冬場はヒートショックによる血圧の急激な変化によって入浴時の突然死が起こりやすくなります。
ヒートショックとは急激な温度変化により血圧が急上昇したり脈拍が変化することをいいます。
特に冬場の入浴時にヒートショックによる突然死が多くなります。
ミネラルには血圧の急変動を防ぎヒートショック対策につながります。
ホットミネラル入り麦茶がヒートショックによる突然死予防に効果的です




■ヒートショックについて

ヒートショックとは、温度の急激な変化によって血圧が急上昇したり脈拍が変化することをいいます。
血圧は毎日一定ではなく、温かいと血管が拡張して血圧が下がり、寒いと血管が収縮して血圧が上がります。
このような温度変化が短時間のうちに起こると、心臓にダメージを与えて心筋梗塞や脳出血などを引き起こし突然死を引き起こす危険があります。

■ヒートショックを起こしやすい場所

・お風呂場
・トイレ
・廊下
・ガレージ

■ヒートショックを起こしやすい時

冬の入浴は、激しい温度変化が短時間に起こることで血圧が乱高下してヒートショックを起こす危険性が高まります。

●温かい場所から寒い脱衣所の移動したとき
10℃以上の温度差から血圧が上昇します。

●服を脱いで寒い浴室へ移動した時
体から熱が奪われないように血管が収縮してさらに血圧が上昇します。

●入浴直後
熱いお湯と水圧で体が押され血圧が上昇します。
このとき脳の血管が切れて脳出血が起こる危険性があります。

●入浴中
体が温まるのと同時に血管が拡張して上がっていた血圧が急低下します。
このとき脳の血液が一気に減ることで失神や脳梗塞を起こす危険があります。
さらにそのまま溺死してしまう人もいます。



■ミネラルの血圧を下げる効果

カリウムを始めミネラル全般には血圧を下げる効果が期待できます。
ミネラルとは、カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・マンガンなど体になくてはならない栄養素です。
このミネラルひとつひとつに血圧を下げる効果があります。

●マグネシウム
マグネシウムには血管を広げて血圧を下げ、血液をサラサラにする効果があります。

●カルシウム
カルシウムには高ぶった神経を安静にし血圧を下げる効果があります。

●亜鉛・マンガン
亜鉛・マンガンには活性酸素をなくして動脈硬化を防ぐことで高血圧を予防する効果があります。

■ミネラル入り麦茶でヒートショック対策

ミネラル入り麦茶には血圧を下げる効果が期待できます。
血圧が下がるということは血管がしなやかに開いたことになり、心臓の負担を減少させることにつながります。
ミネラル入り麦茶は動脈硬化のリスクを下げ、高血圧改善効果が期待できます。
冬場は温めたホットミネラル入り麦茶がオススメです。

■ヒートショック対策のポイント

●家の中の温度差を減らす
急な温度変化がヒートショックを起こしやすくなります。

●外出時は脇をこする
脇には太い血管が走っているので脇をこすると体温が上がりやすいです。

●入浴時のお湯の温度は41℃以下
42℃以上になると交感神経が緊張して血圧の変動が大きくなります。