ハムストリングスの柔軟性がなくなると腰痛や股関節痛の原因になります。
僧帽筋と肩甲挙筋の柔軟性がなくなると肩こりの原因になります。




■柔軟性と健康

人は筋肉を伸ばしたり縮めたりして動作を行いますが、柔軟性を失うと筋肉は硬く縮こまってしまいます。
それにより関節を動かせる範囲も狭くなっています。
柔軟性がなくなる最大の原因は運動不足です。
デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることも要因となっています。
柔軟性のある筋肉は血流が良くこりがないのに対し、柔軟性がなくなり硬くなると血管が圧迫されて血流が悪くなりこりの原因になります。
身体の柔軟性がなくなってくると、肩こり、腰痛、転倒、疲労など様々な弊害を引き起こす可能性が高くなります。

■ハムストリングス

ハムストリングスとは、もも裏の筋肉のことをいいます。
ハムストリングスの柔軟性がなくなると腰痛や股関節痛の原因になります。
この柔軟性がなくなると歩幅が狭くなり腕の振りも小さくなってきてしまいます。
そのため前屈みに歩いてしまうため猫背の姿勢になりがちです。
さらに長い距離を歩くと疲労度が高くなってしまいます。

■僧帽筋(そうぼうきん)と肩甲挙筋(けんこうきょきん)

僧帽筋(そうぼうきん)とは、肩甲骨(けんこうこつ)を維持する筋肉をいいます。
肩甲挙筋(けんこうきょきん)とは、肩甲骨(けんこうこつ)を持ち上げる筋肉をいいます。
僧帽筋と肩甲挙筋は肩こりに関する主な筋肉です。
肩甲挙筋は僧帽筋の内側にあるため、一度硬くなるとほぐしにくくなります。

■柔軟性がなくなると起こるデメリット

・肩こり
・腰痛
・転倒
・疲労感
・太りやすくなる

柔軟性がなくなると筋肉の働きが偏り、代謝が落ちて太りやすくなります。



■腰痛・転倒予防ストレッチ

イスを支えにしてしゃがみ、左足のヒザを床に付けて右足を前に出します。
右ももの裏が伸ばされるまで左足とお尻を後ろにずらしていきます。
このとき前屈みになり、背中からもものラインが一直線になるようにします。
そして右足はつま先を軽く立てます。
ももの裏を意識して行います。
間違った姿勢で行うと、腰やヒザを傷めてしまう原因になるので注意しましょう。
この状態で30秒キープします。 これを左右3セットずつ行います。

■肩こり・猫背予防ストレッチ

ヒジを約90度に曲げ、背後で時計回りに回します。
この状態で10秒キープします。
続いて手を替えて反時計回りに回します。
この状態で10秒キープします。
これを5セット行います。
身体が傾いたりヒジを曲げ過ぎると、実際は肩甲骨が回っていないので要注意です。

■首周りの筋肉が原因の首の痛み予防改善法!筋肉のコリを改善!

■首の痛み予防改善ポイント!首を動かさずに肩を大きく回す!

■肩こり解消法!僧帽筋や広背筋をストレッチして肩こり予防

■ストレッチとウォーキングで体の歪みを改善!体の歪み治してダイエット

■肩こり解消ストレッチ!痛みのメカニズム、頭痛と肩こり

■ひざの痛み予防法!ひざの痛み予防ストレッチ・トレーニング 膝の痛み・病気対策

■肩こり解消法!肩こりは肩甲骨の傾きが原因、超短波治療器、僧帽筋の働き

■五十肩と腱板断裂の違い!肩こり・五十肩・腱板断裂の解消ストレッチ

■チョコレートのエピカテキンや有酸素運動で血管若返り!ストレッチやウォーキングで血管若返り

■ふくらはぎを揉んで肩こり解消、枕で肩こり解消!玄関マットとタオルケットで肩こり予防枕

■首の痛みについて!頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、後縦靭帯骨化症、ストレスや筋肉疲労が原因

■ストレッチで睡眠改善!抗重力筋、首・肩・手・足・大幹のストレッチ