ナッツやフルーツの間食でドカ食いを防ぎ血糖値の急上昇を防ぐことで肥満予防につながります。
朝食を食べることで血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪の溜め込みを抑制することが肥満予防につながります。
乳酸キャベツで便秘を改善することで肥満予防につながります。
チョコレートで腸内環境を整えて便秘を改善することで肥満予防につながります。




■ナッツやフルーツの間食でドカ食いを防ぐ

ダイエット効果をアップするには1日に2〜3回間食をすると良いといわれています。
間食はダイエットの大敵と考えがちですが、ナッツやフルーツを間食に取り入れるヘルシー・スナッキングを行うと空腹状態が長く続かなくなります。
すると食事の際にドカ食いを抑える効果が期待できます。
食事と食事の間が長すぎると空腹物質ともいわれる遊離脂肪酸が血液中に増えてしまい、体が太りやすい状態になってしまうと考えられています。
血糖値が上がりにくい食物繊維や腹持ちの良いタンパク質を含んでいる食物がオススメになります。

■朝食を摂る

朝食を食べないで空腹時間が長くなると、昼食時に血糖値が急上昇します。
さらには白色脂肪細胞が脂肪を溜め込みやすくなり、太りやすい体になってしまいます。

週4日朝食を摂らないと低体温になるリスクが2倍になるといわれています。
さらに長期的にはガンを引き起こす要因にもなるといわれています。

■空腹で脳出血のリスクが上がる

空腹によるストレスは脳出血の要因である血圧を上昇させてしまいます。
正しい朝食を摂ることで健康で美しく

■乳酸キャベツで肥満予防

キャベツ(1個)・ニンジン(1/2本)を千切りして袋に入れ、塩(小さじ4)・砂糖(小さじ1/2)を加えて良く揉んで常温で置いておきます。
さらにヨーグルトの上澄み(ホエイ)を加えるとキャベツの乳酸発酵が早く進み、翌朝から美味しくいたたけるそうです。
冷蔵庫で約1ヶ月保存可能で、たくさんの料理に応用できます。
乳酸キャベツ、ベーコン、たまごを一緒に炒めると美味しく朝食のおかずになります。
キャベツから出る水分には空気中の乳酸菌が好むアミノ酸や糖質などが多く含まれているため発酵します。
キャベツの食物繊維の整腸作用と乳酸菌による善玉菌の増殖作用で免疫力がアップします。
さらに便秘の予防改善にもつながり肥満予防効果が期待できます。



■チョコレートで肥満予防

便秘は腸が正常に働いていないために起こり、腸内環境が乱れているサインでもあります。
便秘の原因はストレス、自律神経の乱れ、排便の我慢など様々です。

また日本人の場合、腸の形にも原因があると考えられています。
日本人の8割の人の腸はねじれているといわれています。
ねじれているために腸が細くなり、便が詰まりやすくなってしまいます。

チョコレートの原料であるカカオ豆にはカカオプロテインと呼ばれるタンパク質があります。
ビタミンなどの五大栄養素は胃や小腸で消化吸収されます。
カカオプロテインは消化されにくい特徴があるため、胃や小腸を通り抜け大腸まで届きます。
そこで体に良い働きをする腸内細菌を増やし、大腸を刺激することで腸の動きが活発になり、便が出やすくなると考えられています。
特にオススメなのがカカオ成分の多いチョコレートです。

太りにくい高野豆腐ハンバーグの作り方!レジスタントプロテインの脂肪吸収の抑制・脂肪燃焼効果

おからパウダーで太りにくい唐揚げを作る!糖質半減、カロリーオフ、血中コレステロール減少

プチ断食でダイエット!ファスティングで脳をリセットして痩せやすい体にする

痩せる冷蔵庫でダイエット!痩せる買い物、ニセの食欲を抑える方法、太る冷蔵庫・太る生活習慣を改善

糖質置き換えダイエット!糖質の多いものを別の食材に置き換える

マイタケのMXフラクションとネギのアリシンで肥満予防!コレステロールの排出と抑制

8時間以上睡眠とツナ缶でダイエット!満腹ホルモンのレプチンが増加し食べ過ぎ抑制

もち麦でダイエット!水溶性食物繊維でデブ菌を減らし肥満解消

医師が行うダイエット法!サルコペニア肥満、オメガ3系脂肪酸、アディポネクチン、脂肪燃焼運動

糖質制限ダイエット!肥満ホルモンのインスリンの分泌を抑える

咀嚼で顔のむくみを改善!咀嚼トレーニングで脂肪の蓄積を抑え、エネルギー消費を促進