自律神経には交感神経と副交感神経があります。
ストレスにより交感神経が高い状態が続くことが自律神経が乱れにつながります。
加齢により副交感神経の機能は弱まっていきます。
交感神経と副交感神経の2つのメリハリが失われることで自律神経が乱れが起こります。
横隔膜呼吸で多くの空気を取り込めるようになると副交感神経を高めることで自律神経の乱れを改善し、血管の老化予防にもつながります。




■自律神経の乱れが引き起こす症状

うつ、肩こり、冷え、アレルギー、疲れやすい、不眠、ほてり、多汗、頭痛、めまい、動悸、息切れ、便秘、下痢、月経不順など

■自律神経について

自律神経とは全身の様々な機能を自動的に調節してくれる神経をいい、自分の意思では動かせない様々な部位をコントロールしている神経をいいます。
自律神経は心臓や腸などの内臓をはじめ目の瞳孔や膀胱など全身の様々な部分を自動的にコントロールしてくれている大切な存在です。
自律神経が乱れると様々な身体の不調の原因になってしまいます。

■自律神経の乱れ

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は緊張やストレスで強く働きます。
副交感神経はリラックスしているとき、食べたとき、休んでいるときなどに働きます。
ストレスが続くと交感神経が高い状態が続いてしまい、自律神経のメリハリが失われて自律神経が乱れてしまいます。

■自律神経の乱れチェック

辛い食べ物を食べたときの汗のかき方で自律神経の乱れチェック。
最初に汗をかいてもすぐに引くのが正常な反応になります。
刺激に対していっこうに汗が止まらない場合は自律神経が乱れている可能性があります。

■自律神経の乱れで血管が老化する

自律神経の動きが血圧の変動にも関係していることが分かってきています。
昼間と夜間の自律神経のメリハリがなくなると高血圧のリスクが高くなります。
寝ている間も血圧が高い状態が続くと動脈硬化が進行しやすくなります。

■加齢が自律神経の乱れの原因

加齢によって副交感神経の機能は弱まっていきます。



■横隔膜呼吸で自律神経の乱れを改善

自分の意思である程度までは自律神経をコントロールすることが可能です。
呼吸を吐くことで副交感神経を刺激して自分の興奮状態を少し抑えることができます。
呼吸には深呼吸と腹式呼吸の2つの方法があります。
深呼吸は鼻や口から胸いっぱいに息を吸い込む呼吸法です。
腹式呼吸はお腹を意識しながら、息を吸うときお腹を張り、息を吐き出すときお腹をしぼませる呼吸法です。
横隔膜呼吸とは、深呼吸と腹式呼吸を両方取り入れた呼吸法で、胸とお腹を同時に膨らませたり・しぼませたりする呼吸法になります。
胸とお腹を同時に膨らませて多くの空気を取り込めるのが横隔膜呼吸です。
空気をより多く取り込めると肺の中にある肺胞の動きもよりゆっくり大きくなり、衰えた副交感神経を高められると考えられています。

■横隔膜呼吸のやり方

胸とお腹の呼吸法を毎日朝晩1セットずつ行います。
胸とお腹の呼吸を同時にできるようになれば、よりメリハリの効いた自律神経になります。

●胸の呼吸法
仰向けに寝てヒザを立てます。
胸の上に手を置きます。
胸が膨らむのを意識しながら息をゆっくり大きく吸い込みます。
息を吐くときも、胸がしぼむのを意識しながら息をゆっくり大きく吐きます。
5回繰り返します。

●お腹の呼吸法
仰向けに寝てヒザを立てます。
わき腹に手を当てます。
お腹が膨らむのを意識しながら大きくゆっくり息を吸います。
お腹がしぼむのを意識しながら大きくゆっくり息を吐きます。
5回繰り返します。

自律神経と免疫力!少し副交感神経が優位の状態や質の良い睡眠で免疫力アップ

自律神経!交感神経と副交感神経、自律神経を整える方法