前かがみの姿勢、アルコールの過剰摂取、ストレスなどは胃痛の原因になります。
ムチンは胃酸から胃壁を守る働きがあり、ヤマイモ、サトイモ、レンコン、ナメコなどに多く含まれています。
ビタミンUには胃粘膜の修復する働きがあり、キャベツやブロッコリーに多く含まれています。
唾液には消化を助け、胃酸から胃粘膜の傷を修復させる働きがあります。




■胃の不調の原因

・胃酸
・胃の働き

■食道の粘液は酸に弱い

胃酸は消化に大きく関わり、金属さえ溶かすほどの強い酸性で分泌液はpH1〜1.5ほどの強酸性となっています。
胃の壁は胃酸から粘液や胃粘膜で守られています。
食道にも粘液はありますが胃粘液ほど強くありません。
そのため胃酸が逆流すると荒れてしまいます。

■下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)

下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)が食道と胃をつないでいます。
食事中は胃に食べ物を送るため開いていますが、普段は胃酸の逆流から食道を守ってくれています。

■脂肪分の多い食事は胃酸が逆流しやすい

脂肪分の多い食事は消化しにくく胃に負担がかかります。
そのため消化を手助けするコレシストキニンというホルモンが十二指腸から分泌されますが、このホルモンには括約筋を緩めてしまうという作用もあり胃酸が逆流しやすくなってしまいます。

■パソコン作業が胃痛の原因

パソコン作業をする姿勢は前かがみになりやすく、腹圧が上がりやすくなります。
するとお腹などで胃を圧迫し胃酸が逆流しやすくなります。

■アルコールが胃痛の原因

アルコールは胃酸の分泌を促すため飲みすぎると胃酸が過剰に分泌されます。
またアルコールは胃を直接傷つけます。

■ストレスが胃痛の原因

人はストレスを感じると交感神経が優位な状態になり胃の機能が低下します。

■ムチンで胃粘液を保護

胃粘液の主な成分はムチンで、胃酸から胃壁を守る働きをしてくれています。
ムチンは食品に含まれるネバネバのもとです。
ヤマイモ、サトイモ、レンコン、ナメコなどに多く含まれています。
食事でムチンを摂れば胃の粘膜を潤し保護する働きがあります。

■ビタミンUで胃粘膜の修復

ビタミンUには胃粘膜の修復を促進する働きがあります。
ビタミンUはキャベツやブロッコリーに多く含まれています。
ビタミンUは水に溶けやすいので調理は茹でるより蒸した方が良いです。



■胃の機能低下が胃痛の原因

胃は食べ物が入ってくると、消化のために動いたり胃酸などを出したり様々な活動をします。
胃の機能が低下すると、食物を貯蔵するための胃の拡張や消化に必要なぜん動運動などが鈍くなり消化に時間がかかるなどの症状が起こったりします。

■良く噛んで唾液を分泌し胃粘膜を修復

胃の動きは加齢に伴い低下していき、消化能力が全体的に低下してきます。
そのため良く噛むことが大切で、唾液の分泌を促すことが必要になってきます。
唾液は消化を助けるほかに、胃酸を中和させて胃粘膜の傷を修復させる働きをしてくれます。

■唾液を出す体操

口を閉じて舌を猿のマネをするように歯と唇の間に入れて4〜5回まわします。
唾液を出す器官の唾液腺が刺激され唾液がよく分泌されるようになります。

■唾液を出すマッサージ

耳の下のくぼみをゆっくりとマッサージします。
唾液腺を表面から刺激を与えることで唾液分泌が促されます。

■機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアとは消化不全という意味で、ストレスが原因となることが多いです。
みぞおちの痛みや灼熱間、食後の辛い胃もたれ、すぐにお腹がいっぱいになる、胃に病気の原因が見当たらないなどの症状が起こります。
日本人の5〜6人に1人がかかっていると言われています。
機能性ディスペプシアを発症するとストレスがストレスを生むという、全てが悪循環におちいっていきます。
ストレスを抱えている人は、話すだけでも症状が改善することがあります。

■胃痛治療の名医(2016年12月時点)

中村麻布十番クリニック 院長
中村光康 医学博士