貧血は体から血液が失われ動悸・息切れ・めまいなどの症状が起こります。
胃がん・大腸がん・腎臓病・骨髄の異常が原因となって貧血が起こることもあります。
鉄欠乏性貧血は出血・鉄分の摂取不足・ピロリ菌などが原因で起こります。
鉄分を含む食材をバランスよく摂り、ビタミンCも一緒に摂ると良いです。




■貧血について

貧血の多くは体から血液が失われる事で起こります。
特に女性は月経があるため男性よりも貧血になる割合が高くなります。
男性は月経がないぶん体の内部で出血を起こす病気にかかっている場合が多いといわれています。

■他の病気が原因で貧血が起こる

胃がんや大腸がんが、血液が漏れて貧血になり分かることもあります。
腎臓病や甲状腺の疾患などから貧血が起こることもあります。
骨髄の異常からくる不応性貧血などもあります。

■貧血の症状

・動悸
・息切れ
・めまい

■鉄欠乏性貧血

貧血にはいくつか種類があり、中でも多いのが鉄欠乏性貧血です。
血液に含まれる赤血球では鉄分によってヘモグロビンが作られ、それが酸素と結びついています。
そして血管を通り身体の様々な部分に酸素を送り届けています。
しかし鉄欠乏性貧血になると鉄分が不足するためヘモグロビンも減ってしまい、赤血球の形も変化してしまいます。
そのために身体中に送られる酸素まで少なくなってしまいます。
またその状態になると少ない酸素を身体中に循環させようとして心臓の働きが激しくなってしまいます。
するとその分負担が増すため、放置すると心不全を起こす危険性もあります。

■鉄欠乏性貧血の原因

・出血
・鉄分の摂取不足
・ピロリ菌

偏食の人やダイエットをしている人は鉄分の摂取量が減りやすいので要注意です。
ピロリ菌の場合も胃炎などから鉄欠乏性貧血を起こす場合があります。



■貧血チェック

・疲れやすい
・眠っても疲れが取れにくい
・階段や坂道などで息切れする
・動悸
・顔色が悪い
・脚がむくみやすい
・爪が反り返る(スプーン爪)
・普通は食べない物を食べたくなる

一つでも当てはまれば貧血の可能性があります。
貧血で氷や土などの固い物や普段は食べない物を無性に食べたくなったりします(異食症(いしょくしょう))。

■貧血の診断

貧血かどうかは血液中のヘモグロビン濃度で診断します。
男性:13g/dL未満
女性:12g/dL未満

■隠れ貧血

鉄分は主に肝臓のフェリチンという場所に溜まっています。
血液中のヘモグロビンを作る歳は、そこから必要な鉄分が送り出されています。
常に鉄分が補給されていればフェリチンの量は変わりませんが、フェリチンが減ってくると検査では貧血は出ないのに身体全体の鉄分も失われていることになります。
この状態を隠れ貧血といいます。
隠れ貧血の状態を放置すると、いずれフェリチンがなくなって貧血におちいってしまうので要注意です。

■貧血の人は口内炎になりやすい

貧血によって粘膜の細胞が充分に作られなくなるので炎症が起こり口内炎になりやすくなります。

■1日の鉄分摂取 推奨量

男性(30〜69歳):7.5mg
女性(30〜69歳):6.5mg

■鉄分はバランスよく摂取する

鉄分の多い食材としてホウレンソウがよく知られていますが、ホウレンソウはは鉄分の吸収を妨げるシュウ酸という成分も多く含まれています。
小松菜でも必要な量は9把にもなってしまいます。
鉄分の多い、レバー、カツオ、ヒジキなど、これらをバランスよく食べることがポイントになります。

■タンニンは鉄分の吸収を悪くする

コーヒー、お茶、ワインに含まれているタンニンは、鉄と結びついて吸収を悪くするので注意しましょう。

■ビタミンCが鉄分の吸収をよくする

柑橘類などに多く含まれるビタミンCには鉄分の吸収をよくする働きがあります。
グレープフルーツなどを一緒に摂ると良いです。

■溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)!原因、症状、治療法

■ビタミン欠乏性貧血!原因、症状、治療法、ビタミンB12と葉酸の補給

■貧血(ひんけつ)について!赤血球減少