手根管症候群は親指から薬指にかけてしびれや痛みを感じる代表的な病気です。
手根管症候群の症状が出る親指から薬指の半分までの感覚は正中神経が司り、薬指の半分と小指に関しては尺骨神経という神経が司っています。




■手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)について

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)は手のしびれを起こす代表的な病気です。
手根管症候群は、親指から薬指にかけてしびれや痛みを感じるようになるのが特徴です。
初期には人差し指・中指に痛みやしびれを感じることが多いですが、中指と薬指から痛みやしびれが始まる人もいます。
最終的には、親指から薬指の半分までがしびれてしまいます。
また夜間に突然強い痛みやしびれが起こり、目を覚ましてしまうこともあります。
放置すると親指の付け根にある筋肉が衰えて、細かい物がつまめなくなってしまうこともあります。
手根管症候群の症状が進行すると、しびれや痛みの感覚が麻痺して弱まってしまうことがあります。
そのまま放置すると日常生活に支障がでてしまいます。

■正中神経(せいちゅうしんけい)と尺骨神経(しゃっこつしんけい)

手根管症候群の症状が出る親指から薬指の半分までの感覚は、正中神経(せいちゅうしんけい)という神経が司っています。
薬指の半分と小指に関しては、尺骨神経(しゃっこつしんけい)という神経が司っています。
手根管の中には腱(けん)が何本も通っています。
その周りにある膜が腫れることによって正中神経が圧迫してしまうため、親指から薬指にかけて痛みやしびれが起きてしまいます。

■手根管症候群の発症の原因

・妊娠・出産・更年期の女性
・手首の骨折
・手の使い過ぎ
・透析
・関節リウマチ

女性ホルモンの乱れによるむくみが関係していると考えられています。

■ファーレンテスト(手関節屈曲テスト)

ファーレンテスト(手関節屈曲テスト)では、手根管症候群の可能性があるかどうかをチェックします。
イスに座り両ヒジをテーブルの上に乗せます。
両手首を胸の前で下に折り曲げます(1分) 手根管症候群の可能性がある人は、10~20秒くらいで痛みやしびれが指先に出てきて強くなります。



■頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)によるしびれ

手根管症候群のしびれは、手の平側の指だけにでます。
もし手の甲側にしびれが出る場合は、首の神経の圧迫が関係して起こる頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)という病気の可能性があります。

■手根管症候群の治療法

・保存療法
・薬物療法
・手術療法

●保存療法による手根管症候群の治療
軽度の場合は保存療法になります。
手首を装具などで固定し、安静にして経過をみます。

●薬物療法による手根管症候群の治療
・消炎鎮痛薬
・ビタミンB12
  ビタミンB12には、神経を保護して再生させる働きがあります。
・ステロイド注射
  しびれや痛みの症状が強い場合は、ステロイドを手根管内に注射します。

●手術療法による手根管症候群の治療
しびれや痛みに耐えられない人、筋肉が痩せてきたり症状が進行して指の感覚がなくなってきた人には、手術を検討します。
靭帯を切って神経を圧迫から開放する手術を行います。
手の付け根を3~4cmほど切開して行います。
内視鏡を用いる手術法もあります。
合併症としては指の神経・腱・動脈などの損傷の可能性があります。

■手根管症候群、手・指の名医(2014年7月時点)

横浜労災病院 副院長 運動器センター長
三上 容司(みかみ ようじ)先生
整形外科、特に手や抹消神経の病気やケガの診断と治療のエキスパートです。

■変形性関節症の治療法!関節リウマチとの違い、ヘバーデン結節、ブシャール結節、母指CM関節症

■腱鞘炎の治療法!ばね指、ドケルバン病、強剛母指

■手と指のしびれと痛み!変形性関節症、腱鞘炎、手根管症候群

■手に症状が出る病気!頸椎症・肺癌・脳梗塞・手根管症候群・肘部管症候群による手の痛みやしびれ

■関節リウマチと変形性関節症!女性に多い自己免疫疾患、リウマチの初期・進行期・変形完成期

■手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)について!手のしびれ

■腱鞘炎(けんしょうえん)について!ばね指、ドケルバン病、症状や治療法

■関節リウマチの治療と予防法!関節リウマチの早期発見のポイント