痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

膀胱癌(ぼうこうがん)の治療法!血尿で早期発見

  • HOME »
  • 膀胱癌(ぼうこうがん)の治療法!血尿で早期発見
膀胱癌(ぼうこうがん)は早期に発見して治療をすることが大切です。膀胱癌の早期発見には無痛性の血尿に気付くことが大切です。喫煙は膀胱癌のリスクを2~4倍も高めてしまいます。




■膀胱癌(ぼうこうがん)について

膀胱癌(ぼうこうがん)は早期に発見すれば生存率は高いですが、進行すると膀胱を切除する危険性がある病気です。

そのため早期に発見することが大切になります。

■膀胱癌のサイン

・血尿
・排尿痛
・頻尿

●血尿が膀胱癌のサイン
膀胱癌は痛みを伴わない血尿がでることがあります。
膀胱癌の約8割は肉眼的な血尿で、目で見て血尿が出ていることが分かります。

膀胱(ぼうこう)は粘膜(ねんまく)・筋層(きんそう)・脂肪組織と3層に分かれています。

膀胱は尿が溜まることによって拡張します。

膀胱そのものは伸び縮みする能力をもっていますが、膀胱癌はそういう能力がないので引き伸ばされると出血が起こってきます。

●血尿が出るタイミング
癌が出来る場所が出口に近いと最初に血尿が強くなり、奥に出来ると後から血尿が強くなったりします。

膀胱癌が出来る場所によって血尿の出方が変わってきます。

●排尿痛・頻尿
排尿痛や頻尿は膀胱炎でも起こる症状なので、膀胱の治療でも改善しない場合は膀胱癌の危険性があります。

■血尿が出る病気

・尿路感染症(膀胱炎、尿道炎)
・尿路結石
・前立腺肥大症

血尿の約半数は良性のものですが、中には膀胱癌のような悪性のものもあるので注意が必要です。



■膀胱癌の検査

・尿細胞診
 尿中に癌細胞があるかどうかをチェックします。

・膀胱鏡
 膀胱の中に出来物が出来ていないかどうかを調べます。

・超音波(エコー)

■膀胱癌の治療法

膀胱癌の治療法は、癌が筋層に達していない早期の膀胱癌と筋層に達している進行癌で変わってきます。

●早期の膀胱癌の治療法
・経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)
 内視鏡を尿道から入れて電気メスで切除します。

・膀胱内注入療法
 ・BCG(抗結核ワクチン)
 ・抗癌剤

●進行した膀胱癌の治療法
・膀胱全摘除術
・放射線療法
・全身化学療法(抗癌剤)

膀胱を全部切除した場合はストーマという尿を出すところを作っておき、そこにパウチという袋をおきます。

また一部小腸を使って膀胱を作り、そこで自然排尿型といって自分で尿を出すという治療を一部で行っています。
ただし適応に制限があります。

一部の施設では、経尿道的膀胱腫瘍切除術で出来る限り癌を取って、抗癌剤による治療と放射線による治療を併用することで膀胱を温存することも行われています。

■喫煙は膀胱癌のリスクを上げる

喫煙者は非喫煙者の2~4倍の膀胱癌の発症リスクがあるといわれています。
現在喫煙を止めている人でも、昔吸っていた量によって危険性が高まります。

■膀胱癌・泌尿器科の名医(2014年7月時点)

日本医科大学 教授 泌尿器癌
近藤 幸尋(こんどう ゆきひろ)先生
膀胱癌など泌尿器科の診断や治療のエキスパートです。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.