ホルモンの一種であるグレリンには老化防止の効果が期待できます。
グレリンは空腹を感じると胃から分泌されるホルモンです。
お腹が「グゥー」と鳴る程お腹を空かせてから食事を摂ることがグレリンを多く分泌させる生活習慣になります。

●目次
■ホルモンについて
■老化ストップホルモン「グレリン」
■低酸素と老化
■グレリンを多く分泌させる生活習慣




■ホルモンについて

ホルモンとは様々な臓器から分泌し身体の調子を整えてくれる物質です。
ホルモンは体格や性格にも大きく関係しています。
男性ホルモンは意欲的な性格やがっしりした体格などとしてあらわれ、女性ホルモンは穏やかな性格や丸みのある体格などとしてあらわれます。
男性も女性も2つのホルモンを持っていて、そのバランスで個性が決まってきます。

■老化ストップホルモン「グレリン」

グレリンは見た目だけではなく、心臓・血管・脳・筋肉など様々な臓器の老化防止が期待されています。
老化ストップホルモン「グレリン」が多く分泌されている身体のと内側だけでなく、見た目にも若いとされています。

老化ストップホルモン「グレリン」をしっかり分泌することができれば60兆個ある細胞がしっかり酸素を使ってエネルギーを量産し若返りにつながります。

■低酸素と老化

私達の身体を形作っているのは60兆個にもおよぶ細胞です。
細胞ひとつひとつが運ばれてきた酸素を使ってエネルギーを作り出すことで、日々身体を動かし生きていくことができています。
しかし細胞は加齢により酸素をしっかり使えなくなっていきエネルギーを作る効率が低下してしまいます。
つまり老化するとはしっかりエネルギーを作られないため身体を動かしづらくなることをいいます。
どんな人でも年齢を重ねていくと細胞は不完全燃焼状態になってしまいます。
加齢などにより細胞の機能が衰えると酸素を上手く使えない状態におちいり、上手く使われなかった酸素は老廃物として細胞内に溜まってしまいます。
やがて老廃物は細胞自体を傷つけてがん化させてしまうことがあります。
老廃物が多いほど細胞が老化した状態になります。

■グレリンを多く分泌させる生活習慣

グレリンは体内で簡単に作ることができます。
グレリンは人が空腹を感じ始めると胃から分泌されるホルモンです。
空腹状態がピークを迎える頃にグレリンも大量に分泌され、それが胃そのものを刺激して「グゥー」とお腹が鳴る音がすると考えられています。
1日3食「グゥー」と音が鳴る程お腹を空かせてから食事を摂ることが、グレリンを多く分泌させる生活習慣だといわれています。
お腹が鳴らなくても空腹さえ感じていればグレリンはある程度分泌されています。
美味しそうな食べ物を見たりすると「グゥー」と音が鳴りやすくなります。
グレリンを多く分泌させるポイントは間食を止めて空腹を意識することにあります。