身体から出るニオイは身体の中の健康をはかるサインにもなります。
糖尿病は甘い臭い、胃腸の病気では腐った卵のような臭い、腎臓病ではドブやカビのような臭い、肺・大腸の病気では生臭い臭いがします。



■ワキ臭と耳垢の関係

ワキ臭の原因は、ワキに存在するアポクリン腺という汗腺が原因でワキ臭が発生します。
耳の中にはワキにあるアポクリン腺の類似している汗腺があります。
耳の中には普通の汗腺はないので、耳垢が湿るのはアポクリン腺がある証拠になります。
ワキ臭はフェロモンの名残で、私達は無意識のうちにワキ臭で異性を選んでいると考えられています。
パートナーと身体の遺伝子が遠いほど、病気に強く免疫力のある子供が生まれるため、自分の身体と遠いニオイ(遺伝)の人を無意識のうちに選んでいると考えられています。

■頭臭について

頭臭とは頭から発生する古くなった脂のニオイで、皮脂に含まれる成分が分解されて発生します。
頭には皮脂腺が多くあります。
1日に何度も洗髪するなどして洗い過ぎると、ニオイの原因である皮脂が大量に分泌されてしまいます。

●髪の毛からの頭臭
髪の毛は頭皮からの皮脂のニオイと周囲のニオイを吸い取り、濃縮して再度発散してしまいます。
シャンプー後のドライヤーなどで傷付いた部分に、様々なニオイが引っ付いて頭臭となってしまいます。
髪の毛は本来クシなどでとかすとニオイやホコリを落とすことができますが、髪の毛自体が傷んでいると隙間からニオイが吸収されやすくなり頭臭を発生してしまいます。

●粗塩で頭臭予防
塩で洗うことで皮脂を適度に残しながら垢やホコリなどを落とす作用があります。
天然の粗塩には消臭機能を持つミネラルが含まれているので頭臭予防になります。

ぬるま湯で髪や頭皮を洗い流した後、洗面器に粗塩を小さじ1~2杯入れて作った塩水を頭皮に染み込ませるようにかけ、軽く洗い流します。
最後に熱めのお湯で髪を洗い流します。
粗塩洗髪は、3日に1回程度がおすすめだそうです。



■足臭

誠実な人は人前で気を使おうとして緊張し、ストレスが溜まって自律神経が乱れてしまいます。
自律神経が乱れると発汗して足が蒸れてしまい、雑菌が発生・繁殖し足臭となります。

■アンモニア臭

アンモニア臭は人間が活動すると絶えず発生しています。
アンモニアは人体に取って有害なため、肝臓で無害・無臭化しています。
しかし疲労などで肝臓の機能が低下してくると、血中のアンモニア濃度が増えて汗となりアンモニア臭がしてしまいます。

■シジミでアンモニア臭予防

シジミに含まれるオルニチンには、肝機能を助けてアンモニアの代謝を良くする働きがあります。

■体臭と病気の関係

・糖尿病:甘い臭い
・胃腸の病気:腐った卵のような臭い
・腎臓病:ドブやカビのような臭い
・肺・大腸の病気:生臭い臭い

身体から出るニオイは、代謝にける最終産物になります。
つまりニオイは身体の中の健康をはかるサインにもなります。

■中年臭

エアコンの効いたところにいると汗をかく汗腺の機能が弱くなり、中年臭の元となる乳酸が発生してしまいます。
乳酸が細菌を分解するとジアセチルになり、中高年の男性から出ると他人を不快にさせます。
中高年になるとそれが口から上の頭などから出やすくなります。
中年臭を抑えるには、日頃から良い汗をかくことになります。

■加齢臭

加齢臭は、50~60歳までの男性に強く出ますが、70歳ぐらいになると脂がでなくなるので弱くなっていきます。
逆に女性は年齢と共に女性ホルモンが低下してくるので、男性ホルモンが優位になり加齢臭が強くなり、その後も一生加齢臭が続いていきます。

■大豆製品で加齢臭対策

大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモン似た作用があるので加齢臭予防につながります。
さらにイソフラボンには抗酸化作用があり、加齢臭の原因である皮脂腺の酸化を抑える効果があります。

■体臭・ニオイの名医(2014年8月時点)

五味クリニック 院長
五味 常明(ごみ つねあき)先生
ニオイに悩む患者を数多く治療してきたニオイのスペシャリストです。

■体臭・ニオイ対策!汗臭・加齢臭・中年臭・疲労臭・口臭

■体臭いついて!疲労臭、皮脂の酸化、緊張性発汗、加齢臭!体の痛み病気対策

■汗の臭い予防対策!洗濯物の臭い・室内干しの臭い・加齢臭の予防対策

■疲労を溜めない方法!疲労のタイプを知ってを疲れ軽減、イミダペプチド健康効果

■冬の嫌なニオイ対策!ブーツのニオイ対策、口のニオイ対策、加齢臭対策、ミドル脂臭

■口臭予防法!口臭は病気のサイン、砂糖で口臭予防、ドライマウス

■オナラ解消!ヨーグルトでオナラ解消、便秘解消でオナラの臭いを解消、大腸憩室