腸には善玉菌・悪玉菌・日和見菌などの腸内細菌が多くいます。
腸内細菌のバランスが崩れると太りやすい身体になってしまいます。
腸内フローラとは腸内細菌のバランス状態をいいます。
腸内フローラ(腸内環境)は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7のバランスが理想的といわれています。
腸内環境改善し太りにくい身体を手に入れるは、様々な種類の食品を摂る、食後に安静ににする、脳と手先を使う複雑な作業を行うなどが効果的です。




■腸内細菌と肥満

太りやすい身体を作ってしまう原因は、腸内細菌のバランスが崩れることです。
腸内細菌とは、私達の腸の中で生きて活動している細菌のことをいいます。
代表的な物には乳酸菌や大腸菌などがあり、その数は100兆個以上もいるといわれています。
腸内細菌は人が消化できない栄養分を分解して吸収できるようにしてくれたり、ビタミンやタンパク質の合成をしてくれる人間ににとって大切な存在です。

■腸内細菌、善玉菌、悪玉菌、日和見菌

腸内細菌は大きく善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分けられます。
理想的な腸内細菌の割合は、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7といわれています。

●善玉菌
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、食物からのエネルギー吸収を適切な量にコントロールしたり、腸のぜん動運動を促したり、主に人にとって良い働きをしてくれています。

●悪玉菌
大腸菌などの悪玉菌は、食物などを腐敗させたり、癌の原因になったり、主に人に害を与えることが多い細菌です。

●日和見菌(ひよりみきん)
日和見菌(ひよりみきん)とは、そのときの環境によって善玉菌にも悪玉菌にもなるその他の細菌です。

■腸内フローラについて

善玉菌、悪玉菌、日和見菌を含め1000種類以上の腸内細菌が腸の中に広がっている様子を腸内フローラといいます。
無数の菌がひしめき合って共存している様子が腸内フローラと呼ばれています。
この腸内フローラの状態が太りやすさに大きく関係しています。
健康な人の腸内フローラは、善玉菌が悪玉菌より多い状態に保たれています。

■腸内細菌のバランスの悪化が太りやすい身体になる

何らかの原因で腸内細菌のバランスが崩れて善玉菌が減って悪玉菌の数が多くなると、腸のぜん動運動が悪化して便秘を引き起こしやすくなります。
便は水分を除いた残り半分近くは腸内細菌の死骸になります。
また適正なエネルギーの吸収も抑えられず、身体中の細胞内にどんどんエネルギーが蓄えられてしまいます。
これが太りやすい身体を作る原因になっているといわれています。



■肥満の原因

・食べ過ぎ
・運動不足
・腸内細菌のバランスの悪化

生活が乱れてくると悪玉菌が増えてきて様々な問題が起こってきます。

■腸内細菌のバランスの悪化の原因

・加齢
・高脂肪食

加齢と共に悪玉菌が増えてきて便が臭くなってきます。
腸内細胞は入れ替わりが激しいですが、年を取ると腸の細胞の新陳代謝が悪化してきます。
すると腸内環境が悪化して善玉菌が育ちにくい環境になってきてしまいます。
脂っこい物や肉類は悪玉菌が好むエサになります。
特に動物性脂肪は悪玉菌を増やしやすくしてしまいます。
便のニオイが臭くなってきたときは、腸内環境のバランスが崩れている可能性があります。

■腸内細菌のバランス悪化が病気を招く

腸内細菌は全身の様々な機能に大きく関係しています。
全身の免疫細胞の約60%が腸に集中しています。
物を食べると腸内細菌が活発になり、免疫細胞の働きが良くなります。
しかし腸内細菌のバランスが悪くなると免疫細胞の働きが低下してしまいます。
腸内細菌は私達の免疫力のコントロールにも大きな役割を果たしています。
そのため腸内細菌のバランスが崩れると免疫細胞が暴走し、過剰に炎症を起こしてしまいます。
その結果、花粉症、ぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患のリスクが高まってしまいます。
他にも癌や動脈硬化、さらにはうつ病などの精神疾患のリスクも高まります。
全身の様々な病気に腸内細菌が関係しています。

■腸内環境改善ポイント

・発酵食品を摂る
・食物繊維を摂る
・様々な種類の食品を摂る
・食後に安静ににする
・脳と手先を使う複雑な作業を行う

●様々な種類の食品を摂って腸内環境改善
腸内環境によいといわれる食品だけに偏るのではなく、肉・魚・野菜・炭水化物などの様々な種類の食品を摂ることで様々な腸内細菌が元気になります。
理想的な1日の摂取品目数は30品目といわれています。

●食後に安静にして腸内環境改善
食後は消化のために多くの血流が腸に集まります。
すると腸の動きが良くなり腸内細菌も活性化し、運ばれてきた食べ物から腸内細菌が栄養を摂取しやすくなります。
食後に安静にしていると腸に血流が行き渡り、腸内細菌が元気に育ちます。

●脳と手先を使う複雑な作業を行い腸内環境改善
腸は脳についで神経が集中していて、第二の脳とも呼ばれています。
複雑な作業を行うと脳が活性化し、その刺激が腸の動きも活性化させます。
それがひいては腸内細菌のバランスを良くすることにもつながります。

■食物繊維で腸内環境改善!納豆、漬け物で腸を元気にする

■便秘解消体操!ねじれ腸改善、オリーブオイル・食物繊維で便秘解消

■発酵漬け物・発酵食品・食物繊維で便秘解消!便秘と病気、隠れ便秘

■便秘・下痢解消法!うつ伏せ・8時間以上の空腹時間で便秘や下痢を解消、腸の痛み・病気

■オナラ解消!ヨーグルトでオナラ解消、便秘解消でオナラの臭いを解消、大腸憩室!腸の痛み病気対策

■笑顔・呼吸法で便秘解消!副交感神経の活性化方法、便秘解消食材、便秘外来

■過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)!感染性腸炎、ストレス対策

■便秘!ねじれ腸による便秘、便秘解消マッサージ、CTコロノグラフィー

■善玉菌で腸をキレイにして健康になる!ヨーグルト、漬物、マッコリ、納豆で健康に