網膜には血管がしっかりと走っているので生活習慣病で病気を起こすことがあります。
血圧のコントロール、コレステロールの改善など全身的な病気の管理が大切になります。
運動をすることも網膜の病気予防につながります。
目の見え方の異常があったら自己判断せずに眼科で検査を受ることが大切です。




■網膜の病気

・網膜剥離(もうまくはくり)
・網膜裂孔(もうまくれっこう)
・黄斑円孔(おうはんえんこう)
・黄斑上膜(おうはんじょうまく)
・網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)
・加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)
・糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)

■網膜剥離(もうまくはくり)について

網膜(もうまく)は目のフィルムの役割をする部分で、瞳から入ってきた視覚情報を網膜で信号に変えて脳に伝えます。
網膜剥離(もうまくはくり)とは、網膜が何らかの原因で剥がれてしまい、視野が欠けたり視力が低下したりする病気をいいます。
眼球の中を満たしているゼリー状の組織である硝子体(しょうしたい)が加齢などにより変化することがあります。
このとき水分と分かれて前方に移動した場合、硝子体と網膜の癒着が強い場所で網膜が引っ張られ、そこから硝子体の水分が浸入して網膜が剥がれてしまうことがあります。
網膜が剥がれたところが光を感じなくなるので暗く見えるようになります。

網膜剥離は痛みを感じないので、視野が欠けたり視力が低下するなどのサインで気付くことが大切になります。
飛蚊症(ひぶんしょう)や光視症(こうししょう)が現れたら網膜剥離に要注意です。

●飛蚊症(ひぶんしょう)
飛蚊症(ひぶんしょう)とは、視子体の中にゴミのような物が出現したときに自覚する症状です。
飛蚊症には治療が必要なものと必要ではないものがあります。
多くの場合は加齢などが原因で治療は必要ありませんが、網膜が裂けたり剥がれたりしたことが原因の場合は治療が必要になります。
治療が必要な飛蚊症かどうかは眼科での検査が必要になります。

●光視症(こうししょう)
光視症(こうししょう)とは、硝子体が網膜を引っ張ったりしたときに網膜が刺激を受けて光を感じる症状です。

■網膜剥離の原因

・加齢
・外傷
・アトピー性皮膚炎
・強い近視

アトピー性皮膚炎で目をこすったりすることが原因となったりします。
強い近視の人は網膜に薄い部分があり剥離しやすくなります。

●網膜裂孔(もうまくれっこう)について
網膜裂孔(もうまくれっこう)は網膜剥離の前段階の病気です。
網膜が裂けている状態をいいます。
血管が一緒に切れると出血をしたりします。

■黄斑円孔(おうはんえんこう)について

黄斑円孔(おうはんえんこう)も網膜剥離と同じように加齢による硝子体の変化により起こる病気です。
黄斑に穴が開いて歪んで見えたり、真ん中が黒く見えたりします。
黄斑(おうはん)は網膜の中心にあたる部分になります。
もともと網膜と硝子体は癒着しています。
硝子体の変化が進行すると癒着の強い人は、黄斑の網膜が引っ張られていきます。
このときに見え方の異常が発生します。
やがて黄斑に亀裂が出来て穴が開いてしまい視野が欠けたりします。
黄斑は網膜の中でも深い視力のある部分なので、ここに穴が開くと急激な見え方の異常が起こります。

●変視症(へんししょう)
網膜の変形により視界が歪みます。



■網膜剥離・黄斑円孔の治療法

●硝子体手術
硝子体手術はガスの力を使って剥がれた網膜を元に戻す治療法です。
まず小さな穴から器具を挿入して硝子体を全体的に切除します。
特に網膜を引っ張っている部分の硝子体は丁寧に切除する必要があります。
特殊なガスを入れてガスの力を利用して剥がれた網膜を元に戻します。
硝子体を切除すると房水に置き換わっていきます。
ガスの浮力は上に働くため、手術後は姿勢に注意が必要になります。
状態が良くなるまでうつぶせの姿勢を維持します。

●強膜バックリング
眼球をシリコーンスポンジを縫い付けます。
シリコーンスポンジ使って押すことで硝子体が引っ張る力を弱めて網膜を元に戻していきます。
1週間程度の入院が必要になります。
強膜バックリングは、硝子体の変化が少ない若い患者さんに向いています。
黄斑円孔は硝子体手術になります。

●レーザー治療
網膜剥離の初期や網膜裂孔に行われます。
レーザーで網膜の裂け目の周囲を焼き固めて網膜を剥がれにくくします。

■黄斑上膜(おうはんじょうまく)について

黄斑上膜(おうはんじょうまく)とは、癒着した硝子体の一部が黄斑に残りそれを元に膜ができて黄斑が変形してしまう病気です。
物が歪んで見えたり、視力の低下が起こります。
進行がゆっくりなので症状が軽い場合は経過観察になります。
見え方の歪みが強くなり症状が悪化した場合は膜を取り除く手術を行います。

■網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)について

網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)とは、網膜の中の血管が詰まることで発症する病気です。
動脈硬化が起きると動脈の壁が厚くなり、動脈と静脈が交差した部分で静脈が圧迫され詰まってしまいます。
静脈が詰まると静脈内の圧力が上昇して血管から血液成分や水分が漏れ出します。
これが網膜に出血やむくみを作り、視力低下、視野の欠け、視野の歪みなどを引き起こします。

●抗VEGF薬による治療
抗VEGF薬とはVEGFというタンパク質の一種を抑える薬です。
抗VEGF薬には血管から水分が漏れ出るのを抑える作用があります。
目に直接注射します。

■糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)について

糖尿病の状態になり血糖値が高くなると網膜の血管を傷めて障害されてしまいます。
日本人の失明原因の第二位が糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)とされています。
適切な治療を行うことで失明に至らないことが多いです。

糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)は進行によって治療が変わります。
初期段階では血糖値のコントロール、症状が進行したらレーザー治療、さらに進行した場合は硝子体手術を行います。