せきには重篤な病気が隠れていることがあるので放置しないことが大切です。
せきとは空気の通り道に気道に異物が入り込んだときに異物を外に出そうとする防御機能をいいます。
せきが2週間以上続く場合は病気によるせきの疑いがあります。




■慢性気管支炎によるせき

慢性気管支炎とは、長年の喫煙などが原因で気管や気管支が炎症を起こし、せきやたんが続く病気をいいます。
肺気腫などを合わせてCOPDとも呼ばれます。

■気管支炎によるせき

気管支炎とは、かぜなどのウイルスによって急性的に発症し、気管や気管支に炎症が起こる病気です。
たんの色が濃くなる理由は、白血球やウイルスなどが混ざり色が付くためです。

■肺炎・肺結核によるせき

初期症状がかぜと似ているため放置しがちですが、死に直結する危険な病気です。
熱が出て胸が痛むなどの症状が出たらすぐに病院を受診しましょう。

■感染後咳嗽(かんせんごせきそう)によるせき

感染後咳嗽(かんせんごせきそう)とは、感染を起こした後に続くせきの総称で百日咳などが該当します。

■胃食道逆流症によるせき

胃食道逆流症とは、胃液や消化中の食べ物が食道に逆流することで胸焼けなどが生じる病気です。
それにより食道にある せきセンサーが刺激されて せき が出ます。
逆流性食道炎とは、胃食道逆流症の症状に加えて食道に炎症が起きている状態をいいます。

肥満体型の人は脂肪で胃が圧迫されている状態のため胃液が逆流しやすくなっています。
食後すぐに横になることが多い人は、胃液が食道に流れやすくなっています。

せきを出す人は胃液が上がってきやすく、その胃液が原因でせきが増えることもあります。

■肺がんによるせき

血痰が出る、胸が痛む、体重が減ったなどの症状が出たときはすぐに病院を受診しましょう。



■ぜんそくによるせき

ぜんそくとは、肺の中にある空気の通り道である気管支の病気をいいます。
アレルギー反応などが原因で気管支が炎症を起こして気道が狭くなってしまいます。
子供がかかるイメージがありますが、大人になってから発症する人も増えています。

■せきぜんそく

せきぜんそくとは、ぜんそくの特徴であるヒューヒューゼーゼーという呼吸音はないものの、せき症状はぜんそくと同じです。
せきぜんそくの30%はぜんそくに移行するともいわれていて、ぜんそくとしての治療が大切になります。
ぜんそくは激しいせきに加えて呼吸困難におちいることもあります。

●ぜんそく日記
発作の有無、せきの状態、ピークフローなどの気管支の状態を記録し、ぜんそくの予防策を講じたり医師の指示を受けやすくなります。

●ぜんそくの引き金
・気温や気圧の変動
・ダニやホコリのアレルゲン
・かぜ
・ストレスや過労

秋は夏の間に増えたダニの死骸が多くなりアレルギー反応が起こりやすくなります。
季節の変わり目はかぜが多くなり、ストレスも受けやすい時期のため、自律神経のバランスが崩れてぜんそくの症状が出やすくなります。
小児ぜんそくと診断されたことがある人は、大人ぜんそくになりやすいです。
肥満の人もぜんそくになりやすいといわれ、脂肪が多いと肺が大きく膨らめない状況になり気管支が細くなりやすくなります。

●気管支サーモプラスティによるぜんそく治療
気管支サーモプラスティは通常のぜんそく治療では治らない重症の患者に認められた治療法です。
重篤なぜんそく患者の気管支は、発作を繰り返すことで内側の筋肉が厚くなっています。
口からカテーテルを挿入して気管を通って厚くなっている気管支に到達させます。
電極を広げて65℃で加熱します。
熱によって筋肉組織が収縮し、気道が広がりぜんそくの症状緩和につながります。
気管支サーモプラスティは1回の手術で約50ヵ所の筋肉を加熱し、約3週間おきに計3回の手術を行います。
手術の前日から約5日ほど入院します。

■咳(せき)、肺炎、大人ぜんそく!マイコプラズマ肺炎、気管支肺炎、誤嚥性肺炎

■咳と病気!ぜんそく・慢性心不全・逆流性食道炎・COPD・誤嚥性肺炎の咳!

■大人のアレルギー!ぜんそく・花粉症・食物アレルギー、アナフィラキシー、口腔アレルギー症候群

■禁煙!COPD、禁煙挫折のポイント、タバコと有害物質!