ひざ痛や腰痛など、身体の様々な不調は不調の場所だけではなく、足が原因となっている事も多くあります。
ゆっくり歩くだけでも足にかかる重さは体重の1.2倍にもなります。
若いうちは自然とヒザ・腰・身体が柔らかいので補って歩いてくれますが、年齢を重ねてくるとバランスの補正が効かなくなり足のトラブルにつながってしまうことも多くなります。




■腰痛の原因となる歩き方「前屈みの姿勢」

かかとが内側に傾くと親指の骨がかかとと同じようにねじれてしまい、足の先端の骨が曲がり外反母趾になる可能性が高まります。
外反母趾はヒールなどが原因の女性特有の病気というイメージがありますが、かかとが内側に傾くことでも起こります。

■つまづく歩き方

つまづきやすい人は上手くつま先が上がらないことが多く、歩いているときの姿勢が前屈みになりやすいことがあります。
またつまづきやすい人は足首の硬さにも原因があります。

■足首の硬さが身体の不調の原因になる

足首が硬いと足首をかばった蹴り方になるので腰痛、ひざ痛、股関節痛などのトラブルの原因になってしまうこともあります。

■足首の硬さチェック

足を揃えてそのまま座ります。
いわゆる和式トイレ座りをしてみます。
かかとが上がらず出きるかチェックします。

■アキレス腱伸ばしで足首の硬さを改善

足同士が平行になるように、かかとは付けて前のひざに体重をかけます。
後ろ足のふくらはぎが伸びているのを意識して行います。
1日に左右1分ずつを目安に行うとよいです。
壁に手を付けて行うとより効果的です。

■足底筋膜炎による足の痛み

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とは、足の裏に張っている筋膜に炎症が起きて小さな断裂を起こすことで、主にかかとが痛む病気です。
かかとが朝の1歩目に痛むときは足底筋膜炎が疑われます。

■強剛母趾による足の痛み

強剛母趾(きょうごうぼし)とは、歩いたときの力を逃すことが出来ず親指の関節に炎症が起き痛みが発生する病気です。
親指の付け根に起きるために痛風と間違えやすいですが、腫れ上がり方に違いがあります。
痛風は関節全体が大きく赤く腫れ上がりますが、強剛母趾は赤みや腫れがわずかなのが特徴となっています。



■足の親指が上手く使えないことで起こる足の痛み

足の親指が上手く使えていないとバランスが崩れて足裏の神経を圧迫し痛みが起こることがあります。

■足のアーチの崩れが足のトラブルの原因

足のアーチとは、かかと・親指の付け根・小指の付け根を結ぶ靭帯と筋肉で構成されている部分をいいます。
年齢・靴・肥満・運動不足・過度な運動などの要因が積み重なって足のアーチが崩れてきてしまいます。

■インソールで足のアーチの崩れを整える

崩れたアーチを自分で戻すことは難しいですが、インソールなどの中敷を使って土踏まずを持ち上げることで崩れたアーチを整えることができます。

■靴と足の痛み

足にかかる体重を分散するにはヒールの高さは4cm以内が良いとされています。
高いヒールは体重がかかるつま先の面積が狭くなり、より大きな負荷がかかってしまいます。

靴はかかとで履くので、かかとが合っていないと歩きづずらくなります。
かかとの骨は卵のような形で倒れやすく不安定なため、ピンヒールなどはあまりおすすめではありません。

足を覆う部分が少ない脱げ易い靴はつま先で踏ん張るために足がつりやすくなるので、バンドなどで甲を固定すると良いです。

■靴で足のトラブル予防するポイント

スニーカーは足の甲とかかとが守られ、ソールもしっかりしているので足のアーチの崩れを抑制するのに良いです。
靴紐は毎回きちんと結び直すことも大切になります。
1日で足の形は変わるのでこまめに結び直すとよいです。

外反母趾の予防法!正しい靴で外反母趾の痛み予防改善

ストレッチで足底筋膜炎を改善!生活習慣の見直し・肥満解消が大切

外反母趾(がいはんぼし)の予防法と治療法!外反母趾の名医

外反母趾(がいはんぼし)!中敷きで外反母趾予防、空き缶で外反母趾予防

タコ・ウオノメの足の悩み改善!内反小趾、X脚、O脚、イボ

隠れ扁平足の予防改善!後頸骨筋、足裏アーチ、変形性膝関節症