冬場のカゼ予防には少量の水をこまめに分けて飲んで線毛の働きを低下させないことが大切です。
ミントに含まれるメントールの成分が線毛の動きを活発にさせカゼ予防効果が期待できます。




■線毛(せんもう)について

線毛(せんもう)は鼻の奥から気管や気管支にかけてびっしり生えています。
線毛の長さは1/100ミリと非常に短いですが、1秒間に15回という猛スピードで波打ち続けています。
カゼのウイルスに感染しても線毛のおかげでウイルスは喉の奥へ猛スピードで運ばれ、食道から胃に到達し胃酸で退治されます。
線毛がきちんと働いていればウイルスを撃退しカゼを引かずに済む可能性が高くなります。
しかし線毛のパワーが衰えるとウイルスは胃へと素早く運ばれず停滞し、気道から体内に侵入して増殖して鼻や喉に炎症を起こし、くしゃみ、鼻水、咳、喉の痛み、発熱、頭痛などの症状を引き起こしてしまいます。

■線毛の働きが低下する原因

・厳しい寒さ
・水分不足

●厳しい寒さが線毛の働きが低下する原因
線毛の動きは様々な要因によって影響を受けます。
温度が低ければ低いほど線毛運動は弱くなり、ウイルスを外へ運搬して排除する機能が低下してしまいます。
線毛は暖かいほど活発に動きます。

●水分不足が線毛の働きが低下する原因
冬になると空気が乾燥するため、皮膚や吐く息から水分がどんどん出て行きます。
冬は気が付かないうちに水分が出ていくので、喉が渇く感覚がないため積極的に水を飲むことが少なくなります。
そのため体の中の水分量が低下してしまいます。

線毛の上には粘液があり、外からウイルスが侵入してくると線毛の上に乗って水分と一緒に喉へ運ばれていきます。
そして飲み込んで胃酸で退治されたり、タンとして排出されたりします。
しかし冬の乾燥で身体が水分不足になると、線毛の粘液量が少なくなってウイルスが侵入しやすくなってしまいます。
細胞内へ侵入するとウイルスが増殖してカゼを引いてしまいます。
ウイルスが体内に1つでも侵入すると細胞分裂を繰り返して加速度的に増えていきます。
そのためウイルスを侵入させないように線毛を元気に保つことが大切になります。



■カゼを予防するための効果的な水分補給の仕方

冬はしっかり水分を補給すれば線毛が活性化してカゼを予防できます。
短時間に大量の水を飲むとすぐに外に出されてしまうので、1時間とか2時間ごとに少量飲むのがカゼ予防に効果的です。
特に乾燥が進む冬場は気がつかないうちに身体から水分が失われています。
冬の脱水をしっかり補うには1日に水分1.5リットルほどの水分が必要になります。
コップ1杯の水を1日で7〜8回飲めば十分にその量を満たすことができ、知らず知らずの脱水から線毛を守ることができます。

■ミントの香りでカゼを予防

ミントに含まれるメントールの成分が線毛の動きを活発にさせる効果が期待できます。
ミントの葉からメントールを蒸留したミントオイルが効果的です。
ドラッグストアなどでハッカ油として一般的に販売されています。

●ミントタオルで線毛の働きを活発化
洗面器に水を張ります。
ミントオイルを7〜8滴垂らします。
ミントオイルの原液は刺激が強いので入れ過ぎには注意です。
ミントオイルを混ぜた水の中にタオルを浸し軽く絞ります。
このミントタオルを寝室にかけておくだけで、就寝中タオルから揮発したメントール成分が線毛の働きを活発化してウイルスの侵入から守ってくれます効果が期待できます。
さらにタオルに含まれる水分が寝室の湿度を上げる効果も期待できます。

●ミントマスクで線毛の働きを活発化
霧吹きにミントオイルを1滴だけ垂らしてよく混ぜます。
マスクに2〜3回スプレーします。
ミントマスクは線毛の働きを活発化するだけでなく、自然に口腔内の乾燥も防いでくれます。

■ドライノーズ予防・改善入浴法!カゼ予防