飛蚊症や光視症の網膜剥離の前兆で早期発見。網膜剥離の原因には、加齢・近視・ストレス・過労・糖尿病があります。




■網膜剥離(もうまくはくり)について

網膜(もうまく)は眼球の内側を覆う薄い膜で、瞳から入って来た視覚的な情報を信号に変換して脳に伝える働きをしています。
何らかの原因でこの網膜が剥がれてしまうのが網膜剥離(もうまくはくり)です。

黄斑(おうはん)とは網膜の中心にあるへこんだ場所で、物を見る上で一番重要な役割りを果たしています。
網膜の剥離が黄斑の真ん中までに行く前に見つかれば、そこで手術をすれば視力は保たれます。
しかし一度黄斑が剥がれてしまうと視力の低下が起こってしまいます。

■網膜剥離の症状

・視野が欠ける
・視力低下

■加齢が網膜剥離の原因

眼球の中は硝子体(しょうしたい)と呼ばれるゼリー状の組織で満たされています。
この硝子体は加齢と共に硝子体液に変化していきます。
この変化によって網膜が眼球前方に引っ張られるようになり、ちょっとした衝撃で網膜が破れてしまいます。
そこから硝子体液が侵入して網膜を剥がしてしまいます。
いったん網膜から剥がれると硝子体液がどんどん流れ込み、網膜を剥がしてしまいます。
そのため進行が非常に早く、治療が遅れると最悪の場合は失明する危険性もあります。
ゼリー状の液体が液化し始めるのは、50代以降といわれています。

■強度の近視が網膜剥離の原因

強い近視の人は眼球の奥行きが長いため、網膜が引き剥がされ薄くなる箇所ができ、小さな穴が開きやすくなってしまいます。
若い人の網膜剥離は進行が遅く気付きにくいことが特徴となっています。
網膜の穴が小さい上、まだ液化していない硝子体が入っていかないため、穴が広がりにくくなっています。

●網膜剥離の危険度
・中度の近視(0.3程度):網膜剥離の危険性があります。
・強度の近視(0.05以下):網膜剥離の危険性が高いです



■ストレスや過労が網膜剥離の原因

ストレスや過労が引き金となり血管から水分が滲み出し、網膜の一部が浮いて剥がれてしまいます。
これを滲出性網膜剥離(しんしゅつせいもうまくはくり)といいます。
そのため網膜が本来の機能を失い見えにくくなります。
滲出性網膜剥離は、しっかり休息を取ってストレスを溜めないことが大切になります。
ストレスや過労が原因の網膜剥離は3ヶ月程度で自然に治る人も多いです。

■糖尿病が網膜剥離の原因

糖尿病が進行すると網膜への血流が途絶え、本来は血管がない場所に新生血管が生まれ、硝子体まで伸びてきてしまう場合があります。
そこにカサブタのような固い膜が出来、網膜が引っ張られて網膜剥離が起きます。
このような場合は、手術により不要な血管を取り除きます。

■網膜剥離の前兆

・飛蚊症
・光視症

●飛蚊症(ひぶんしょう)が網膜剥離の前兆
飛蚊症(ひぶんしょう)とは、硝子体の中の細胞や繊維が網膜に映り、影となって見える現象です。
網膜が破れて出血が起き、急に影が眼球に大きく見える場合があります。

●光視症(こうししょう)が網膜剥離の前兆
光視症(こうししょう)とは、暗い場所や目を閉じた時に存在しない光が見える現象をいいます。
網膜が引っ張られた時の刺激が脳に伝わり光として見えます。

■網膜剥離の治療法

・レーザー治療
・硝子体手術
・強膜バックリング

●レーザーによる網膜剥離の治療法
網膜に開いた穴が広がらないようレーザーで焼き固めます。

●硝子体手術による網膜剥離の治療法
眼球に小さな穴を開け、そこから器具を挿入します。
網膜を引っ張っている硝子体と硝子体液を吸引し、さらに特殊なガスを眼球内に注入します。
ガスの浮力を利用して剥がれた網膜を元の状態に戻します。
術後ガスが眼球内の中にある間は、数日間うつむきの姿勢を取る必要があります。
注入したガスは手術後1〜2週間で自然と抜け、房水(ぼうすい)に置き換わってきます。

●強膜バックリングによる網膜剥離の治療法
網膜の外側にシリコンでできたスポンジを縫い付け、眼球の内側に向けて圧迫します。
若い人の場合は硝子体がゼリー状で弾力があるため、内側から圧力が働き剥がれた網膜がくっ付きます。

■眼の病気!白内障、網膜剥離、飛蚊症、糖尿病網膜症、緑内障、老眼

■網膜剥離(もうまくはくり)!加齢・飛蚊症・光視症・高血圧などで発症 眼の痛み・病気対策