■大人の歯は虫歯になりにくい

私達の歯は象牙質が本体となり、その上をエナメル質が覆っています。
エナメル質はとてもかたくて丈夫なので象牙質を虫歯菌から守っています。

子供の歯はエナメル質が未完成のため虫歯菌が入り込みやすく、虫歯になって痛みが起こります。
大人の歯は成長するに従ってエナメル質がしっかりとしたものになっていきます。
ミネラルなどが蓄えられて強いエナメル質になっていきます。
そのため基本的には虫歯になりにくくなっています。
大人の虫歯は、痛みが出たときにはかなり進行した状態になっています。

■大人の歯は歯の根元部分が虫歯になりやすい

大人になると歯茎が下がってきます。
歯茎が下がってくるとエナメル質の無い象牙質の部分が剥き出しになってしまい、虫歯菌が侵入しやすくなってしまいます。
そのため大人の虫歯はエナメル質のない歯の根元部分に出来やすくなります。



■歯の治療後も虫歯の危険性は増す

歯の治療をすると人工物と元々の歯の間にでこぼこが出来てしまい、そのでこぼこに虫歯ができやすくなってしまいます。
歯の治療を終えると大丈夫だと思いがちですが、実は治療をした後も虫歯の危険性は増していきます。
例えばブリッジをすると歯の根元が虫歯になりやすくなり、悪化してしまうこともあります。

■大人の虫歯が痛くないのは

虫歯の原因はミュータンス菌にあります。
大人の歯では神経の入っている空洞が狭くなっていきます。
大人の歯で虫歯が進行していくと、痛みの元から神経をかばうように象牙質が厚みを増していきます。
しかしそのために気が付かないうちに虫歯が進行していってしまいます。

■歯がなくなるメカニズム

大人の歯は1本失うと次々と歯が失われていきます。
歯が抜けることによって周りにあったアゴの骨は、自分は用がなくなったと判断して溶けていってしまいます。
1本歯が抜けると、その土台の骨の部分も用済みになって溶けてなくなっていきます。
すると両側の歯がその隙間に向かって倒れ込んできます。
しかもなくなった歯の上の歯が、下の歯を探し求めるように下に伸びてきます。
するとどんどん歯並びが悪くなっていき、噛み合わせがどんどん崩れていきます。
このとき歯磨きが不十分だと虫歯や歯周病が発生して次々と歯を失うことになり、将棋倒しのように歯がなくなっていきます。

歯の下は骨が網目状になっていて、その骨に歯が植わっています。
歯にかかる圧力を受け止めて、偏った力が加わると骨の方で形をかえて調整してくれています。
年を取ると歯茎が痩せるというのは、実際はアゴの骨がなくなって下がっていることになります。

■注意すべき大人の虫歯の状態

奥歯の6・7番の歯は物を噛むのに重要な場所です。
そのためこの部分の歯がなくなると黄色信号になります。
左右で奥歯の6・7番の歯が連続して失われていたり、3本連続して失われていると赤信号です。
歯がなくなったら、その人に合った治療を選択します。
残っている歯を守るための治療を行います。
大人は半年に一度は歯科医で歯をチェックすることが大切です。

■大人の虫歯予防のための歯磨きのポイント

歯ブラシは鉛筆のように持ちます。
爪の根元に歯ブラシを当てて、離した時に白くなるようだと磨く時の圧力が強過ぎます。

■虫歯治療、歯の黄ばみ改善法!PMCT、ホワイトニング、コンポジットレジン、再生材料

■最新虫歯治療!ドックベストセメント治療、カリソルブ治療

■虫歯予防!外歯瘻、歯髄、舌癌、ホワイトスポット、唾液の虫歯予防効果

■虫歯予防!歯垢、ミュータンス菌、フッ素とキシリトールで予防

■歯周病!正しい歯磨きの仕方、歯周病の治療と予防