変形性関節症で指が変形してしまうと元に戻らないので、指のこわばりが起こった時に早期発見して適切に治療することが大切になります。
指の第一関節に変形や痛みが生じるものをヘバーデン結節といい、第二関節に変形や痛みが生じるものをブシャール結節といい、親指のCM関節に痛みや変形が生じるものを母指CM関節症といいます。




■変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)について

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)とは、指の関節が変形して痛みを伴うこともある病気で、いったん変形してしまうと元に戻ることは難しいとされています。
痛みのある時にきちんとした対処法をとり、関節の症状や痛みを適切に緩和し、変形の進行を抑えることを行えば軽く済ますことも可能です。

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)は大きく3つに分けられます。
指のどの部位に発性するかによって対処法が異なります。
変形性関節症は症状が起こる部位によって病名が異なってきます。
指先から数えて一番目の第一関節に変形や痛みが生じるものを「ヘバーデン結節」といいます。
二番目の第二関節に変形や痛みが生じるものを「ブシャール結節」といいます。
親指の指先から数えて三番目の関節をCM関節といいますが、ここに痛みや変形が生じるものを「母指CM関節症」といいます。

変形性関節症になると軟骨がなくなって、骨がくい込んで中が小さくなってきます。
そして横には骨棘(こっきょく)というトゲが出来てしまい関節が太くなってしまいます。
そのため靭帯が緩んでしまい異常な動きが発生します。
第一関節にできるヘバーデン結節と第二関節にできるブシャール結節では関節面の破壊が起こります。
CM関節では先に靭帯が緩んでくるので、異常な運動によって関節が壊れてきます。

■変形性関節症になりやすい人

・指を良く使う人
・更年期以降の女性
  女性ホルモンが影響していると考えられています。

■変形性関節症の早期発見

ヘバーデン結節やブシャール結節では、最初に指のこわばりが起こってきます。
そしてこわばりと共に痛みが起こってきます。
この段階で変形性関節症を疑うことが早期発見に大切になります。



■粘液膿腫(ねんえきのうしゅ)

ヘバーデン結節によくみられる合併症としては、爪の付け根に水ぶくれが良く起こります。
いっけん関節と関係がなさそうですが、実は骨棘(こっきょく)が刺激になって起こります。
痛みはありませんが関節の中までつながっているので、破れるとバイ菌が入ってしまう危険性があります。

■変形性関節症と関節リウマチとの違い

変形性関節症では第一関節と第二関節に変形が起こりますが、関節リウマチでは第三関節に変形が起こります。
指が小指の方に傾いてきたり、指を真っ直ぐ伸ばせなくなったりします。

■変形性関節症の治療法

・ヘバーデン結節:安静と固定
・ブシャール結節:無理せず動かす
・母指CM関節症:対立装具
・薬物療法
・手術療法

第二関節は曲がらなくなると日常生活に支障がでるので、医師の指示に従って関節の動きを保つ運動と力をつける運動を行います。

●変形性関節症の手術療法
・関節形成術
 金属製の部品とプラスチックの組み合わせで動きを保ちながら痛みを取ります

・関節固定術
 2つの関節を1つの骨としてくっ付けてしまいます。
 動きの不自由さが起こりますが、再発しないという利点があります。

■変形性関節症、手と指のしびれ・痛みの名医(2014年7月時点)

平田 仁(ひらた ひとし)先生
手や指に関する病気の診断と治療のエキスパートです。

■腱鞘炎の治療法!ばね指、ドケルバン病、強剛母指

■手根管症候群の治療法!正中神経と尺骨神経、指のしびれや痛み

■手と指のしびれと痛み!変形性関節症、腱鞘炎、手根管症候群

■手に症状が出る病気!頸椎症・肺癌・脳梗塞・手根管症候群・肘部管症候群による手の痛みやしびれ

■関節リウマチと変形性関節症!女性に多い自己免疫疾患、リウマチの初期・進行期・変形完成期

■手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)について!手のしびれ

■腱鞘炎(けんしょうえん)について!ばね指、ドケルバン病、症状や治療法

■関節リウマチの治療と予防法!関節リウマチの早期発見のポイント