ネギの白い部分の香り成分アリシンには血流と抵抗力アップ効果があります。
ネギの青い部分の粘液・ヌルには免疫力アップ効果があります。
ネギの青い部分の粘液・ヌルには免疫を司るIgA抗体の量のアップ効果、免疫細胞のマクロファージの活性化効果、ナチュラルキラー細胞の活性化効果があります。




■ネギの香りで血流と抵抗力アップ

ネギを切ったときアリシンという刺激のある香り成分が発生し空中に飛び出します。
アリシンが鼻に入ると血管が拡張して血流がアップし抵抗力を高める効果があります。
アリシンはネギを食べたときよりも切ったネギの香りをかいだときの方が効果が高くなります。
切ったときに出るアリシンは空気の6倍も重いため、切ったネギを食べても香りが追いつかず効果が低くなると考えられています。
アリシンは加熱すると生まれないので、できるだけ生で食べた方が効果的です。

■ネギの粘液・ヌルで免疫力アップ効果

肺炎・インフルエンザ・肝炎などの原因になるのが細菌やウイルスですが、ネギの粘液には免疫系を活性化する作用があり、ウイルスや細菌から体を守る免疫機能アップ効果が期待できます。
ネギの粘液はヌルとも呼ばれ特にネギの青い部分にあります。
ネギの粘液・ヌルは寒さが増すほど増えていくそうです。
ネギの粘液・ヌルの免疫力アップ効果は、香りのアリシンと違って加熱しても冷凍しても失われません。

■ネギの粘液・ヌルで免疫を司るIgA抗体の量がアップ

唾液の中に含まれているIgA抗体は口の中に侵入してきたウイルスや細菌を取り囲み退治してくれます。

■ネギの粘液・ヌルで免疫細胞のマクロファージが活性化

マクロファージは体内に侵入してきたウイルスや細菌を異物と見なし食べて退治してくれます。

■ネギの粘液・ヌルでナチュラルキラー細胞が活性化

ナチュラルキラー細胞は、がん細胞などの体内に発生したを異常な細胞発見して攻撃して退治してくれます。



■ネギの青い部分を美味しく食べる調理法

青ネギの中にひき肉を入れて揚げると美味しく食べることができます。
ネギの青い部分を細かく刻んですり潰し、同じ量の味噌を入れて混ぜ合わせれば美味しく食べることができます。
ネギの青い部分を細かく刻んでお酢と卵黄を加えてフードプロセッサーにかけ、サラダ油を3回に分けて加えマヨネーズなどの調味料で味を調えれば美味しく食べることができます。

■ネギはチルド室で保存

ネギは半分に切ってチルド室で保存するのが良いとされています。
ネギは寒いと呼吸を減らしてエネルギー消費を抑えるためネギの水分量の減少を抑えることができます。
またチルド室で保存すると甘味が少し増える効果もあります。

免疫力アップ法!粘膜バリア、昆布茶、唾液腺マッサージ、レンコン、サツマイモ、明日葉

氷水出し緑茶で免疫力アップ!ダイエット緑茶、エピガロカテキン、テアフラビン

ココナッツミルクで免疫力アップ・老化予防・認知症予防!中鎖脂肪酸・ケトン体

免疫力アップ法・感染症予防法!体温を上げる、体を鍛える、笑う、唾液を増やす

乳酸菌で免疫力アップ・感染症予防!うつ予防、すんきの漬け物で健康長寿

プチ断食と足湯で免疫力アップ!爪もみ、運動、免疫力アップ入浴法

涙のリラックス効果!泣いてストレス解消、涙を流して免疫力アップ・集中力アップ

免疫力アップ方法!日光浴・睡眠・湯たんぽ・鼻呼吸・入浴・ブロッコリースプラウトで免疫力アップ

免疫力アップ法!生魚・生卵・グルタミン・オリーブオイル・森林浴で免疫力アップ

免疫力アップで若くて健康に!ヨーグルトの乳酸菌と笑いで免疫力アップ、NK細胞