざの痛みを改善できる可能性があるといわれています。




■ひざ痛の原因

ひざ痛を起こす主な原因は、ひざ関節の滑膜(かつまく)が厚くなることだと考えられています。
誰のひざにも滑膜は存在しますが、通常は薄くエコーでは見えません。
しかし何らかの原因で軟骨がすり減ると、そのときに発生した小さな軟骨の破片が滑膜に付着します。
そこで炎症を起こすことで痛みが発生します。
滑膜自体も次第に厚くなってしまうと考えられています。

■滑膜の状態チェック

ボールペンを1本用意します。
仰向けに寝ます。
片方のひざを抱えます。
この状態で、かかとの骨の一番出っ張っている部分とお尻の間にボールペンを挟みます。
手を離したときにボールペンが落ちなければ問題ありません。
これを両足行います。
すでに痛みがある人は原因が滑膜の異常によるものかどうかをチェックできます。
痛みがない人では将来滑膜の異常によるひざ痛が起こる可能性があるかどうかが分かります。

■座布団でひざ痛改善

2つ折りにした座布団を太ももで挟みます。
5秒挟んだらゆるめます。
これを20回ほど繰り返します。
この運動で太ももの筋肉を使い滑膜が引っ張られて炎症を治まります。
1セット20回、1日2回行います。



■ひざ痛改善体操1

仰向けに寝て片ヒザを立てます。
伸ばした方の足を5秒上げ、戻します。
1セット20回、1日2回行います。

■ひざ痛改善体操2

横向きに寝て、下側のひざを曲げます。
伸ばした上の足を5秒上げ、戻します。
1セット20回、1日2回行います。

■ひざ痛治療の名医(2017年12月時点)

順天堂東京江東
高齢者医療センター 特任教授
黒澤 尚(くろさわ ひさし)先生
2013年ひざ痛の新原因を発見し、ひざ痛の根本的な治療法を報告して世界の注目を集めました。
ひざ痛治療の研究一筋45年のひざ痛治療のエキスパートです。

■アボカドでひざの痛み改善!アボカドと大豆油を一緒に摂ると効果的

■変形性ひざ関節症の治療!ひざ痛予防改善運動、高位けい骨骨切り術

■ひざの痛み予防改善運動!変形性ひざ関節症の治療法、肥満はアディポカインを分泌し軟骨が壊れやすくなる

■ひざ痛の原因は筋肉にある!麻酔によるトリガーポイント療法、ひざ痛予防法

■ヒザ痛予防改善法!変形性膝関節症、ヒザのお皿マッサージ、大腿四頭筋、ハムストリング

■ひざの痛み予防法!スクワット・フロントランジ・大腿四頭筋のストレッチ

■ひざの痛み予防法!ひざの痛み予防ストレッチ・トレーニング

■ヒザの痛みを改善!変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)、ヒザの痛み改善体操