血管若返り、動脈硬化予防のポイントとしては、毎朝体重と血圧をはかり、野菜を先にたくさん食べることです。
血管の老化が進行すると動脈硬化により血管が硬くなり脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。
動脈硬化の原因としては運動不足、肥満、喫煙、高血圧、高血糖、脂質異常症などがあります。




■動脈硬化

動脈硬化の大きな原因の一つが血液を流れるコレステロールです。
コレステロールは細胞の材料になる大切な栄養素ですが、増え過ぎると血管の中で変化してしまいます。
血管の内側に出来た傷から血管の壁の中へと入ってしまいます。
こうして血管の壁にコレステロールが溜まっていくと、やがて血管が細くなり動脈硬化の状態になってしまいます。
動脈硬化になると血管が細くなるため、血液が固まってしまう血管が詰まってしまいます。
さらに血管の壁が弱くなると血管が破れる病気を引き起こすこともあります。

■動脈硬化の原因

・運動不足
・肥満
・喫煙
・高血圧
・高血糖
・脂質異常症

■高血圧が動脈硬化の原因

血圧が高いと血管の壁に圧力がかり、さらには血管が傷がつきます。
そのため血管の壁が厚くなり硬くなってしまいます。

■高血糖が動脈硬化の原因

血液中に糖が増えると糖が血管の壁を傷付けてしまいます。
そのため動脈硬化が進行してしまいます。

■脂質異常症が動脈硬化の原因

脂質異常症とは、血液中にコレステロールが多い状態をいいます。
コレステロールが血管の壁に溜まりやすい状態になり、動脈硬化が進行してしまいます。

●スタチンによる薬物療法
スタチンは肝臓に作用し、血液中のコレステロールの量を減らしてくれます。
コレステロールを減らして動脈硬化の悪化や脳梗塞・心筋梗塞の悪化を防いでくれます。
スタチンを使用すると脳卒中や心筋梗塞などのリスクが2~3割下がるといわれています。



■血管若返り・動脈硬化予防のポイント

・毎朝体重をはかる
・毎朝血圧をはかる
・野菜を先にたくさん食べる

■食事はまず野菜から食べるようにする

野菜の中には食物繊維やカリウムが多く含まれています。
塩分を摂り過ぎていると血液中にナトリウムが増えます。
するとその濃度を下げようとして水分が増え、その結果血圧が上昇します。
しかし野菜を多く摂ってカリウムが増えると、ナトリウムが多く排出されて血圧が下がります。
両手いっぱい程の野菜を10分間かけて食べます。

■血管の若返り方法!葉酸・ハチミツ・ポリフェノール・アディポネクチンで血管の若返り

■チョコレートのエピカテキンや有酸素運動で血管若返り!ストレッチやウォーキングで血管若返り

■長寿ホルモンで若返り!内臓脂肪を減らしてアディポネクチンを増やす

■アディポネクチンで血管若返り!青魚や赤ワインで老化予防、炎症性サイトカイン

■血管の老化と動脈硬化!血管を若返らせる体操・ポイント、血管年齢、PWV検査

■血液と血管の健康!脂肪処理能力、動脈硬化、腹式呼吸で血管をしなやかにする

■チョコレートの健康効果!チョコレートで傷が早く治る、血圧低下、整腸作用

■アディポネクチン・ウオーキングで糖尿病・糖尿病予備軍の予防改善!ブドウ糖負荷試験

■若返り!正しい姿勢、骨を丈夫にする、スロートレーニング、リンゴポリフェノール

■血管の老化と動脈硬化!血管を若返らせる体操・ポイント、血管年齢、PWV検査