痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

下肢静脈瘤の治療法!足のむくみ、だるさ

  • HOME »
  • 下肢静脈瘤の治療法!足のむくみ、だるさ
下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は良性の疾患ですが、不快な症状で生活の質を落とす場合に治療を検討します。弾性ストッキングによる圧迫療法が基本ですが、足のむくみやだるさひどい場合は手術検討します。

スポンサーリンク


■下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)について

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)とは、足の静脈に血液が溜まって血管が曲がりくねったりコブのように膨れ上がったりした状態をいいます。
酸素や栄養分が使われた後の血液が、足から心臓に向かって流れている血管を静脈といいます。
足の静脈は大きく2つに分かれ、筋肉を覆う膜である筋膜(きんまく)の中の深部を通っている静脈と、筋膜の表面を通る静脈があります。
下肢静脈瘤は筋膜の表面を通る静脈で異常が起こります。

静脈は弁構造をもっていて、血液の逆流を防いでいます。
このため血液は静脈の中を心臓に向かって一方通行で流れています。
しかし下肢静脈瘤になると何らかの原因でこの静脈弁が壊れてしまいます。
壊れてきちんと弁が閉まらないと、立っている状態で血液が逆流して静脈の圧が上昇し、静脈が拡張して曲がりくねってしまいコブとなってしまいます。
このため血液が足に溜まって足がうっ血を起こし、足のむくみやだるさの症状が起こってきます。

■下肢静脈瘤のタイプ

ヒザから下の部分にかけて血管が浮き上がり、ボコボコとコブのようなものができるのが下肢静脈瘤の典型的なタイプです。
うっ血はそれほど強くなく、足の表面に赤や青色をした細かな血管が不規則に存在するタイプもあります。
下肢静脈瘤が進行すると、色素沈着が起きたり潰瘍が出来たりもします。
下肢静脈瘤は良性の病気で、命に関わったり足の切断となる病気ではありません。
しかし生活に不便が生じることが問題になります。
下肢静脈瘤の症状は見た目に比例するものではなく、コブが多くできていても無症状の人もいれば、表面上コブは見あたらないのに症状が強く出る人もいます。

■下肢静脈瘤の症状

・足がだるい・重い
・足の痛み
・足のむくみ
・夜間のこむら返り

■下肢静脈瘤を起こしやすい人

・女性
・妊娠や出産の経験者
・長時間の立ち仕事をしている人
・高齢者
・家族歴がある人

スポンサーリンク

■下肢静脈瘤の受診先

血管外科、外科、皮膚科、形成外科

■下肢静脈瘤の治療法

不快な症状があり辛い場合、どうしても外見が気になる場合に治療を行います。

●圧迫療法(下肢静脈瘤の治療)
・弾性ストッキング
・弾性包帯 下肢静脈瘤の治療の基本は圧迫療法になります。

足に適度な圧力を与えます。
弾性ストッキングを履くことで静脈瘤による足のうっ血が取れるので、下肢静脈瘤の症状がある人は快適に過ごすことができます。
立っているときは弾性ストッキングなどを履く必要がありますが、横になれば足にうっ血を起こさないので寝るときはははじしても良いです。

●手術療法(下肢静脈瘤の治療)
根本的に下肢静脈瘤を治したい人は手術療法を検討します。
特にうっ血の症状が強い人、皮膚に変化が起きている人、潰瘍が起きている人は手術療法を検討します。
静脈は多くあり、深部の静脈が正常に機能していれば焼いたり取ってしまっても大丈夫です。

・抜去術
弁不全を起こしている静脈を引き抜いてしまいます。

・レーザー高周波による手術
広がった血管の中にカテーテルを通してレーザーや高周波で焼きます。

・硬化療法
小さな静脈が残った場合に、補助として静脈を固める薬を注入します。

■下肢静脈瘤の名医(2014年12月時点)

国際医療福祉大学 教授 血管外科
宮田 哲郎(みやた てつろう)先生
下肢静脈瘤をはじめとした様々な血管の病気の診断と治療のエキスパートです。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.