■腸内フローラについて

腸内フローラとは腸内細菌の集まりのことをいいます。
腸に棲む色んな細菌の群集を総称して腸内フローラといいます。
人の大腸には約1000種類、600兆〜1000兆個もの腸内細菌が棲んでいます。
腸内フローラは腸内細菌の集まり。
腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌をいいます。
食物繊維・発酵食品・オリゴ糖に腸内フローラ改善効果。




■腸内細菌について

腸内細菌は大きく善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の3つに分類できます。
大腸の表面には善玉菌、悪玉菌、日和見菌などの腸内細菌が群れをなしてすみついています。
理想的な腸内細菌のバランスは、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割といわれています。
食生活の乱れ、運動不足、便秘などで腸内環境が悪化すると、善玉菌が減って悪玉菌が優勢になってしまいます。
善玉菌は加齢と共に減っていき、60代になると全体の1%以下にまで減ってしまうといわれています。
すると腸内フローラのバランスが崩れて悪玉菌が多い状態になってしまい、大腸炎や大腸癌など腸に関する疾患を始め、免疫力も低下し、様々な病気が起こりやすくなってしまいます。

●善玉菌
善玉菌の代表的なものには乳酸菌やビフィズス菌などがあります。
善玉菌は糖類を分解してエネルギーにするなど体にとって良い働きをしてくれる菌です。

●悪玉菌
悪玉菌の代表的なものにはウェルシュ菌などがあります。
悪玉菌はタンパク質を分解して硫化水素やアンモニアを作るなど、体にとって悪い働きをする菌です。
ただし腸の中に入ってきた病原菌を退治する役割りも持っています。

●日和見菌
日和見菌は腸内細菌の70%を占めていますが、その働きはよく分かっていません。
腸内が善玉菌が優勢であれば善玉菌に味方し、悪玉菌が優勢であれば悪玉菌に味方して働きます。

■腸内フローラ改善による健康効果

・免疫力アップ
・病気予防
・肥満防止
・美肌効果



■腸内フローラ改善法

腸内フローラに影響を与えるのは、主に食べ物、運動、ストレスです。
中でも特に影響が大きいのが食べ物です。

●食物繊維で腸内フローラ改善
野菜や海草類に豊富に含まれる食物繊維は善玉菌のエサにとなり、腸内の善玉菌を増やす効果があります。

●発酵食品で腸内フローラ改善
納豆、味噌、漬け物、チーズなどの発酵食品には、腸内にすむ善玉菌を刺激し活性化させる菌がたくさん含まれています。

●オリゴ糖で腸内フローラ改善
腸内のビフィズス菌を増やすには、エサとなる糖分が必要です。
しかし一般的にブドウ糖などは、多くが小腸で吸収されるためビフィズス菌がいる大腸まで届きにくくなっています。
大豆、バナナ、タマネギなどに多く含まれるオリゴ糖は、小腸であまり吸収されず大腸にまで達してビフィズス菌のエサになります。
またオリゴ糖はカロリーも砂糖の半分しかなく、血糖値が上がりにくい効果があります。
ただし摂取量や体質や体調によりお腹がゆるくなることがあるので注意も必要です。

●オリゴ糖を多く含む食材(100g中)
・きな粉   :7.0g
・タマネギ  :2.8g
・エシャロット:2.8g
・納豆    :2.0g
・ハチミツ  :1.5g
・ニンニク  :1.0g
・バナナ   :0.3g

イモ類などデンプンを多く含む食材は温めるとオリゴ糖を増やす効果があるそうです。

■腸内環境!腸内フローラ、腸内細菌、便秘、下痢、肥満

■食物繊維で腸内環境を整える!腸内フローラ、腸内環境を整えるポイント

■腸内環境を改善し太りにくい身体を手に入れる!腸内細菌と肥満、腸内フローラ

■食物繊維で腸内環境改善!納豆、漬け物で腸を元気にする

■便秘解消体操!ねじれ腸改善、オリーブオイル・食物繊維で便秘解消

■発酵漬け物・発酵食品・食物繊維で便秘解消!便秘と病気、隠れ便秘

■便秘・下痢解消法!うつ伏せ・8時間以上の空腹時間で便秘や下痢を解消

■オナラ解消!ヨーグルトでオナラ解消、便秘解消でオナラの臭いを解消、大腸憩室

■笑顔・呼吸法で便秘解消!副交感神経の活性化方法、便秘解消食材、便秘外来

■過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)!感染性腸炎、ストレス対策

■便秘!ねじれ腸による便秘、便秘解消マッサージ、CTコロノグラフィー

■善玉菌で腸をキレイにして健康になる!ヨーグルト、漬物、マッコリ、納豆で健康に