これまで血管は一度老化してしまうと戻らないといわれていましたが、最近の研究では血管は何歳になっても若返り柔らかくなっていく可能性があると考えられています。
葉酸には動脈硬化を促進するホモシステインを減らす効果があります。
ハチミツには血管に良いとされるコリンとカリウムという物質が含まれ、動脈硬化・高血圧予防の効果もあります。
ポリフェノールには強力な抗酸化作用があり、血管を老化させる活性酸素を予防する効果があります。
アディポネクチンには動脈硬化を修繕して血管を若返らせる効果があります。
足踏み運動で内臓脂肪を減らしアディポネクチンを増やして血管の若返りが期待できます。




■葉酸で血管の若返り

葉酸(ようさん)はビタミンB郡の一種で、貧血予防や胎児への栄養補給のために妊婦に摂取がすすめられることの多い栄養素です。
葉酸を摂ると、血管に有害なホモシステインが減ります。
ホモシステインとは血液中に含まれるアミノ酸の一種です。
ホモシステインが増え過ぎてしまうと、コレステロールと共に血管の壁に入り込み動脈硬化を促進してしまいます。
その結果、高血圧や動脈硬化を起こして心筋梗塞や脳梗塞を招いてしまいます。
血管は元々自分自身で壊れた所を治して若返る力があります。
そのため血管を壊していくホモシステインが減れば血管は若返っていきます。
葉酸を積極的に摂ることでホモシステインが減り、血管が本来もっている再生力で自然と血管が若返っていきます。

●葉酸を多く含む食材
葉酸は緑の野菜に多く含まれています。
ホウレンソウ、ブロッコリー、小松菜、アスパラガス、ニラ、枝豆、緑茶、焼き海苔
ホウレンソウ(茹で)100g  :110μg
ブロッコリー(茹で)100g  :120μg
緑茶(玉露)100cc      :150μg
焼き海苔 1枚(25cm×20cm) :57μg
枝豆(茹で)100g :260μg

●緑茶で血管の若返り
緑茶100ccの中には、100gの茹でたホウレンソウよりも多くの葉酸が含まれています。

●焼き海苔で血管の若返り
焼き海苔は葉酸をとても効率良く摂れる食品です。
焼き海苔2枚で100gの茹でたホウレンソウより多くの葉酸を摂ることができます。

■ハチミツで血管の若返り、動脈硬化・高血圧予防

ハチミツには血管に良いとされるコリンとカリウムという物質が含まれています。
コリンには、血管を拡張させて血圧を下げたり、血管の壁にコレステロールが入り込むのを防ぐ働きがあり、動脈硬化の予防効果があります。
カリウムには、余分な塩分を体外に排出して血圧を下げる効果があります。
つまりハチミツには動脈硬化と高血圧を同時に予防する効果があるため、血管若返りに有効な食品と考えられています。



■適量の赤ワインで血管の若返り

赤ワインに含まれるポリフェノールという成分が血管の老化を防いでくれます。
ポリフェノールとは、野菜や果物に含まれる色素や苦味の成分です。
強力な抗酸化作用があり、血管を老化させる活性酸素を封じ込めて無害化するといわれています。
ポリフェノールの量が多いほど血管の若返りが期待できます。
赤ワインは1日にグラス2杯程度が目安になります。
ポリフェノールはワインの他にも、コーヒー、ブルーベリー、大豆などにも多く含まれています。

■オリーブオイルで血管の若返り

オリーブオイルには、動脈硬化を防ぐオレイン酸や抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。
オリーブオイルは、搾りたてのエキストラバージンオイルの方がポリフェノールが多く含まれているそうです。

■アディポネクチンで血管の若返り

アディポネクチンには、インスリンの働きを良くして糖尿病を予防したり、脂肪の代謝を促進してメタボを改善したり、動脈硬化を修繕して血管を若返らせる効果があります。
アディポネクチンは内臓脂肪の量によって分泌量が変わるという性質があります。
アディポネクチンは内臓脂肪の量を減らせば増えてきます。

●有酸素運動と食生活の改善で血管の若返り
有酸素運動と食生活の改善で内臓脂肪を減らせば、アディポネクチンをがえて血管を若返らせることができます。
また筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせるとアディポネクチンがより効果的に内臓脂肪を減らすことができます。
まず筋力トレーニングをして脂肪を分解し、その脂肪を有酸素運動で消費することで効果的に内臓脂肪を減らすことができます。

●アディポネクチンを増やす食材
・大豆製品
・青魚
・野菜や海藻

●納豆で血管の若返り
納豆にはアディポネクチンを増やすといわれるβコングリシニンが豊富に含まれています。

●青魚で血管の若返り
青魚に多く含まれるEPAには、アディポネクチンを減らす原因である脂肪細胞の炎症を抑える働きがあります。

■トマトで血管の若返り

トマトの中にはオスモチンという食物タンパク質があります。
オスモチンはアディポネクチンと構造が似ていて、アディポネクチンと同じ作用があると考えられています。

●オスモチンが含まれる食材
トマト、ピーマン、ナス、リンゴ、バナナ、キウイなど

■足踏み運動で血管の若返り

普段の生活の中で足踏みをしながら家事などを行います。
実は足踏みには、ウォーキングの約8割もの運動強度があります。
しかも座って行っても、背中や腰の奥にあるインナーマッスルを多く使うため、立って行うときと変わらない運動強度があります。
ポイントは足をしっかり上げることです。
立って足踏みを行うときは、太ももが90度になるくらい上げます。
座って足踏みを行うときは、足裏が床から10cmほど上がると効果的です。
つま先を床に付けたままカカトを上げるだけでもある程度の効果があります。
1日でトータル30分程度行うと良いそうです。
また入浴中の湯船で、バタ足のように足を上下に動かすことでも効果があります。

■チョコレートのエピカテキンや有酸素運動で血管若返り!ストレッチやウォーキングで血管若返り

■長寿ホルモンで若返り!内臓脂肪を減らしてアディポネクチンを増やす

■アディポネクチンで血管若返り!青魚や赤ワインで老化予防、炎症性サイトカイン

■血管の老化と動脈硬化!血管を若返らせる体操・ポイント、血管年齢、PWV検査

■血液と血管の健康!脂肪処理能力、動脈硬化、腹式呼吸で血管をしなやかにする

■チョコレートの健康効果!チョコレートで傷が早く治る、血圧低下、整腸作用

■アディポネクチン・ウオーキングで糖尿病・糖尿病予備軍の予防改善!ブドウ糖負荷試験

■若返り!正しい姿勢、骨を丈夫にする、スロートレーニング、リンゴポリフェノール

■血管の老化と動脈硬化!血管を若返らせる体操・ポイント、血管年齢、PWV検査