副鼻腔炎は副鼻腔に炎症が起こり鼻水や鼻詰まりの症状が出る病気。1ヶ月未満を急性副鼻腔炎、3ヶ月以上を慢性副鼻腔炎といいます。好酸球性副鼻腔炎は鼻茸や粘調な鼻汁により鼻詰まりや嗅覚障害を起こす病気。副鼻腔真菌症は副鼻腔にカビが増殖して炎症を起こす病気。




■副鼻腔炎(ふくびくうえん)について

副鼻腔炎(ふくびくうえん)とは、何らかの原因で副鼻腔(ふくびくう)に炎症が起こる病気です。
副鼻腔は鼻の両脇に8つあり空洞になっています。
鼻から息を吸ったり吐いたりするときに空気が通る道の鼻腔(びくう)とつながっています。
炎症が1ヶ月未満で起こるものを急性副鼻腔炎といい、3ヶ月以上のものを慢性副鼻腔炎といいます。
副鼻腔に炎症が起こると、鼻水、鼻詰まり、嗅覚障害などの症状が起こります。

■副鼻腔炎の3つのタイプ

・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)
・好酸球性副鼻腔炎
・副鼻腔真菌症

■慢性副鼻腔炎の症状

・緑色や黄色のドロドロとした膿のような鼻水が出てくる
・ほお骨あたりの痛み
・進行すると鼻詰まりや鼻水がひどくなる

■好酸球性副鼻腔炎の症状

・のりのような粘り気のある鼻水が出る
・目の奥の痛み
・頭痛
・嗅覚障害
・鼻ポリープ(鼻茸)ができやすい

■副鼻腔真菌症の症状

副鼻腔真菌症は副鼻腔にカビが増殖して炎症を起こす病気です。
副鼻腔真菌症は副鼻腔内にカビが留まる非浸潤性のものと、カビが周りの組織を破壊する浸潤性のものに分けられます。
非浸潤性の場合は症状が出ないことが多いです。
症状が起こる場合は、悪臭を伴う鼻水や鼻血が出ることがあります。
浸潤性の場合はカビの周りの組織を破壊するので、高熱、激しい頭痛、視力障害などが起こります。



■慢性副鼻腔炎の原因

・ウイルスや細菌などの感染

■好酸球性副鼻腔炎の原因

・ウイルスや細菌などの感染
・ぜんそく
・薬剤アレルギー

■副鼻腔真菌症の原因

・カビ
・免疫力の低下(浸潤性の場合)
 ストレス、糖尿病、体力の低下
・ステロイドの長期使用

■慢性副鼻腔炎の治療法

・局所療法
 患部の洗浄、薬の投与
・薬物療法
・手術療法
 膿やカビを取り除きます

●慢性副鼻腔炎の治療
・局所療法
 患部に溜まった膿や鼻水を洗浄します。
 ネブライザー治療で鼻から霧状にした抗菌薬を吸入します。
・薬物療法
 マクロライド系抗菌薬
・手術療法
 3ヶ月間改善が見られない場合は手術を行います。

●好酸球性副鼻腔炎の治療
・手術療法
 まず手術で副鼻腔の通りを良くします。

・局所療法
・薬物療法
 ステロイド薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬

●副鼻腔真菌症の治療
・手術療法
 手術でカビを取り除きます。

・薬物療法
 浸潤性の場合は手術後に抗真菌薬などを使用します。

■慢性副鼻腔炎治療の名医(2015年9月時点)

東邦大学医療センター大橋病院 教授
吉川 衛(よしかわ まもる)先生
耳鼻咽喉科で鼻の病気、特に慢性副鼻腔炎の治療のエキスパートです。

■鼻のトラブル!鼻づまり、隠れ鼻づまり、鼻炎、副鼻腔炎、口呼吸の危険性

■鼻づまり解消法!蒸しタオル・足湯・ペットボトルで鼻づまり解消、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎

■ドライノーズ予防・改善入浴法!カゼ予防、鼻の粘膜の乾燥改善、繊毛の働き

■鼻の病気!副鼻腔真菌症、慢性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎、上顎洞癌 痛み・病気対策

■慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)非好酸球性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎、治療法

■副鼻腔炎(ふくびくうえん)蓄膿症、非好酸球性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎

■鼻炎!慢性鼻炎、急性鼻炎
■急性副鼻腔炎!急性蓄膿症
■慢性副鼻腔炎!慢性蓄膿症