モヤモヤ血管とは加齢などにより血液が漏れ出す穴が開いたぐちゃぐちゃの血管をいいます。
血液の成分が漏れ出して強い炎症を起こし激しい痛みが起こります。
数ヶ月以上長引く痛みがあり、指で押すと痛い場合はモヤモヤ血管が原因となっている痛みの可能性があります。




■モヤモヤ血管が痛みの原因

押して痛いと言っている場所の血管を見ると9割以上の人にモヤモヤ血管があると考えられています。
モヤモヤ血管とはモヤッとした形で見える異常な血管のことをいいます。

正常な血管とはきれいに整備された道路のようなものになります。
血管という体内の道路は、ぶつけたり運動などちょっとしたことによって破損します。
通常は壊れた血管の修復工事が行われて元のきれいな状態に戻ります。
ところが加齢などの要因により血管の修復工事が上手く行うことが出来なくなってしまいます。
そのために酸素や栄養が十分に運ばれない状態になってしまいます。
するともっと酸素や栄養を運ぼうとして血管を大量に作ろうとします。
これによりぐちゃぐちゃの血管が出来てしまい、モヤモヤ血管が出来てしまいます。
モヤモヤ血管は通常の血管とは違い、外に漏れ出してしまう穴がたくさん開いています。
そのため血液の中の成分が外に出てしまい、より強い炎症を起こしてしまいます。
すると激しい痛みが出てしまいます。

■モヤモヤ血管の特徴

モヤモヤ血管の特徴としては数ヶ月以上長引く痛みがあり、指で押すと痛いという特徴があります。
人間の体は血管が増えると神経も増えるため痛みに敏感になります。
普通は押しても痛くありませんが、モヤモヤ血管がある部分を押すと痛みが起こります。

■モヤモヤ血管チェック

・指で押すと痛い
・ズキズキ・ジンジン・チクチク痛い
・身体を動かさずにじっとしても痛い
・夜寝ている時も痛い

一つでも当てはまればモヤモヤ血管がある可能性があります。



■モヤモヤ血管の治療法

モヤモヤ血管への血行を一時的に止めてモヤモヤ血管を消滅させます。
モヤモヤ血管は正常な血管と比べて不完全でもろい血管です。
一時的にモヤモヤ血管への血流を止めることですぐに死に消滅します。

カテーテルを血管の中へ通してモヤモヤ血管がある部分まで進めます。
カテーテルの先から細かい粒子が入った薬を注入することで粒子がモヤモヤ血管に入り込み血管を詰まらせます。
詰まったモヤモヤ血管は血流が滞り、すぐに壊れて消滅します。

■モヤモヤ血管による痛み改善法

指で押して痛い場所を探します。
痛む場所を15秒ほど指圧します。
指の爪が白くなるくらいの強さで押します。
モヤモヤ血管からの痛みは押している途中で和らいできます。
モヤモヤ血管がある部分を15秒ほど押し、血液を一時的に止めることでモヤモヤ血管を減らす効果が期待できます。
2週間ほど続けると痛みが軽減してくる人が多いそうです。

■ヒザ痛・肩こり・腰痛・首痛治療の名医(2017年5月時点)

東京都 江戸川病院 外科医
奥野 祐次(おくの ゆうじ)先生
モヤモヤ血管が長引く痛みの原因であると発見した先生です。

血流アップして毛細血管を増やし病気予防!毛細血管の減少による体への影響

毛細血管を鍛えて肌のシミ・シワ・たるみ予防!毛細血管トレーニング、シナモン

血液と血管の健康!脂肪処理能力、動脈硬化、腹式呼吸で血管をしなやかにする