扁桃炎はカゼがきっかけで起こることが多いですが、口呼吸で口内が乾燥したり、疲れ・寝不足・ストレスなどで免疫機能が低下しても起こりやすくなります。
また飲酒・喫煙・虫歯の放置などでも扁桃炎が起こりやすくなります。
喉の痛みや詰まりが長引く場合は耳鼻咽喉科で診てもらうことが大切です。
乾燥は喉に悪影響を及ぼすので保湿などをして喉を守ることが大切です。




■扁桃炎(へんとうえん)が喉の痛みの原因

扁桃炎(へんとうえん)は喉の入り口近くにある扁桃(へんとう)に炎症が起こる病気です。
高熱が出て扁桃が腫れ上がり喉の痛みが起こります。
急性扁桃炎はカゼがきっかけで起こることが多いですが、急性扁桃炎を繰り返して慢性扁桃炎になってしまう人もいます。
カゼで鼻が詰まって口呼吸になり、細菌が増殖して扁桃に炎症を起こして高熱や喉の痛みが出たりします。
また疲れや寝不足で体の抵抗力が低下している時にも扁桃炎を起こしやすくなります。
扁桃は免疫機能の一部で、扁桃が腫れるのは細菌などと戦っているためと考えられています。
扁桃炎が重症化すると呼吸困難や肺血症で死に至る場合もあります。

■扁桃炎の因子

・口呼吸
・大量飲酒
・喫煙
・虫歯の放置

扁桃の中に細菌が巣くってしまうとちょっとのきっかけで扁桃炎を起こしやすくなってしまいます。
また寝不足やストレスで免疫機能が低下すると扁桃炎を起こしやすくなってしまいます。

■扁桃炎は口臭の原因になる

扁桃に膿の塊が溜まってくると口臭の原因になることがあります。

■扁桃病巣感染症(へんとうびょうそうかんせんしょう)について

扁桃は全身の免疫機能とつながっているため、扁桃の炎症がリンパを介して全身に広がって、骨が痛む、手のひらや足の裏に水ぶくれが出来る、腎臓が痛むことがあります。

■扁桃炎の治療法

●扁桃摘出手術
毎回炎症を起こしている扁桃を手術で取ってしてしまう治療法です。
炎症起こす扁桃を取り除いてしまうので慢性扁桃炎はほぼ完治します。
全身麻酔の手術が必要なので1週間程の入院が必要になります。

扁桃炎で炎症を起こすのは口蓋扁桃(こうがいへんとう)ですが、他にも4つの扁桃があります。
そのため口蓋扁桃を手術で取り除いても、他の扁桃が免疫機能を補ってくれます。



■扁桃炎の予防法

●マスクで扁桃炎予防
ガーゼを水で湿らせて2枚のマスクで挟んで使うと効果的です。
マスクは1日2〜3回替え、ガーゼが乾いてきたら替えるようにしましょう。

●うがいで扁桃炎予防
口うがいに加えて鼻うがいも行うと効果的です。
鼻うがいは鼻の奥に残っている細菌なども洗い流すことができます。
専用の道具を使って行うと良いです。

●手洗いで扁桃炎予防
手から口へ入る細菌などを防ぎます。

●加湿で扁桃炎予防
湿度を40〜60%に保つようにすると効果的です。

●マフラー
喉を冷やさないためにマフラーは効果的です。

■咽喉頭酸逆流症による喉の痛み

咽喉頭酸逆流症とは、胃酸が喉の入り口まで上がって喉の痛みや詰まりなどの症状を引き起こす病気です。
胃酸を抑える薬などで治療します。

のどの病気について!のどの異常、痰(たん)、むせる、扁桃、甲状腺

口体操で唾液を出し口臭予防!口臭の原因は扁桃から出る臭い玉やドライマウスにある

緑茶うがいで口内フローラを整え病気予防!歯周病菌のジンジバリス菌が原因、口内フローラを整える方法

口臭予防!口臭の原因、舌の汚れ、歯周病、唾液の減少、病気の治療

口臭予防法!パイナップル・牛乳で口臭予防、ツボ刺激、舌体操

ドライマウス改善法!口腔カンジダ症、唾液の健康効果

かすれ声、声帯の異常!声帯の炎症、声帯萎縮、声帯ポリープ、喉頭癌、喉頭麻痺

飲み込みにくい、胸のつかえ、嚥下障害(えんげしょうがい)