毛細血管は全血管の99%占めていて、細胞に酸素や栄養を送り届ける人体最大の臓器でもあります。
きれいな毛細血管は真っ直ぐ伸びていますが、衰えると曲がって細くなりゴースト血管となってしまいます。
ゴースト血管になると肌を構成する細胞まで栄養が行き届かなくなり、シワやたるみが出来てしまいます。




血管年齢が高くなるとシミの面積が大きくなる傾向があるといわれています。
血管を老化させてしまうエンドセリン1というホルモンは、シミの原因となるメラニン細胞を刺激しシミが出来てしまうと考えられています。
美肌を作るには肌の表面だけではなく、肌の下の毛細血管がとても大切になります。

毛細血管を健康に保つためには毛細血管を緩めて血流を良くすることが大切になります。

■毛細血管チェック

・髪の毛が抜けやすい
・むくみがある
・頭痛・腰痛・ヒザ痛がある
・カゼをひきやすい

1つでも当てはまると毛細血管が劣化している可能性があります。

■加齢が毛細血管の減少の原因

60代〜70代になると20代のときに比べて4割も健康な毛細血管の数が減少してしまいます。

■シナモンで毛細血管を健康に保つ

毛細血管は内側の内皮細胞と外側の壁細胞(へきさいぼう)の2層構造になっています。
外側の壁細胞が剥がれてしまうと内皮細胞同士の間隔が広がるため、血管自体が衰えてゴースト化してしまいます。

シナモンに含まれる成分が内皮細胞同士を近づける性質のあるTie2(タイツー)を活性化します。
さらに壁細胞と内皮細胞をくっつける効果もあるため毛細血管がより頑丈になり、毛細血管のゴースト化を防いでくれます。

1日0.6g(小さじ半分程度)で効果があります。
シナモントーストやミルクティーに入れるなどして普段の食生活にちょっとプラスすると良いです。



■毛細血管トレーニング

毛細血管を増やすには運動が必須になります。
ただしマラソンのような激しい運動はNGです。
激しく運動してしまうと活性酸素を生み出し毛細血管にダメージを与えてしまいます。

5分の筋トレ+15分のウォーキング
筋トレは筋肉の多い下半身を中心に鍛えるのが効果的です。
第二の心臓と言われるふくらはぎを鍛えることで抹消の血流が増加して毛細血管がよみがえります。
筋トレと有酸素運動を合わせて行うことで、全身の毛細血管の血流が適度に増えて毛細血管がよみがえります。

●ふくらはぎの筋トレ
イスの背もたれをつかんで、脚を肩幅に開きます。
両足のかかとを5秒間かけて上げ、5秒間かけて下げます。
これを繰り返します。

●お尻ともも裏の筋トレ
イスの背もたれをつかんで、体を45度ほど前に傾けます。
片足を後ろに伸ばしたまま上げて5秒間キープします。
これを交互に繰り返します。

●15分間のウォーキング

■ハーバード式呼吸法で毛細血管トレーニング

4秒かけて鼻から息を吸います。
4秒息を止めます。
8秒かけて口からゆっくり息を吐きます。
これを4回繰り返します。

1日2〜4回、寝る前に行うとより睡眠が深くなりより効果的になります。
この呼吸法で副交感神経が上がり血流改善が全身で期待できます。
ハーバード式呼吸法でリラックス状態になり、その後しっかり睡眠を取ることでリラックス状態をキープすることができます。
それにより毛細血管をより健康に保つことができます。

■静脈マッサージ・ルイボスティー・きな粉で血管若返り!血流を改善し顔のシミ・シワ・たるみを予防

■ヒハツでゴースト血管を予防改善し若返り!血流を改善し正常な毛細血管に改善

■葉酸で血管若返り、葉酸で脳の若返り!ホモシステインを無害化、認知症予防

■ふくらはぎで病気予防!若返りふくらはぎマッサージ

■血管の老化と動脈硬化!血管を若返らせる体操・ポイント、血管年齢、PWV検査

■血液と血管の健康!脂肪処理能力、動脈硬化、腹式呼吸で血管をしなやかにする