腱鞘炎は腱と腱鞘の間に炎症が起きてしまう病気。
ばね指は指に起こる腱鞘炎です。
ドケルバン病は手首に症状が起こる腱鞘炎です。
強剛母指とは乳児がなる腱鞘炎の一種です。




■腱鞘炎(けんしょうえん)について

手の付け根の筋肉から指先まで、丈夫な紐状の組織の腱が伸びています。
それをカバーするように腱鞘(けんしょう)が覆っています。
腱鞘炎(けんしょうえん)は、腱(けん)と腱鞘(けんしょう)の間に炎症が起きてしまう病気です。
腱鞘は腱を守る役割と共に、腱が指の骨から離れないようにする働きをしています。
腱鞘炎になると、腱と腱鞘がこすれて炎症が起こり痛みが生じます。
特に直接腱を覆っている滑膜性腱鞘(かつまくせいけんしょう)というところに炎症が起きます。
さらに何度も炎症を起こしていると慢性化して腱鞘が膨らんでしまい、圧迫されてますます通りにくくなってしまいます。
腱鞘炎が疑われる場合は、整形外科を受診しましょう。

■腱鞘炎になりやすい人

・手の使い過ぎ
・出産後や更年期の女性
・糖尿病
・関節リウマチ
・透析

■腱鞘炎の種類

・ばね指
・ドケルバン病
・強剛母指(きょうごうぼし)

症状は手のどの部分に起きるかによって現れ方も違ってきます。
ばね指は指に症状が現れます。
ドケルバン病は手首に症状が現れます。
強剛母指(きょうごうぼし)は乳児などに起こります。

■ばね指(指に起こる腱鞘炎)

曲がった指を自力で無理に伸ばそうとすると、ばねのように急に伸びるのがばね指の特徴です。
指の付け根で炎症が起こって腱が腫れ、この時に痛みが生じて伸ばす時にひっかかるようになってしまいます。
ばね指は親指や中指に多く起こりますが、その他の指にも起こります。



■ドケルバン病(手首に起こる腱鞘炎)

ドケルバン病は、手首に症状が起こる病気です。
手首の親指側には、親指を反らしたり開いたりする際に働く腱が2本通っています。
この腱鞘に炎症が起こると、親指を動かすと手首の親指側に痛みが起こります。
ドケルバン病の人は拳を作って手首を小指側に曲げると、親指の付け根の痛みが強くなります。

■強剛母指(乳児に起こる腱鞘炎)

強剛母指(きょうごうぼし)とは乳児がなる腱鞘炎の一種で、乳児の頃から親指の第一関節が曲がったままで伸ばせないという病気です。
詳しくは分かっていませんが、親指を曲げる腱が太くなってトンネルの中に入らなくなり、親指が伸びなくなると考えられています。
強剛母指の場合、親指の付け根にしこりが出来るので、これを触ってみると分かる場合が多くあります。

■腱鞘炎の治療法

・安静
・局所麻酔
・ステロイド注射
・副木
・糖尿病や関節リウマチの治療
・手術療法

●安静による腱鞘炎の治療
腱鞘炎の治療法としては、安静が基本となります。
手や指の使い過ぎが主な原因になっている場合は、初期であれば安静にしただけで多くの人が症状が良くなります。

●糖尿病や関節リウマチの治療
糖尿病や関節リウマチなどの病気がある場合は、病気のコントロールが重要になります。

●局所麻酔・ステロイド注射
痛み・炎症・腫れがひどい場合は注射を使用します。
腱鞘の内部に直接注射するので、1回の注射でかなり効果があります。

●強剛母指の治療
強剛母指は多くの人が自然に治癒します。
そのため安静にするか、副木することで経過をみます。
小学校入学前には治ることが多いですが、そうではない場合には手術をすることもあります。

●手術療法による腱鞘炎の治療
痛みが改善せず症状の再発を繰り返す場合には、腱鞘を開くという手術を行います。
切開するのは腱鞘の一部だけなので、20分程度で終わります。
手術後1~2週間で手を使った動作が可能になります。

■腱鞘炎、手・指の名医(2014年7月時点)

横浜労災病院 副院長 運動器センター長
三上 容司(みかみ ようじ)先生
整形外科、特に手や抹消神経の病気やケガの診断と治療のエキスパートです。

■変形性関節症の治療法!関節リウマチとの違い、ヘバーデン結節、ブシャール結節、母指CM関節症

■手根管症候群の治療法!正中神経と尺骨神経、指のしびれや痛み

■手と指のしびれと痛み!変形性関節症、腱鞘炎、手根管症候群

■手に症状が出る病気!頸椎症・肺癌・脳梗塞・手根管症候群・肘部管症候群による手の痛みやしびれ

■関節リウマチと変形性関節症!女性に多い自己免疫疾患、リウマチの初期・進行期・変形完成期

■手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)について!手のしびれ

■腱鞘炎(けんしょうえん)について!ばね指、ドケルバン病、症状や治療法

■関節リウマチの治療と予防法!関節リウマチの早期発見のポイント