緑内障は初期では自覚症状がほとんどなく進行しないと気付きません。
40歳を過ぎたら緑内障の検査を年1回受けるようにしましょう。




■緑内障(りょくないしょう)について

緑内障は40歳以上の日本人成人の5%、20人に1人がかかっていると推定されています。
特に50代・60代・70代と歳を重ねるごとに緑内障が増加しています。

目の中は眼圧というものがあります。 目には房水(ぼうすい)という部分で水が出来て溜まっていて、偶角(ぐうかく)というところから少し出てきています。
水が出来る房水と水が出て行く偶角のバランスで眼圧が保たれています。
緑内障になると出て行く部分が少なくなって眼圧が上昇し、それにより目の後ろにある神経が圧迫されます。
すると神経が障害されて緑内障を発症し、視野の欠損などの症状が現れます。

■緑内障の発見が遅れる原因

左右の視野の欠損があっても、小さいと脳がイメージで補ったり、見えている方の目で視野の欠損を補ってしまうので、両目で見ると視野の欠けなくはっきりと見えてしまいます。
緑内障の初期では自覚症状がないので、分かったときには進行している場合が多いです。

■緑内障の眼圧上昇のタイプ

・偶角が閉じて緑内障を発症
・偶角部分が目詰まりを起こして緑内障を発症
・偶角も房水も正常で緑内障を発症

眼圧は目全体にかかりますが、神経の部分が弱くなっていると正常な眼圧でも構造の弱い神経が障害されてしまします。

■目の病気で緑内障を発症

ブドウ膜炎、糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)などの目の病気でも眼圧が上昇して緑内障を発症します。

■薬で緑内障を発症

ステロイド薬の点眼をしていると眼圧が上昇して緑内障を発症することがあります。



■緑内障の進行した時の自覚症状

・読書が困難になる
・文字が上手く書けない
・自動車の運転が困難になる

■緑内障の検査

・眼圧検査
・眼底検査
・視野検査

■緑内障の治療法

緑内障の治療は、眼圧を下げることが主な治療法になります。
多くは点眼薬で治療できます。

●点眼薬(緑内障の治療法)
・プロスタグランジン関連薬(房水が流れやすくなります)
・β遮断薬(房水が作られにくくなります)
・炭酸脱水酵素阻害薬(房水が作られにくくなります)

●薬の副作用
・目がしみる
・目のかゆみ
・充血
・息苦しさ

●レーザー治療(緑内障の治療法)
偶角が閉じている場合、前の方からレーザーを当てて偶角を広げて房水の流れを変えます。

■緑内障の名医(2014年11月時点)

岐阜大学 教授 眼科
山本 哲也(やまもと てつや)先生
眼科で主に緑内障の診断と治療のエキスパートです。

■眼の病気!白内障、網膜剥離、飛蚊症、糖尿病網膜症、緑内障、老眼

■緑内障!眼底検査・OCT検査で緑内障の早期発見、チューブシャトン手術 目の痛み・病気対策

■緑内障(りょくないしょう)症状、原因、治療法、検査法、緑内障チェック法

■緑内障!目の衰え異常を早期発見、フィリングイン、フリッカーテスト

■緑内障について!眼科検査で早期発見し治療することが大切