LDL(善玉)コレステロールは身体の材料となるコレステロールを必要な場所まで運びます。HDLコレステロールは余ったコレステロールを運びます。
コレステロールが上がると狭心症や心筋梗塞などの危険が高まります。
ウォーキングにはHDL(善玉)コレステロールを増やし、血管内のプラークも除去してくれる働きがあります。




■コレステロールについて

悪者にされがちなコレステロールですが、実は健康のためには必要なものです。
コレステロールは身体の中の細胞膜やホルモンの材料となる欠かせない成分です。

私達の身体の中のコレステロールは食品から摂取されたものが30%、残り70%は肝臓で別の栄養素から作り出されています。
肝臓は体内のコレステロールの量を調整する機能があり、コレステロールが多い食品をたくさん食べたとしても肝臓で作り出さず量を減らしてくれるので数値が上がらない人がいます。

■LDLコレステロールとHDLコレステロール

LDLコレステロールは身体の材料となるコレステロールを必要な場所まで運ぶ役割りがあります。
HDLコレステロールは余ったコレステロールを運ぶ役割りがあります。
LDLとHDLのバランスがとれているときには良いですが、LDLだけが増え過ぎると問題が起こります。

血管内にコレステロールが溜まると血液の流れを止めてしまう原因になります。
すると狭心症や心筋梗塞などの危険な病気を引き起こす原因になってしまいます。
そのためLDLは悪玉コレステロールと呼ばれ、HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。
大切なのはLDLとHDLのバランスになります。

■食べ過ぎによるカロリーオーバーがコレステロールが上がる原因

食べ過ぎでエネルギーが余ってしまうと肝臓でアセチルCoAという物質が増えてコレステロールを作り出してしまいます。
その結果、コレステロールの量が肝臓で調整できなくなり、血液中のLDLコレステロールが増加してしまいます。
また食べ過ぎによって内臓脂肪が溜まることもLDLコレステロールを増やす原因になってしまいます。
バターや肉の脂などの飽和脂肪酸もLDLコレステロールを増やす原因になります。

■閉経がコレステロールが上がる原因

女性ホルモンの1つのエストロゲンには、LDLコレステロールを肝臓に送り込んで分解するのを助ける働きがあります。
しかし閉経してエストロゲンが減少するとこの働きが弱くなり、血液中のLDLコレステロールが増えてしまいます。
女性は閉経後も若い頃と同じような食事や運動不足だとLDLコレステロールが増えてしまいます。



■体質がコレステロールが上がる原因

痩せていたり生活習慣に問題ないのにLDLの数値が高いのは、コレステロールを吸収しやすい体質の可能性があります。
こういう体質の人は、コレステロールを多く含む食品を取り過ぎないようにした方が良いです。
家族で血管の病気になっている人は、コレステロールが増えやすい体質の可能性が高いです。

■LDL(悪玉)コレステロールを増やす生活習慣

・飽和脂肪酸(動物性脂肪)
・食べ過ぎ
・肥満
・運動不足
・睡眠不足
・飲酒
・喫煙

LDLコレステロールが高い人は、牛乳やヨーグルトなどの乳製品にも要注意です。
乳製品にも動物性脂肪が多く含まれています。
コレステロールの数値が高い人は、牛乳を1日200〜400ccまでに抑えたり、低脂肪にする方が良いです。

■ウォーキングでHDL(善玉)コレステロールを増やす

ウォーキングなどの有酸素運動にはHDL(善玉)コレステロールを増やす効果があります。
血管内の余った材料を持ち去ってくれるHDL(善玉)コレステロールには、コレステロールが増えることで出来る血管内のコブであるプラークも除去してくれる働きがあります。

■酒粕で余分なコレステロールを排出

酒粕のタンパク質は消化されにくいためそのままの形で小腸まで運ばれ、余分なコレステロールを排出してくれます。
酒粕は1日約50gが目安になります。

■インターバル速歩で善玉コレステロールアップ!LH比を下げて動脈硬化を予防、飽和脂肪酸

■超悪玉コレステロールを減らす方法!糖尿病、脂質異常症、甲状腺機能低下症

■コレステロール対策!脂質異常症、LDLコレステロール、HDLコレステロール

■粉豆腐で動脈硬化改善、糖尿病予防!レジスタントタンパクでコレステロール値を下げる

■超善玉ホルモンで若返り!動脈硬化予防・糖尿病予防・癌予防に効果的

■高コレステロール!プラークによる血管の狭窄、超悪玉レムナントコレステロール