眼瞼下垂は加齢、ハードコンタクトレンズ、目をよくこするなどで挙筋腱膜が薄く伸びることで起こる。
眼瞼下垂はまぶたが下がり視界が狭くなる目が疲れるなどの症状が起こる。




■眼瞼下垂(がんけんかすい)について

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、上のまぶたが下がって視界が狭くなったり目が疲れやすくなったりする病気です。
眼瞼下垂は両目でも片目でも起こります。
眼瞼下垂は高齢者に多いといわれています。

■眼瞼下垂の症状

・視界が狭くなる
・目が疲れやすくなった
・目が小さくなった
・眉毛の位置が上がった

■眼瞼下垂の原因

・上まぶたの筋肉
・上まぶたの腱膜(けんまく)

上まぶたは眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉で持ち上げています。
眼瞼挙筋とまぶたをつないでいるのが挙筋腱膜(きょきんけんまく)です。
眼瞼下垂の原因として一番多いのが腱膜が薄くなって伸びてしまうことです。
これは加齢でも起こるので、高齢者になると誰でも両方のまぶたが下がってくることが起こってきます。

■腱膜性の眼瞼下垂の原因

・加齢
・ハードコンタクトレンズの長年使用
・目をよくこする

●加齢が眼瞼下垂の原因
眼瞼挙筋の筋肉の力が弱かったり、眼瞼挙筋を支配している神経の働きが悪くなると、上まぶたをつり上げられなくなってしまい
眼瞼下垂が起こってしまいます。

●ハードコンタクトレンズの長年使用が眼瞼下垂の原因
ハードコンタクトレンズの場合、目を閉じているときにハードコンタクトレンズのエッジが腱膜の裏側から当たることによって腱膜を薄くしてしまいます。

●目をよくこすることが眼瞼下垂の原因
目をよくこすると外側から腱膜に対して強く圧迫することになり、腱膜が伸びてしまい眼瞼下垂が起こりやすくなってしまいます。



■自分で行える眼瞼下垂の対処法

・まぶたにテープを貼る(美容テープなど)
・専用の接着剤を使う
・クラッチメガネ

まぶたの下垂が軽度で、まぶたが薄い人に効果が期待できます。

■眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂が重症で症状が強い場合は手術を行います。
手術は保険適用で、日帰り〜2泊程度の入院で行うことができます。

●腱膜縫縮術(眼瞼下垂の治療)
伸びている腱膜を縫い縮めます

●前頭筋つり上げ術(眼瞼下垂の治療)
眉毛の上とまつ毛の上の2ヶ所を切開し、その間に人工の膜などを通して前頭筋とまぶたを縫い合わせます。

■筋無力症(きんむりょくしょう)による眼瞼下垂

筋無力症(きんむりょくしょう)とは、自分の体の中にある抗体が筋肉の働きを悪くする病気です。
そのためまぶたの手術をしても、まぶたが上がる効果は低いです。
筋無力症による眼瞼下垂は、朝は正常なのに夕方になるとまぶたが下がってしまうという日内変動が大きいという特徴があります。
通常の眼瞼下垂はこのようなことは起こりません。
治療はステロイド薬を投与します。

■脳卒中や糖尿病による眼瞼下垂

脳卒中や糖尿病により目を動かす神経が麻痺することで眼瞼下垂が起こります。
脳卒中や糖尿病による眼瞼下垂は、ある日突然起こることが特徴となっています。
治療は原因となる病気の治療を行います。

■眼瞼下垂治療の名医(2015年9月時点)

兵庫医科大学 教授
三村 治(みむら おさむ)先生
目の病気の診断と治療のエキスパートです。

■眼瞼けいれん!まぶたの異常、ボツリヌス療法、眼瞼下垂、ドライアイ、クラッチ眼鏡

■眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)!まぶたのたるみを解消、眼瞼拳筋、ミュラー筋