カルシウムが不足すると骨が溶け出して血管の骨化が進行します。
血管の骨化はプラークを破裂させやすくして心筋梗塞を起こしやすくさせます。
青魚に含まれるEPAは動脈硬化に直接作用して血管の状態を改善して血管の骨化改善して心筋梗塞を予防してくれます。
ビタミンKは動脈硬化を起こした血管壁にカルシウムが沈着することを防いで心筋梗塞を予防してくれます。




■血管の骨化と心筋梗塞

心臓の骨化が起きるのは、加齢や乱れた生活習慣により血管が硬くなってしまった動脈硬化の部分です。
動脈硬化を起こしている血管内には、長年にわたり脂肪分などが蓄積してプラークと呼ばれる柔らかい袋状の固まりが出来てしまいます。
血管の骨化とは、そのプラークの中に何らかの原因でカルシウムが固まってしまった状態をいいます。
骨や歯などの硬い組織の材料となるカルシウムが、冠動脈のプラーク内に沈着して固まった状態が骨化です。
プラーク内に骨化が起きていると、不安定で壊れやすいプラークになっています。
そのため血圧が上がるなどちょっとしたきけっかけでプラークが破れ、血栓が詰まって心筋梗塞を起こしたりします。

■心臓の血管の骨化が心筋梗塞の原因になる

通常の動脈硬化によるプラークの中身は、主に脂肪分や細胞の死骸など硬くないものばかりなので、プラークがよほど大きくなるまで破裂しないことが多いです。
しかしプラークの中で骨化したカルシウムはゴツゴツと硬く角が立っているため、小さな衝撃でも破裂しやすく冠動脈が詰まって心筋が壊死してしまう心筋梗塞になりやすくなります。
骨化した動脈硬化は、通常の骨化していない動脈硬化よりも心筋梗塞を起こしやすく突然死を招く危険性が高いといわれています。

■カルシウム不足がで血管の骨化の原因

骨化するかしないかは、普段のカルシウムの摂取量が大きく関係しています。
カルシウムが足りないと骨化が進むといわれています。
厚生労働省の食事摂取基準による1日のカルシウム推奨量は、50~69歳の女性で650mgとされています。

■カルシウムで血管の骨化を予防する

体内にあるカルシウムの99%は骨や歯などの硬い組織を形成するのに使われています。
残りの1%は血液中や筋肉などに存在していて、出血した血液を固まらせたり、筋肉を収縮させたりと大切な役割を果たしています。
そのため食事によるカルシウムの補給が足りず血液中のカルシウム量が低下してしまうと、体が危険と判断してカルシウム不足を伝えるホルモンが全身に分泌されます。
この指令が出ると体はカルシウムの貯蔵庫である骨からカルシウムを溶け出させて血液中に放出します。
食事で足りない分のカルシウムは骨から補われる仕組みになっています。
さらにそのホルモンの信号を受け取った冠動脈は、骨から流れ出たカルシウムをプラーク内に吸収・沈着させてしまいます。
こうしてプラーク内に除々にカルシウムが溜まり続けると、プラークの内側から破裂させて心筋梗塞を発症させてしまうと考えられています。
そうならないためにもカルシウムを毎日の食事でしっかり摂ることが、心臓の骨化を防ぐ第一歩となります。



■血管の骨化が不整脈や心不全の原因になる

血管の骨化は血液を送り出す心臓自体にも負担をかけるため、不整脈や心不全といった病気も起こりやすくなり、死亡率が10倍以上も高くなってしまいます。

■EPAで血管の骨化を予防する

EPAは青魚に多く含まれる物質で、医療現場では動脈硬化の薬にも使われている栄養素です。
EPAを摂取すると動脈硬化に直接作用し、血管の状態を改善して骨化の温床をつぶしてくれます。

■ビタミンKで血管の骨化を予防する

ビタミンK納豆や緑黄色野菜などに多く含まれるビタミンの一種です。
体内で血管の内部に入り込み、動脈硬化を起こした血管壁にカルシウムが沈着することを防いでくれます。
カルシウム・EPA・ビタミンKをしっかり摂ることで心臓の血管が骨化から守られ、心臓の若返り効果が期待できます。

■カルシウム摂取のポイント

カルシウムは食事のたびに吸収できる量に限りがあり、一度に多量に摂っても吸収できなかった分は体外へ排出されてしまいます。
そのため3度の食事で3つの栄養素を一定量摂る、小分けの食べ方が心臓の骨化を防ぐ効果的な食べ方になります。

■心臓の骨化・心筋梗塞を防ぐ食材

・油揚げ   :カルシウムを豊富に含んでいます
・厚揚げ   :カルシウムを豊富に含んでいます
・ゴマ    :カルシウムとマグネシウムを豊富に含んでいます
・小松菜   :カルシウムとビタミンKを豊富に含んでいます
・青ネギ   :カルシウムとビタミンKを豊富に含んでいます
・パセリ   :カルシウムとビタミンKを豊富に含んでいます
・ブリ    :EPAを豊富に含んでいます
・イワシ   :EPAを豊富に含んでいます
・サバ水煮缶 :EPAとカルシウムを豊富に含んでいます

■心筋梗塞・狭心症の前触れ症状!無意識に胸を触る、左肩だけこる

■狭心症(きょうしんしょう)による腕のしびれ!関連痛としてのしびれ

■突然死について!狭心症と心筋梗塞、無痛性心筋梗塞、心臓病の放散痛、エイリアン脂肪、EPA

■心臓病!大動脈弁狭窄症、心不全、心房細動、不規則な動悸 痛み・病気対策

■狭心症の治療・予防法!不安定狭心症、冠攣縮性狭心症

■心筋梗塞!胸焼けや冷や汗は心筋梗塞の前兆、のんびり性格は心筋梗塞リスクが低い

■狭心症(きょうしんしょう)対策!不安定狭心症、カテーテル治療、バイパス手術

■心筋梗塞の予防!気温差の影響、体幹部の保温が大切