コレステロールが正常でもnon-HDLコレステロールが高いと心筋梗塞のリスクが上がります。
non-HDLコレステロールは肥満気味の人、中性脂肪が高い人、糖尿病の人が上がりやすいので、運動や食生活に気をつけることが大切になります。
non-HDLコレステロールの数値を知って自分の健康管理に役立てましょう。




■善玉コレステロールと悪玉コレステロールについて

HDLコレステロールとは善玉コレステロールのことをいい、LDLコレステロールとは悪玉コレステロールのことをいいます。
コレステロールは細胞膜を作る材料になるため細胞が持っていますが、次第に古くなっていきます。
すると古くなったコレステロールを善玉が回収し、悪玉が新しいコレステロールを運んできます。
しかし食生活の乱れなどでコレステロールが多くなると悪玉は余ったコレステロールを血管に放置していきます。
余ったコレステロールは白血球のマクロファージが食べてくれますが、コレステロールを食べ過ぎると死んでしまいます。
マクロファージの死骸が血管の壁を持ち上げて血管の通り道がが細くなってしまいます。
こうして動脈硬化やプラークというコブの状態になります。
そのため悪玉は増やさない方がよいとされています。

■レムナントコレステロール

レムナントコレステロールとは善玉コレステロールでも悪玉コレステロールでもない残りのコレステロールのことをいいます。
レムナントコレステロールは動脈硬化の原因と考えられています。
実はマクロファージはレムナントコレステロールが大好物で、悪玉を取り込む量よりも約4倍も多く取り込みます。
そのためマクロファージはどんどんレムナントコレステロールを食べ、どんどん死んで動脈硬化に近づいていってしまいます。
善玉と悪玉以外の数値のほとんどがレムナントと考えられています。
レムナントコレステロールは食事の摂り過ぎによって上がる傾向にあります。
レムナントコレステロールを下げるには、肉よりも魚を食事に取り入れたり、運動で適正な体重をキープすることが大切になります。

■non-HDLコレステロール

悪玉コレステロールとレムナントコレステロールを足した数値がnon-HDLコレステロールになり、150以上はやや危険で、170以上は危険な値になります。
つまり総コレステロールからHDL(善玉)コレステロールを引いた数値がnon-HDLコレステロール値になります。
肥満気味の人、中性脂肪が高い人、糖尿病の人はnon-HDLコレステロールが上がる傾向にあります。



■コレステロール対策

・食べ過ぎに要注意
・食物繊維を摂る
・魚を食べる
・運動で善玉を増やす

●食べ過ぎに要注意
食べ過ぎはnon-HDLコレステロールを増やす原因になります。
肉などに含まれる飽和脂肪酸には要注意です。
悪玉が高めの人は肉を食べ過ぎないようにしましょう。

●大豆類・野菜
大豆類や野菜をたくさん摂りましょう。
食物繊維はコレステロールの吸収を抑えてくれます。

●魚を食べる
青魚に含まれるEPAはnon-HDLコレステロールを下げる効果が期待できます。
EPAは加熱すると減少するのでマグロの刺身などが効果的です。

●運動で善玉を増やす
運動は善玉を増やす効果が期待できます。
ウォーキングなどの有酸素運動を30分、週に3回ほど行うのが良いです。

■らっきょう・なめこで肥満改善!水溶性食物繊維、やせ菌の短鎖脂肪酸

■もち麦でダイエット!水溶性食物繊維でデブ菌を減らし肥満解消

■インターバル速歩で善玉コレステロールアップ!LH比を下げて動脈硬化を予防、飽和脂肪酸

■突然死について!狭心症と心筋梗塞、無痛性心筋梗塞、心臓病の放散痛、エイリアン脂肪

■糖質制限ダイエット!肥満ホルモンのインスリンの分泌を抑える

■ダイエットのポイント!食べる順番、有酸素運動、モナリザ症候群、リバウンド

■ストレッチとウォーキングで体の歪みを改善!体の歪み治してダイエット

■オメガ3でダイエット!アマニ油、くるみ、サバのオメガ3の健康効果

■希少糖(きしょうとう)プシコースでダイエット!プシコースの健康効果・肥満改善効果

■糖質制限・ケトン体ダイエット!長寿遺伝子を働かせて若返り効果・老化予防