歯の黄ばみ原因としては、飲食やくいしばりなどにより歯のエナメル質が削れるため、歯の表面に色素が付くことによる歯の黄ばみ、歯の中に色素が染み込むことによる歯の黄ばみなどがあります。
PMCTは歯のエナメル質の表面についた黄ばみをクリーニングする改善法。
コンポジットレジンによる歯の治療は、合成樹脂が虫歯や欠けた歯などを1日で治してくれます。
再生材料で歯周組織を元の状態に戻すことが可能です。




■大人の歯の悩み

・歯周病
・虫歯
・歯の黄ばみ

■歯の黄ばみの原因

・エナメル質が削れる
・着色
・変色

食べ物や飲み物の色素は、歯の表面に付着します。
歯の表面には無数の溝があり、口にする物によっては色素が染み込んでしまいます。
赤ワインや紅茶が好きな人は、歯の着色に要注意です。
飲食した後は、ブラッシングや口をゆすいだりするなど適切な対応をすれば心配ありません。

●エナメル質が削れることが歯の黄ばみの原因
歯は3層構造になっていてます。
歯の表面には白く透き通るエナメル質があり、その下に黄色い象牙質があり、そして神経があります。
エナメル質は、長年の食事や歯ぎしり、くいしばりなどによって削れてしまいます。
すると黄色い象牙質の色が目立つようになり、歯の黄ばんで見えるようになります。

●着色が歯の黄ばみの原因
歯の表面に色素が付くことで歯の黄ばんで見えるようになります。

●変色が歯の黄ばみの原因
歯の中に色素が染み込むことで歯の黄ばんで見えるようになります。

■PMCTで歯のクリーニング

PMCTとは、歯のエナメル質の表面についた黄ばみをクリーニングするものです。
PMCTでの歯のクリーニングでは、まず粗い粒子の研磨剤で磨くことから始めます。
その後様々な器具を使って歯の表面の汚れを取り除きます。
PMCTはもともと虫歯と歯周病予防のための歯のクリーニングですが、歯の汚れ落としにも効果的です。



■ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯の表面を磨くだけでは取れない歯の内部の変色を、薬品を使って漂白する方法です。

■二次虫歯

二次虫歯とは、以前治療した虫歯が再発する虫歯をいいます。

■間食は虫歯になりやすい

食事をすると虫歯菌が糖分を分解して酸化し、歯の表面のエナメル質が一度溶けてしまいます。
それでも唾液で口の中が中性に戻ると、溶かされたエナメル質は修復します。
これを再石灰化(さいせっかいか)といいます。
歯は再石灰化によって丈夫さを保っています。
しかし間食の回数が多いと酸化の数も増加し、エナメル質が常に溶けた状態になってしまいます。
再石灰化が進まないと虫歯につながってしまいます。

■コンポジットレジンによる歯の治療法

コンポジットレジンによる歯の治療では、細いチューブから出る合成樹脂が虫歯であいた穴や欠けた歯などをすぐに治してくれます。
コンポジットレジンを使えば、普通なら数週間かかる虫歯もわずか1日できれいに治すことができます。
接着剤の成分で歯の表面を1ミクロンぐらい溶かしながら歯の中へ浸透して固まるので、しっかり歯と結合します。
コンポジットレジンは、1本数千円から保険適応外で1万5000円以上かかります。

■抜けた歯の治療法

・入れ歯
 ときどき取り外して手入れをする必要があります。

・ブリッジ
 取り外さなくて済みますが、両側の歯を削る必要があります。

・インプラント
 歯を削らず埋め込む方法ですが、手術が必要で費用が一番かかります。
 また大きな病気をしていないことが大切になります。

■再生材料による歯科治療

歯の下にある歯茎を支える骨が歯周病などでなくなると歯が抜けてしまいます。
しかし再生材料を使うことで歯周組織を元の状態に戻します。
ブタのタンパク質から作った再生材料を患部に注入することで、歯を支えるための骨が再生します。

■最新虫歯治療!ドックベストセメント治療、カリソルブ治療

■虫歯予防!外歯瘻、歯髄、舌癌、ホワイトスポット、唾液の虫歯予防効果

■虫歯予防!歯垢、ミュータンス菌、フッ素とキシリトールで予防

■歯周病!正しい歯磨きの仕方、歯周病の治療と予防