■名医のオススメ入浴法

朝:熱いお湯で数分間シャワーを浴びる
夜:寝る1時間前に41℃のお湯に10分ほど入る




■入浴中の失神で溺死が急増している

脱衣所で服を脱ぐとき寒さで血管が縮んで血圧が急上昇します。
その後湯船に浸かって体が温まっていくと血管が広がって血圧がどんどん下がっていきます。
血圧がジェットコースターのように一気に下がると血を巡らせる力も低下し、脳に血液が届きにくくなり意識を無くして失神することがあります。
失神予防には、冷たい水を桶に用意して手をつけていると血圧の低下を少し防ぐことができます。
また眠気を感じたら湯船から出ることも失神予防につながります。

■熱い風呂は心筋梗塞のリスクを高める

寒い脱衣所と熱い風呂の温度差で起こる急の血圧の変化が心筋梗塞のリスクを高めます。
また最新研究では、熱い風呂に入ると熱い刺激が体に作用して防御反応をとり血液が固まりやすくなります。
42℃以上の風呂に10分間入浴すると血小板が固まり血栓ができやすくなってしまいます。

■半身浴にはダイエット効果はない

汗をかいているのでダイエット効果があると思われがちですが、入浴後に水を飲めば元に戻ってしまいます。
半身浴ではカロリーの消費もほとんどありません。
半身浴は心臓に負担がかからず、むくみも取れるメリットもありますが、ただ汗をかくだけでダイエットには向きません。

■食後すぐの入浴は消化不良を起こしやすい

食事をすると消化や栄養を吸収するために血液が胃腸に集まります。
ここで入浴すると皮膚が刺激されて血液が反応して皮膚の方へ移動してしまい、胃腸に集まっていた血液が皮膚の表面に分散してしまい胃の働きが鈍くなり消化不良を起こしやすくなります。

■食事の前後30分は入浴は避けた方が良い

食前は血糖値が低い状態で、入浴するとさらに下がってしまい意識障害を起こす危険があります。
食事の前後30分以上あけて入浴した方がよいそうです。

■入浴前に緑茶を飲むとダイエット効果がある

お茶に含まれるカテキンには脂肪の吸収を抑える働きがあります。
入浴前に緑茶を飲むとカテキンの吸収効果が7倍にもなるそうです。
ダイエットには入浴前にコップ1〜2杯の緑茶が効果的です。

■一番風呂は肌に悪い

人間の肌は弱酸性ですが水道水は中性なので、まっさらな水は人の肌には合いません。
一番風呂は肌荒れの原因につながる危険があります。
1人目の皮脂などが湯に溶け込み、人肌の弱酸性に近づき刺激が弱まります。

一番風呂は肌荒れの原因につながることもあるので入浴剤などを入れるのも効果的です。
入浴剤などを湯に溶け込ませると人肌への刺激が弱まります。
塩素を中和するビタミンCを含むユズやミカンなどを入れるのも効果的です。



■長風呂は疲労の原因になる

40℃の風呂に10分入っていると500mlほどの汗をかきます。
大量の汗をかくと疲れる原因になります。
30分以上の入浴は激しい運動に匹敵する体力を消費します。
また長風呂は乾燥肌の原因にもなります。

■長風呂は乾燥肌の原因になる

長風呂をすると肌に含まれる保湿成分のセラミドが外に溶け出し肌荒れの原因にもなります。
セラミドは脂質なのでお湯に溶け込んでしまいます。
そのため入浴後は保湿クリームを塗らないとお肌のためにはなりません。
冬場の入浴は41℃で10分ほどが良いそうです。

■お湯とぬるい水を交互にかけて血流改善

温かいお湯は血管を広げ、ぬるい水は血管を縮めます。
温かいお湯とぬるい水を交互にかけると血流が良くなる効果があります。
また熱いお湯とぬるい水を交互にかけると血管の弾力性が生まれて血のめぐりがさらに良くなります。
ぬるい水は30℃程度がよいです。

■かぜ予防にもつながる疲労回復入浴法

41℃のお湯に3分入ります。
30℃のぬるい水を10秒手足にかけます。
これを3セット繰り返します。

■運動直後の入浴は回復を遅らせる

激しい運動した後は細胞は傷つき体温が上がっているため、修復のために冷やす必要があります。
激しい運動直後に入浴するとさらに体温を上げてしまい、細胞が修復されずに疲労が蓄積してしまいます。
さらに激しい運動の直の入浴は筋肉の炎症も広げることになり二重に回復を遅らせることにつながってしまいます。
激しい運動後は約1時間ほどクールダウンする時間をとり、その後入浴した方が良いです。
体温より低めのお湯で体を冷やすと炎症も抑えられ疲労回復も早まります。

■熱いお風呂に入ると2日後に持久力がアップする

人間は免疫機構などのように、外部からの異常を感じると体を修復するような働きが生まれます。
ヒートショックプロテインとは、細胞内の傷ついたタンパク質を修復してくれる成分をいいます。
お湯の熱による刺激で細胞を修復する力を持つヒートショックプロテインが増えるといわれています。
ヒートショックプロテインの増加がピークになるのが入浴の2日後になります。