ぎっくり腰・急性腰痛症は「利き手」と同じように、よく使うお尻「効き尻」に原因があることがあります。
利き尻に偏って座り続けていると骨盤が傾き、腰の筋肉や靭帯などにストレスがかかり疲労物質が蓄積し、ある限界点を超えた時に突然ぎっくり腰が起こります。
小さく前後に脚を開くだけでもぎっくり腰・急性腰痛症の予防効果があります。




■ぎっくり腰・急性腰痛症

ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症といい、突発的に起こる腰の痛み全ての総称をいいます。
ぎっくり腰の痛みのもとは、筋肉を覆う筋膜が炎症を起こしたり、筋繊維が断裂したり、椎間板が神経を刺激している場合など、様々な理由で起こります。
腰に負担をかけ続けると、ある限界点を超えたときに強烈な痛みが起こります。
ぎっくり腰を起こすのは一瞬の動きだけではなく、日頃の腰へのストレスが大きく影響していると考えられています。

■ぎっくり腰の原因は効き尻にある

座るときに利き尻に偏り過ぎることがぎっくり腰の原因となります。
利き尻に偏って座り続けていると骨盤が傾いていきます。
すると頭で身体のバランスを取ろうとして背骨が湾曲します。
この歪んだ姿勢が定着していくと、腰の筋肉や靭帯などにストレスがかかり疲労物質が蓄積していきます。
その結果、ある限界点を超えた時ふとした動きで突然ぎっくり腰が起こります。

●効き尻チェック
左右どちらか一方に脚を投げ出して床に横座りします。
このとき身体を垂直に保つようにします。
同じように反対側にも脚を投げ出して横座りします。
楽に横座りできるときに床に着いているお尻が利き尻になります。

■ぎっくり腰の原因になる座り方

・足組座り
・すべり座り
・モデル座り

●足組座り
足を組むと骨盤が後ろに倒れ、さらにねじれが加わります。
このために椎間板にかかるストレスが増してしまいます。

●すべり座り
骨盤が後ろに倒れると、関節の隙間が空き骨によるストッパーがなくなってしまいます。
すると腰椎が横にズレやすくなってしまいます。

●モデル座り
足を横に流していると骨盤が傾き、腰にかかる負担が増してしまいます。



■効き尻の偏り過ぎを防ぐ座り方

お尻を突き出してイスの先端に座ります。
脚を前後に開きます。
前に出した脚は小指を床につけるように曲げます。
後ろに引いた足はヒザを深く曲げてつま先を立てます。
股を少しだけ開いて姿勢を安定させます。

前脚で体が前に倒れるのを防ぎ、後脚で骨盤を立て、脚を開くことで左右のブレがなくなります。
女性の場合は小さく前後に開くだけでも良く、時々前後を入れ替えたりするとぎっくり腰予防効果があります。

長引く腰痛の予防・改善・対処法!脳の機能低下、腰部脊中管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア

腰痛改善エクササイズ!インナーマッスルの衰え・猫背・ストレスが腰痛の原因

就寝前のストレッチで寝返りを増やし腰痛改善!寝返りが腰痛原因、寝返り改善枕

腰痛改善!ストレスの影響、痛み日記・運動療法・心理療法で腰痛改善、痛みの悪循環を断ち切る

腰痛改善!神経根性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、原因、治療、予防法

腰痛改善について!ストレスと腰の痛み、ビジョンノート

腰痛改善法!運動やストレッチで腰痛改善、腰痛治療器のプロテック3

お尻の筋肉を鍛えて腰痛解消!お尻の筋肉をやわらかくして腰痛解消、良い姿勢

腰痛予防!多裂筋(たれつきん)インナーマッスルを鍛えて腰痛予防

関節の動きを改善して腰痛改善!ブラックディスク、椎間板ヘルニア、腰痛改善体操

急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)!ぎっくり腰、治療法、予防法

腰痛の原因!腰痛の原因となる病気、ストレスによる腰痛の悪循環