四肢末端型冷え性は手足の先が冷える冷え性。
内蔵型冷え性はお腹を中心にして身体が冷える冷え性。
下半身型冷え性は下半身が冷える冷え性。
下半身型冷え性は老化や悪い姿勢で梨状筋(りじょうきん)が硬くなることが原因で起こります。
軟式野球のボールで梨状筋(りじょうきん)のツボをマッサージすることで下半身型冷え性を改善できます。




■冷え性について

冷え性にはタイプがあり、代表的な冷え性には、四肢末端型冷え性、内蔵型冷え性、下半身型冷え性があります。
四肢末端型冷え性は、手足の先が冷える冷え性です。
内蔵型冷え性は、お腹を中心にして身体が冷える冷え性です。
下半身型冷え性は、下半身が冷える冷え性です。

●内蔵型冷え性
内蔵型冷え性とは、体質や慢性的なストレスによって交感神経の働きが弱くなることで起きる冷え性です。
本来身体は寒いと感じたときに交感神経が血管を収縮させ熱を閉じ込めます。
しかし交感神経の働きが弱いため、血管が拡張してしまい熱が逃げてしまいます。
その結果、身体の中心部にあるお腹が冷えてしまいます。

●下半身型冷え性
下半身型冷え性とは、下半身の血流が減ることで足の末端へ熱がこなくなり、足の先から腰にかけて冷えてしまうタイプの冷え性です。

下半身型冷え性になると、心臓から排出された温かい血液は下半身に向かいますが、足の血液の流れは悪くなっているため多くの温かい血液は上半身に集まってきてしまいます。
すると下半身は冷たいのに上半身ばかりが温かいという「冷えのぼせ」という状態に陥ってしまいます。

■夏の冷え性の悪循環

冷えのぼせで上半身が暑のでエアコンをつければ下半身は冷えてしまいます。
すると足先を温めようとしますが、それにより上半身が過剰に暑くなってしまいます。
そのため冷房を強くしますが、さらに下半身は冷えてしまいます。
これが下半身型冷え性の人の夏の冷え性の悪循環の原因です。
下半身型冷え性は女性だけではなく男性にも多くみられます。



■梨状筋(りじょうきん)の凝りが冷え性の原因になる

下半身型冷え性の原因となるのが梨状筋(りじょうきん)という筋肉が硬くなることです。
梨状筋(りじょうきん)はお尻の奥にある筋肉で、股関節を外側にしたり固定する役割を果たしています。
正常な梨状筋(りじょうきん)は軟らかいですが、様々な原因で硬くなります。
梨状筋(りじょうきん)が硬くなると座骨神経(ざこつしんけい)が圧迫されます。
座骨神経には足の血管の太さを調節する機能があるため、座骨神経が硬くなった梨状筋(りじょうきん)に挟まれ刺激されると足の動脈が収縮してしまいます。
その結果、温かい血液を足に上手く運ぶことができなくなり、足が冷えるようになってしまいます。

●老化が梨状筋が硬くなる原因
加齢や運動不足により筋肉の疲労が回復しにくくなってきます。
若いときは一晩寝れば軟らかくなって元に戻りますが、年をとるといったん硬くなった筋肉はなかなか元に戻らなくなってきます。
筋肉の凝りが慢性的に続いてくると硬いままになってしまい、冷えの原因になってしまいます。

●前方や後方への必要以上の傾きが梨状筋が硬くなる原因
前方や後方へ必要以上に傾く姿勢は梨状筋に悪影響を及ぼします。
正しい姿勢のとき梨状筋は大きな負担はかかっていませんが、前傾姿勢になると上半身につられて梨状筋が引っ張られて常に大きな負担がかかり続けます。
後方に反り返るときも同じで、足の方に引っ張られることで梨状筋は緊張した状態が続き硬く変化してしまいます。

■梨状筋の硬さチェック

イスに腰掛けます。
足首を反対側の足のヒザの上に乗せます。
前傾姿勢になりヒジでヒザを押します。
お尻に後ろが突っ張ったり痛みが出る人は、梨状筋が硬くなっている可能性があります。
同様に反対側も行います。

■ツボを刺激して梨状筋を軟らかくする

・臀中(でんちゅう)
 梨状筋の真ん中にあるツボです。

・環跳(かんちょう)
 足の付け根に近いツボです。

・胞肓(ほうこう)
 梨状筋のすぐ脇にあるツボです。

お尻にある梨状筋のツボをじっくり丁寧にほぐしてあげれば、梨状筋は軟らかさを取り戻して下半身型冷え性を改善できます。
ツボを見つけるときのポイントは、押したときの痛みです。
梨状筋が硬くなっていると、その部分の血流が低下して痛みの原因となる物質が発生します。
つまり押したときに痛みがでれば、その部分がツボになります。
自分の手で押しにくい場所、力を入れにくい場所では、軟式野球のボールを利用すると便利です。
軟式野球のボールを下に置き、その上に乗っかって自分の体重でツボを刺激します。

■ボールマッサージで下半身型冷え性改善

軟式野球のボールを用意します。
仰向けに寝た状態でヒザを立てます。
軟式野球のボールをお尻の下に入れ、尾てい骨から足の付け根まで痛みのある場所を探します。
ツボが見つかったら腰を左右に軽く動かしてマッサージします。
目安は一つのツボを30秒ほどになります。

■冷え性の名医(2014年7月時点)

北里大学東洋医学総合研究所 臨床准教授
伊藤 剛(いとう ごう)先生
西洋医学と東洋医学の見地から冷え性を研究し、数多くの冷え性患者を救ってきた冷え症の名医です。

■冷え性解消ストレッチ!下半身型・四肢末端型・内臓型冷え性、閉塞性動脈硬化症

■冬の入浴法!入浴で冷え性改善、手湯で冷え性解消、腰痛解消・ストレス解消入浴法

■冷え解消法!手足の運動、その場足踏み運動、腹筋・背筋の筋トレで冷えを解消

■冷え性改善!四肢末端型冷え性、下半身型冷え性、内臓型冷え性