納豆に豊富に含まれる納豆菌・水溶性食物繊維が善玉菌を増やして悪玉菌を抑制。
納豆に豊富に含まれるナットウキナーゼに中性脂肪やコレステロール抑制効果。
ヨーグルトに豊富に含まれる乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌と同じ働きをしてくれる。
納豆・ヨーグルトの発酵食品に免疫力アップ、整腸作用、カゼ予防、美肌効果、血圧降下などの健康効果。




■納豆・ヨーグルトの健康効果

納豆・ヨーグルトなどの発酵食品には免疫力アップ、整腸作用、カゼ予防、美肌効果、血圧降下などの健康効果があります。
腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しています。
善玉菌は体にとって良い働きをし、増えることで消化吸収の促進や免疫力アップなど全身の健康を維持することに役立っています。
悪玉菌は腸内で有害な物質を作り、それらが全身をめぐってしまうと免疫力や認知機能の低下など様々な病気の引き金になってしまいます。

大豆を発酵させる納豆菌は腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を抑制してくれます。
ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌そのものとして働いてくれます。

納豆に豊富に含まれる水溶性食物繊維は中性脂肪やコレステロールを下げる効果が期待できます。
納豆菌は胃酸でも死なずに生きて腸まで届きます。
納豆菌には食中毒の原因となる病原性大腸菌のO-157を抑制する効果があります。
納豆に含まれるポリアミンには動脈硬化・糖尿病・がんなどの原因となる細胞の老化を抑制する働きがあります。

■ヨーグルトの効果的な食べ方

・食後に食べる
・開封後はなるばく早く食べる
・毎日食べる

■ヨーグルトは食後に摂るのが効果的

ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いため、朝一番の空腹時に摂ると胃酸にやられてしまう可能性があります。
胃酸で死んでしまった乳酸菌やビフィズス菌は腸内で善玉菌のエサになるため空腹時に食べてももちろん効果はあります。
少しでも多く生きた乳酸菌やビフィズス菌を腸へ届けるためには、胃酸が薄まった食後に摂るのがおすすめになります。

■ヨーグルトは開封後早く食べきる

乳酸菌やビフィズス菌は空気に触れると活性度が低下してきます。
大きなパックなどで購入した場合は開封後なるべく早く食べきるのがおすすめです。
そうすることで乳酸菌やビフィズス菌の活性度を保ったまま摂ることが可能となります。

■ヨーグルトは毎日食べる

加齢と共にお腹の中のビフィズス菌は減ってきます。
ヨーグルトで補う乳酸菌やビフィズス菌は毎日摂らないとすぐに元に戻ってしまうといわれています。
腸内で善玉菌をしっかり育てるのもポイントです。
その際必要なのがエサとなるオリゴ糖や水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維はキウイ、リンゴ、イチゴなどに多く含まれています。
オリゴ糖はバナナ、きな粉、ハチミツなどに多く含まれています。



■納豆の効果的な食べ方

・中性脂肪やコレステロールが高い人は夕方以降に摂る
・食べ過ぎない
・熱を加えない

■納豆は夕方以降に食べる

納豆にはナットウキナーゼという血液をサラサラにする栄養素が多く含まれ、血栓を予防する効果があります。
心筋梗塞は夜中から朝方にかけて発症するのが多いため、納豆は夜摂るのが効果的と考えられています。
ナットウキナーゼの血液サラサラ効果は食後12時間程度続くといわれています。
そのため中性脂肪やコレステロールが高い人は脳梗塞や心筋梗塞の発症を防ぐためにも夕方以降に食べるのが効果的になります。

■納豆は1日1パック

納豆には尿酸値を上げるプリン体が多く含まれているため、摂り過ぎると通風のリスクが上がってしまいます。
1日1パックが目安になります。

■アツアツご飯で食べない

納豆に含まれるナットウキナーゼは熱に弱く、アツアツのご飯にのせると壊れてしまう可能性があります。
納豆にはビタミンB群が多く含まれ、それらは発酵の過程で増加します。
なかでもビタミンB2は発酵前に比べて7倍にも増加します。
しかしビタミンB群は肝機能向上してくれる一方で熱に弱く、アツアツのご飯にのせると壊れてしまう可能性があります。

■納豆のトッピングについて

・卵黄
・ネギ
・キムチ
・オリーブオイル

●卵は卵黄と摂る
卵の卵白に含まれるアビジンという成分には納豆に含まれている美肌を作る成分のビオチンと結合して吸収阻害してしまう働きがあります。
そのため納豆と一緒に摂るときは卵黄だけのほうが効果的です。

●ネギ
辛味成分のアリシンが疲労回復させるビタミンB1の吸収を上げてくれます。

●キムチ
キムチの乳酸菌と食物繊維が整腸効果をアップしてくれます。
キムチには植物性乳酸菌が豊富に含まれ、胃酸に強く生きて腸まで届きやすいという特徴があります。
善玉菌を増やしてくれる納豆と一緒に摂ることでより高い整腸作用が期待できます。

●オリーブオイル
納豆・キムチにオリーブオイルを加えるとさらに効果的になります。
オリーブオイルには腸のぜんどう運動を促すオレイン酸が含まれています。
また便が油分を含むことで腸内での滑りが良くなり便秘の解消にもつながります。