食後高血糖は健康診断の空腹時の血糖値は正常ですが食後に異常に高くなる症状をいいます。
食後高血糖・隠れ糖尿病の原因は早食いなどの食生活にあります。
食後高血糖・隠れ糖尿病の予防のためには、よく噛んで食べる、食物繊維を摂ることなどが大切になります。



■糖尿病

糖尿病は、糖尿病予備軍を含めて成人のおよそ4人に1人がかかるとも言われている国民病ともいう病気です。
女性が糖尿病になる割合は男性とほぼ一緒です。
たとえ痩せていたとしても糖尿病になる危険性があります。
20代の時と比較して10kg以上太った経験があると、糖尿病の危険性があります。
一度太ってしまうと、その後痩せても糖尿病になりやすい体質は変わらないといわれています。

■隠れ糖尿病

一般的な検診で正常と言われる人の中には、食後高血糖といわれる人が多く隠れています。

■食後高血糖(しょくごこうけっとう)

食後高血糖(しょくごこうけっとう)とは、食事後の血糖値が急激に高くなる症状をいいます。
食後高血糖は普通の健康診断で行う空腹時血糖では見つけることはできないため、見逃されてしまう危険性があります。
一般的な健康診断では、空腹時の血糖値によって糖尿病の可能性を判断します。
しかし食後高血糖の場合、空腹時の血糖値は正常ですが、食後だけ異常に高くなります。
そのため健康診断では見つけにくいことがあります。
食後高血糖を隠れ糖尿病ともいいます。

■食後高血糖の人は糖尿病患者と同じ心筋梗塞リスクがある

食後高血糖の人の心筋梗塞や脳梗塞での死亡リスクは、一般的な糖尿病を発症している人の死亡リスクと変わらないといわれています。
食後高血糖は、食事をする度に血糖値が急上昇して血管を傷付けてしまい、動脈硬化が促進されて心筋梗塞や脳卒中を引き起こしてしまう危険性があります。

■早食いが食後高血糖の原因

早食いをすると急激に血糖値が上昇するため食後高血糖を招き、隠れ糖尿病になりやすくなってしまいます。
食後高血糖の原因は他にも、どか食い、ながら食い、気兼ね食い、ストレス食い、食事を抜く、夜間の大食いなどもあります。
これらの食生活でも血糖値が上がりやすくなってしまいます。

■食後高血糖・隠れ糖尿病の予防法

・よく噛んで食べる
・食物繊維を摂る

野菜・海藻・キノコ・コンニャクのような繊維のものを多く摂ると、血糖値の急上昇を抑えてくれます。
またベジファーストといわれるように、繊維のものから良く噛んで食べると食後高血糖・隠れ糖尿病の予防につながります。
まず血糖値の上がりにくい食物繊維から食べて、次にタンパク質、最後に血糖値が上がりやすい炭水化物の順に食べることで、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

■アディポネクチン・ウオーキングで糖尿病・糖尿病予備軍の予防改善!ブドウ糖負荷試験

■エノキダケで糖尿病を改善!運動と食事で内臓脂肪を減らして糖尿病を予防

■糖尿病による合併症の治療法!網膜症、腎症、神経障害、動脈硬化

■糖尿病(とうにょうびょう)!糖尿病による手足のしびれ、手足の感染に要注意

■糖化(とうか)が老化や病気の原因に!糖化物質AGE、病気・老化予防

■糖尿病について!糖尿病の治療、血糖値、インスリン、ブドウ糖、HbA1c

■糖尿病の予防、食事療法と運動療法で糖尿病を改善、糖質制限食などについて

■糖尿病予防!海藻類や大豆製品に含まれるマグネシウムで糖尿病のリスクを低下

■糖質中毒!糖質が老化を早める、糖尿病や高脂血症の原因に

■糖尿病、バセドウ病!甲状腺ホルモンと血糖値、二次性糖尿病!