ショウガのジンゲロールで中性脂肪・悪玉コレステロール・血糖値を抑制、ショウガのジンゲロールで血管修復、とろろ昆布のアルギン酸やフコイダンなどの水溶性食物繊維で高血圧・糖尿病予防、青魚のEPAで血管改善、動脈硬化予防。




■ショウガのジンゲロールで中性脂肪・悪玉コレステロール・血糖値を抑制

ショウガの成分には、血液中にある中性脂肪・悪玉コレステロール・血糖値を抑えて血管の中をきれいにする効果が期待できます。
ショウガの皮の近くには、辛味成分のジンゲロールが多く含まれています。
このジンゲロールが中性脂肪・悪玉コレステロール・血糖値を抑えてくれます。

■ショウガオールで血管を修復

ショウガは加熱したり蒸したりするとジンゲロールの一部がショウガオールという物質に変わります。
ショウガオールには炎症を防ぐ働きがあります。
これにより血管の中の傷ついた所を修復してくれ、血流を良くして動脈硬化を予防する効果があります。

■ショウガのガリで血管修復・血液改善

ショウガのガリには、ジンゲロールの効果の他に酢の健康効果も加わります。
お酢には血管を拡張させて血圧を下げ、血流を良くする働きがあります。

■ショウガのガリでダイエット

ショウガには代謝を上げる働きがあります。
さらにショウガのガリに使われるお酢には脂肪燃焼効果があります。
このためダイエット効果も期待できます。

■ショウガのガリの作り方

密閉できる容器に米酢2Lを注ぎ、そこにハチミツ60ml加え甘酢を作っておきます。
ショウガを好みの大きさに切り、そこに軽く塩を振って熱湯したお湯に約1分ほどくぐらせます。
水を切ってしっかり冷まし、先に作った甘酢に2〜3日漬け込みます。
ショウガがピンク色に変わってきたら出来上がりです。
冷蔵庫で約1年ほど保存できるそうです。



■ショウガは調理の仕方で効能が変わる

ショウガは調理の仕方で効能が変わってきます。
ショウガを加熱すると、ショウガオールの働きで体を温める効果が得られます。
ジンゲロールの場合は生でとった方が良く、擦りおろしたてで食べると血管の拡張作用により汗をかきやすくなり、逆に体を冷やしていく効果もあります。
ショウガをスライスにしてオーブンや電子レンジで5分ほど処理すると、ショウガオールとジンゲロールが半々ぐらいにできます。
それを色々な食材に使うと効果的です。
またスライスしたショウガを電子レンジ(500W)で5分ほど処理するだけで乾燥ショウガができます。
この乾燥ショウガを緑茶や紅茶に入れたり、煮物などに使ったりすることでショウガオールとジンゲロールを摂取することができ、血管修復や血液改善効果が期待できます。

■とろろ昆布高血圧や糖尿病の予防

昆布にはアルギン酸やフコイダンなどの水溶性食物繊維が多く含まれています。
水溶性食物繊維には体内の余分な塩分や糖質を排出する効果があり、高血圧や糖尿病の予防につながります。
水溶性食物繊維は昆布の内部に多く含まれていますが、昆布は消化されにくく水溶性食物繊維が溶け出しにくくなっています。
とろろ昆布のように薄く切ることによって、切った表面から水溶性食物繊維が多く溶け出しやすくなります。
フコイダンには免疫力を強化する働きがあり、ガンが自然に死んでいくのを促進する作用もあります。
ただし昆布類にはヨードを多く含んでいるので、過剰摂取は甲状腺の機能を低下させることもあるので取り過ぎは要注意です。

■青魚のEPAで血管改善、動脈硬化予防

魚の脂の中に含まれるEPAには、血液をサラサラにして動脈硬化の予防効果が期待できます。
EPAとはエイコサペンタエン酸という物質のことをいいます。
EPAは魚の中でもイワシやマグロ、サバなどの青魚の脂の中に多く含まれています。
EPAには、血中の中性脂肪値を下げて血液をサラサラにすることで動脈硬化を防ぐ働きがあります。
EPAは特に皮と身の間の脂に多く含まれています。
またEPAには炎症を抑えたり、アレルギー、心筋梗塞、脳梗塞などの予防にも効果があるといわれています。

■血管若返り・動脈硬化予防のポイント!高血圧、高血糖、脂質異常症

■血管の若返り方法!葉酸・ハチミツ・ポリフェノール・アディポネクチンで血管の若返り

■チョコレートのエピカテキンや有酸素運動で血管若返り!ストレッチやウォーキングで血管若返り

■長寿ホルモンで若返り!内臓脂肪を減らしてアディポネクチンを増やす

■アディポネクチンで血管若返り!青魚や赤ワインで老化予防、炎症性サイトカイン

■血管の老化と動脈硬化!血管を若返らせる体操・ポイント、血管年齢、PWV検査

■血液と血管の健康!脂肪処理能力、動脈硬化、腹式呼吸で血管をしなやかにする

■チョコレートの健康効果!チョコレートで傷が早く治る、血圧低下、整腸作用

■アディポネクチン・ウオーキングで糖尿病・糖尿病予備軍の予防改善!ブドウ糖負荷試験

■若返り!正しい姿勢、骨を丈夫にする、スロートレーニング、リンゴポリフェノール

■血管の老化と動脈硬化!血管を若返らせる体操・ポイント、血管年齢、PWV検査