肌の一番の老化原因は加齢です。
紫外線や乾燥も皮膚の老化を早めます。
目のくま解消法。
肌の老化を早める酸化は紫外線、パソコンやスマホなどの電磁波、アルコール、タバコ、ストレスなどが原因。
肌の老化を早める糖化は炭水化物や果物などの食べ過ぎによる糖の過剰摂取や血糖値の急上昇です。




■皮膚の老化

皮膚のシミ・シワ・たるみの大きな原因は加齢です。
皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3つの層に分かれています。
表皮は外部の刺激から体を守り、体内の水分蒸発を防いで肌に潤いを保ってくれています。
真皮はコラーゲンという繊維状のタンパク質が張り巡らされていて、肌に弾力を与えてくれています。
皮下組織は主に皮下脂肪で出来ていて、エネルギーを蓄えたり体温の維持をしてくれています。
老化すると細胞の新陳代謝が低下してコラーゲンなどが減少するため、シワ・たるみなどを生み出してシミが出来やすくなります。

■紫外線が皮膚の老化を早める

老化を早める一番の原因は紫外線です。
皮膚の紫外線による影響は日焼けやシミだけではありません。
紫外線が皮膚に吸収されると肌の弾力を保つコラーゲンが破壊され、シミやたるみが出来やすくなります。
紫外線は老化原因の8割を占めています。

■乾燥が皮膚の老化を早める

皮膚は天然の潤い成分を持つ角質層で覆われています。
角質層は細菌や微生物の侵入を防ぐと共に、体内の水分を外へ逃がさないバリア機能を持っています。
しかし乾燥すると潤い成分がなくなり、角質層が破壊されてしまいます。
結果、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

■肌の老化予防のための洗顔ポイント

・水の適温は体温に近い36℃~38℃
・洗顔料はしっかりと泡立てて使う
・すすぎは最低20回行う
・拭くときはガーゼのタオルなどで押さえるように拭く
・洗顔後は15分以内に保湿する

洗顔後の肌ケアの順番は、油分の少ない物から使っていきます。
化粧水→美容液→乳液→クリーム等の順番になります。



■目のくま解消法

目を「ギュッ」と閉じる「パッ」と開くを3秒間隔で5セット行います。
おでこを指で押さえながら、おでこの筋肉を動かさないように目だけを大きく開けます。

■肌の老化を早める酸化と糖化

●酸化(肌の老化を早める原因)
酸化とは皮膚が金属のように錆びてしまうことです。
体に取り入れた酸素は、一部が活性酸素に変化します。
活性酸素とは、健康な細胞を攻撃して劣化させてしまいます。
過剰に発生するとシワやシミだけではなく、癌などを引き起こす可能性もあります。
酸化の主な原因は、紫外線、パソコンやスマホなどの電磁波、アルコール、タバコ、ストレスなど日常生活に潜んでいます。

●糖化(肌の老化を早める原因)
糖化とは、糖とタンパク質が結合して変性したタンパク質の「AGEs」が出来る反応のことをいいます。
こんがり焼いたパンも糖化で、つまり焦げた状態になります。
糖を摂取し過ぎると、タンパク質と結合してAGEsという物質が出来ます。
これが細胞にダメージを与え、肌のくすみや弾力低下などを引き起こすといわれています。
糖化の主な原因は糖の過剰摂取です。
炭水化物や果物などの食べ過ぎは要注意です。
さらにこんがり焼いた物や高温で調理した物は、それ自体が糖化していてAGEsが多く含まれています。
糖化は老化に大きく関わっているといわれています。

■糖化と病気

糖化は全身の病気にも関係してきます。
血管だと動脈硬化、脳ではアルツハイマー病などの危険が高まるといわれています。
AGEsは血糖値の急上昇で出来やすいといわれています。

●血糖値の急上昇を防ぐポイント
・炭水化物や糖を取り過ぎない
・野菜から食べる
・運動して糖を消費する

■乾燥肌改善ポイント!かゆみと乾燥肌、病気によるかゆみ、肌のターンオーバーを整える

■紫外線対策!紫外線予防法、日焼け止め、PA、SPF

■ホットタオルで美肌!ヒートショックプロテインと美肌、肌とコラーゲンの関係、ビタミンCで老化予防

■冬のスキンケア!肌の水分を上手に保ってかゆみを予防、肌にやさしい入浴法

■肌のシワ!日焼け止めでシワ予防、シワを目立たなくする化粧法、弾性線維がシワの原因