ストレスや自律神経の乱れが機能性ディスペプシアの原因。
リラックスして副交感神経を優位にし胃の痛みを予防。
胃の痛みの原因というと胃炎、胃潰瘍、胃癌といわれていますが、実際に胃の痛みで病院にいっても異常がみられない人が多いといわれています。




■機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアとは、胃に潰瘍や炎症などの病変が見あたらないのに胃もたれや胃の痛みを引き起こす病気をいいます。
日本人の5人に1人が機能性ディスペプシアにかかっていることがあるといわれています。
胃の痛みの原因といわれてきた胃潰瘍や胃炎の場合、胃の表面に大きな潰瘍や炎症がみられます。
しかし機能性ディスペプシアの場合、傷一つなく見た目は健康そのものとなっています。

■機能性ディスペプシアの原因

・ストレス
・自律神経の乱れ

機能性ディスペプシアの大きな原因は、ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れといわれています。
自律神経とは、活動時に優位になる交感神経とリラックスしたときに優位になる副交感神経の2つからなる全身の司令塔です。
胃や腸の動きや心肺機能などの生命の維持に必要な大事な臓器の動きをコントロールしています。
交感神経が高くなる活動時は胃の動きが抑えられ、逆にリラックスして副交感神経が優位になると胃が活発に動くようになります。
この交感神経と副交感神経がバランスをとることで胃は正常に動いています。
しかしストレスや不規則な生活が続くと、交感神経だけが異常に優位な状態が続いてしまい胃の機能が低下してしまいます。
すると食べた物がなかなか消化されず胃がもたれたりします。
また機能性ディスペプシアになると胃の粘膜が過剰に過敏になり、わずかな刺激でも痛みを感じてしまうと考えられています。
胃の痛みの予防ポイントは、リラックスしたときに優位になる副交感神経にあると考えられています。

■不安を取り除き胃の痛みを予防

胃の痛みは不安と非常に関係しています。
不安となる事柄を解消することが、胃の痛みの予防につながると考えられます。



■花で胃の痛みを予防

花を見ると副交感神経がアップするといわれています。
花に囲まれた生活を送ると、副交感神経を高める効果が期待できます。

■昆布で胃の痛みを予防

昆布に含まれているアルギン酸は食道や胃の表面に張り付き胃酸から食道や胃を守ってくれます。
アルギン酸は胃潰瘍の治療にも使われている成分で、胃粘膜にバリアを張ることで弱った胃を守る働きがあります。

■呼吸法で胃の痛みを予防

4秒かけてゆっくり息を吸います。
6秒かけてゆっくり息を吐きます。
これを繰り返します。
1分間続けて数分休むを1セットとし、2〜3セット繰り返します。
この呼吸法で自律神経を整えることで胃の痛みを解消効果が期待できます。

■胃の不調!胃痛、胃もたれ、慢性胃炎、機能性ディスペプシア、ピロリ菌

■タマネギのケルセチン・ニンニクのDATSで胃癌予防!萎縮性胃炎と胃癌

■胃食道逆流症!胸焼け、逆流性食道炎、非びらん性逆流症、胃の痛み・病気

■胃潰瘍の治療法!ピロリ菌の除菌法、NSAIDs、低用量アスピリン、胃の痛み・病気

■機能性ディスペプシア!胃もたれ・胃の痛み・早期満腹感の症状改善

■食事抜き胃もたれを解消法、大根おろしパイナップルジュースで胃もたれ解消

■コップ一杯の常温の水で胸やけ解消!胸やけ時にやってはいけない事

■胃を元気にする方法!タウリン・ビタミンU・フコダインの健康効果

■機能性ディスペプシアについて!胃もたれ、集中力の低下、不眠などの症状が起こる病気

■ピロリ菌と胃癌!萎縮性胃炎、感染ルート、LG21乳酸菌でピロリ菌を抑制!胃の痛み病気対策

■機能性ディスペプシア!胃酸過多、知覚過敏、ストレス、生活習慣の改善

■胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)!逆流性食道炎、非びらん性逆流症

■機能性ディスペプシア!ストレスの胃への影響、胃潰瘍、胃炎

■胸焼け!食道アカラシア、逆流性食道炎、蠕動運動、噴門