■セルフメディケーションについて

セルフメディケーションとは、自分自身の健康に責任を持って軽度な病気やケガなどは自分で治療することをいいます。
カゼを引いたときに病院へ行かず市販薬を服用して治すこともセルフメディケーションになります。
その際大切になるのが正しい薬への知識になります。




■セルフメディケーション税制について

セルフメディケーション税制とは、特定のOTC医薬品(市販薬)が年間1万2千円を超えたら控除対象になる制度です。

●セルフメディケーション税制の注意点
・特定のOTC医薬品に限る
・健康の維持促進に努めている
・正しい知識で使う税制を選択する

>特定のOTC医薬品に限る
薬のパッケージのセルフメディケーション・税控除対象などを目安にすると良いです。
控除を受けるには特定のOTC医薬品の購入を証明できるレシートが必要になります。
レシートに税制対象のマークが印字されているかチェックし確定申告まで保管しましょう。

>健康の維持促進に努めている
健康診断や予防接種などの健康管理を行っている事が条件になります。
結果通知書や領収書の提出が必要です。

>正しい知識で使う税制を選択する
セルフメディケーション税制は従来の医療費控除と選択になります。
年間で医療費控除の対象である病院での医療費や薬代などが8万5千円、
さらにそこにセルフメディケーション税制の対象となる医薬品の金額が2万円、
トータルで10万5千円かかったとした場合、
従来の医療費控除を使うと控除対象の金額は10万5千円から10万円を引いた5千円になります。
セルフメディケーション税制を使うと控除対象の金額は2万円から1万2千円を引いた8千円になります。
この場合、セルフメディケーション税制を選択した方が控除対象の金額が3千円多くなります。

■処方薬について

処方薬は医療用医薬品と呼ばれるもので、医師の診断に基づき治療のために使用される薬をいいます。
医療用医薬品は市販薬に比べて有効成分が多いですが、副作用にも注意が必要のため薬剤師からの服用の指導が必要になります。

■市販薬について

市販薬は症状の緩和に使用します。
医療用と比べて有効成分が少なめで作用を緩やかなものになります。
また市販薬はOTC医薬品とも呼ばれ、薬局などのカウンターごしに医師の処方箋なしに買うことができる医薬品になります。

■錠剤と粉薬の違い

粉薬はすぐに溶けてくれるので少し早めに効きます。
錠剤の中には溶け方の違う薬が層になっているものがあります。
まず外側の薬が胃で溶け、次に内側の薬が腸で溶けることで効果が発揮します。
それにより成分がより長い時間身体にとどめることが可能となります。
また便秘薬などの腸で効果を発揮させたい薬には胃酸で溶けないためのコーティングがされています。
そのため錠剤を砕いてしまうと必要以上に効き過ぎたり、効果が半減してしまうことがあります。

■食間の服用とは

食間とは、食事と食事の間に飲むことをいいます。
朝と昼の間、昼と夜の間に飲むようにします。
前の食事が終わってから2時間は空けた方がよいそうです。
胃の中が空っぽのときに飲む薬という意味になります。

■食前の服用とは

食前とは、食事の20〜30分前に服用することをいいます。
空腹時に飲み、食後の血糖値を下げるための薬などがこれにあたります。

■食後の服用とは

食後とは、食事が終わってから20〜30分までに服用することをいいます。
薬の胃への刺激が少なくなります。

■毎食後に飲む薬

毎食後に薬を飲む場合、服用の間隔は4時間が目安になります。
間隔が短いと薬が効き過ぎてしまう場合があります。
反対に4時間後に食事ができない場合は、クラッカー1枚でもよいので何かを食べてから服用した方がよいです。

■食後に飲む薬

食欲がない場合でも、ほんの少しだけ食べてから薬を飲むことで胃の保護につながります。



■薬は水かぬるま湯で服用

薬はコップ1杯の水かぬるま湯で飲んだほうが良いです。
薬によっては成分と飲み物が反応する場合があります。

●お茶
鉄の成分とお茶の成分が合体して吸収しないことがあります。
そのため緑茶で鉄剤を飲むと腸を通過してしまい便が黒くなることがあります。

●グレープフルーツジュース
グレープフルーツジュースに含まれるフラノクマリンという成分には、高血圧、片頭痛、心臓病など様々な薬の作用を強めてしまうことがあります。
危険な副作用につながることもあるので要注意です。

●牛乳
牛乳は睡眠薬など脂溶性の薬の吸収を高めてしまい、めまいなどの副作用を起こす可能性があります。
逆に骨粗しょう症の薬に対しては効き目を低下させてしまいます。
飲むときは2時間以上空けてからにした方が良いです。

●アルコール飲料
薬によっては意識レベルを低下させたり、最悪の場合死に至る危険もあります。

■市販薬の分類

・要指導医薬品
・第1類医薬品
・第2類医薬品(指定第2類医薬品を含む)
・第3類医薬品

●要指導医薬品
医薬品は副作用があらわれることがあるので、副作用のリスクを考慮して分けられています。
要指導医薬品は安全性上取り扱いに十分な注意を要するものをいい、購入の際には薬剤師と対面して書面を用いた適正使用の説明を受ける必要があります。

●第1類医薬品
インターネットでの購入も可能ですが、要指導医薬品同様に薬剤師からの情報提供が必要になります。

■カゼ薬の服用注意点

カゼ薬と高血圧の薬を一緒に服用すると効果が出なくなる場合があります。
カゼ薬と糖尿病の薬を一緒に服用すると血糖値が下がりすぎて危険な場合があります。
カゼ薬と抗血栓の薬を一緒に服用すると出血が止まりにくくなる場合があります。

■正しい目薬の使用法

目薬をさした後は目を閉じて目全体に目薬を行き渡らせるようにするため、点眼後は1分間ほど目を閉じて清潔な手で目頭を軽く押さえるようにします。
まばたきをすると目頭にある鼻涙管(びるいかん)から喉へ目薬が流れ落ちてしまい、目を開けたままだと乾いてしまいます。