下肢静脈瘤になると足の静脈に血液が溜まって足の表面にある静脈がコブのように膨らんだり、細くくねくねと浮き出る場合があります。
下肢静脈瘤は良性の病気ですが、ごくまれに放置して進行すると茶色い色素の沈着ができたり、足に潰瘍ができることがあります。




■下肢静脈瘤(かいじょうみゃくりゅう)について

下肢静脈瘤は脚の静脈に起こる病気です。
静脈には皮膚の表面に近いところを通る表在静脈(ひょうざいじょうみゃく)と、深いところを通る深部静脈(しんぶじょうみゃく)があります。
一般的な下肢静脈瘤は表在静脈で異常が起こり、コブのように膨らんだりします。
脚の静脈では脚よりも上の方にある心臓に向かって重力に逆らって血液を戻しています。
このとき血液が逆流するのを防いでいるのが静脈弁(じょうみゃくべん)です。

何らかの原因で弁が閉まらなくなると立っているときに血液が下の方に逆流して溜まります。
その結果、静脈が押し広げられてコブのように浮き上がったり、曲がりくねったりします。

■下肢静脈瘤を発症しやすい人

・長時間の立ち仕事
・妊娠・出産の経験がある
・高齢者
・家族に下肢静脈瘤がある人

●長時間の立ち仕事
長時間の立ち仕事をしていると静脈に血液が留まったままになり、心臓に戻りにくくなるため発症しやすくなります。
調理師、理容師、美容師、教師などの長時間の立ち仕事をしている人に下肢静脈瘤の発症頻度が高いとされています。

●高齢者
高齢者の場合は、それまで立っていた時間の蓄積で発症しやすいと考えられています。

●家族に下肢静脈瘤がある人
家族に下肢静脈瘤がある人に多くみられます。
静脈弁や血管の壁が弱く下肢静脈瘤になりやすいと考えられています。

■下肢静脈瘤による不快な症状

・むくみ
・だるい
・重い
・睡眠中のこむらがえり

下肢静脈瘤はきちんと診断を受けて適切な治療を行えば深いな症状を改善できます。

■下肢静脈瘤の種類

・伏在型(ふくざいがた)
・側枝型(そくしがた)
・網目状
・くもの巣状

●伏在型(ふくざいがた)下肢静脈瘤
伏在型(ふくざいがた)は伏在静脈にできる下肢静脈瘤をいいます。
伏在型下肢静脈瘤は進行すると色素沈着や潰瘍が起こったりして治療が必要になります。

●側枝型(そくしがた)下肢静脈瘤
側枝型(そくしがた)は伏在型と似ているものもありますが、治療法が異なります。

●網目状(あみめじょう)下肢静脈瘤
網目状(あみめじょう)は静脈が青く網目状にできます。

●くもの巣状下肢静脈瘤
くもの巣状は細かい赤紫色の静脈がくもの巣状にできます。



■下肢静脈瘤の治療法

・圧迫療法
・手術療法

下肢静脈瘤は良性の病気なので、必ずしも治療が必要とは限りません。
不快な症状がある場合や外見がどうしても気になる場合に治療検討します。

■圧迫療法による下肢静脈瘤の治療法

弾力性のある弾性ストッキングや弾性包帯で脚を圧迫して静脈に溜まっている血液を心臓に戻しやすくします。
弾性ストッキングは補助具を使うと履きやすいです。
器具がない場合は市販のゴム手袋を使うとすべりにくくなります。

■手術療法による下肢静脈瘤の治療法

むくみ・皮膚炎・潰瘍などうっ血症状がある場合、高い頻度で皮膚炎・潰瘍を起こす可能性がある場合、強い痛みがある場合、極度に疲れやすい場合、美容目的の場合などに手術を検討します。

●伏在型の下肢静脈瘤の治療
・静脈抜去術(静脈を引き抜く)
・血管内焼しゃく術(レーザーや高周波で静脈を焼く)
・高位けっさつ術(静脈を脚の付け根などで縛る)

●側枝型・網目状・くもの巣状の下肢静脈瘤の治療
・硬化療法(静脈にかためる薬を注射、圧迫療法を併用)

再発リスクが高い場合は弾性ストッキングや弾性包帯を着用して脚にかかる負担を減らすようにします。

■日常生活の注意点

●立っている時間を短くする
●脚を少し高くして寝る
●長時間の立ち仕事では弾性ストッキングや弾性包帯を着用
●つま先たちをする
●こまめに足首を動かす