糖尿病予備軍・境界型糖尿病では、空腹時は正常でも食べてから血糖値が上がるという特徴があります。
空腹時の血糖値だと糖尿病の初期段階が見逃されてしまいます。
糖尿病予備軍・境界型糖尿病を早期に確実に発見して予防するためには、空腹時の血糖値を測る検査ではなくブドウ糖負荷試験が最も有効です。
糖尿病の予防改善のためには肥満にならないことが大切です。
糖尿病の予防改善のためにはバランスの取れた食生活とウオーキングのような適度な運動が大切です。
またアディポネクチンを含む食材をバランス良く摂取することも大切です。




■糖尿病(とうにょうびょう)について

糖尿病(とうにょうびょう)とは、血液中のブドウ糖が使われずに多くなり過ぎてしまう病気をいいます。
糖尿病を放置すると、動脈硬化を加速させて心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気を引き起こしたり、さらには壊疽(えそ)による足の切断や突然失明する危険まであります。
糖尿病とは血糖値が通常よりも上がる病気をいいます。
糖尿病の病状がかなり進行すると尿に糖が出てきますが、初期段階では症状はほとんどありません。

■1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病は大きく分けて1型糖尿病と2型糖尿病があります。
1型糖尿病は膵臓の細胞が壊れることで発症し、子供の頃に始まることが多いといわれています。
2型糖尿病は糖尿病患者全体の95%以上を占めていて、主に生活習慣が原因といわれています。

■境界型糖尿病(きょうかいがたとうにょうびょう)について

境界型糖尿病(きょうかいがたとうにょうびょう)とは、糖尿病予備軍のことをいいます。
糖尿病予備軍の状態を放置してそのままの生活習慣を続けて行くと、糖尿病になる可能性が高まります。
正常の人よりも血糖値が高くなるため、その状態が長く続いていくと血管が障害されて動脈硬化が起こってしまいます。
境界型糖尿病の人は、正常な人よりも2倍も心筋梗塞になる危険性が高くなります。

■糖尿病予備軍・境界型糖尿病は健康診断では発見できない

血糖値が基準値内でも糖尿病にかかっている可能性があります。
しかしいずれ糖尿病になってしまう糖尿病予備軍の段階では、通常の健康診断での血液検査では見逃されてしまうことがあります。

空腹時の血糖値は正常なのに、食後に急激に血糖値が上昇するのが境界型糖尿病の特徴です。
境界型糖尿病では空腹時に測る血糖値では異常が出ないことが多く、通常の健康診断などで行われる血液検査では見逃されてしまうことが多いといわれています。



■ブドウ糖負荷試験で糖尿病予備軍を発見

ブドウ糖負荷試験とは、食事などで糖分を摂取した後に血糖値がどのように上がるかを調べる試験です。
まず空腹時の血糖値を測った後に、75gのブドウ糖液を溶かした液体を飲みます。
そして30分後、1時間後、2時間後の計4回の血液を採取し、血糖値を測ることでどのように変わるかを調べます。
空腹時の血糖値が110未満で2時間後の血糖値が140未満なら正常になります。
空腹時の血糖値が126以上で2時間後の血糖値が200以上なら糖尿病になります。
これ以外の場合は、すべて糖尿病予備軍になります。

■糖尿病予備軍の原因

糖尿病予備軍は体重の増加が原因と考えられています。
20歳の頃からどのくらい体重が増えているかを知ることも大切です。
10kg以上増えていたら内臓脂肪が多過ぎることが考えられます。

■ウオーキングで糖尿病の予防改善

ウオーキングなどの有酸素運動は、糖をエネルギーに変えるので血糖値が下がる効果があります。
またウオーキングはインスリンというホルモンの効きを良くして、血糖値を下げる効果もあります。
脂肪を燃やせない人は、ちょっとお腹が減ると低血糖になるため、すぐに甘い物を食べてしまいがちです。
そのためウオーキングなどで脂肪を燃やせるようになると、なかなか太らなくなり痩せやすくなります。

■薬局でのヘモグロビンA1c検査で糖尿病チェック

これまで糖尿病の検査は、病院の他、職場や学校での健康診断でしか受けられませんでした。
しかし2014年4月に国の規制が緩和され、薬局での糖尿病の検査が出来るようになりました。
ヘモグロビンA1cは、過去1~2ヶ月間の血糖の高さと平均が分かります。
またヘモグロビンA1c検査では、直前の食事の影響を受けないで検査することができます。
ヘモグロビンA1c検査で糖尿病予備軍が疑われる場合は、患者紹介票を病院にもっていくと、ブドウ糖負荷試験などの糖尿病の精密検査が保険適用で受けられます。

■アディポネクチンで糖尿病の予防改善

・脂肪燃焼
・血管修復
・血糖値を下げる

アディポネクチンは体内の脂肪を燃焼させる働き、傷付いた血管を修復する働き、血糖値を下げる働きがあります。

■アディポネクチンを含む食材

・青魚
・大豆製品
・野菜や海藻

●青魚で糖尿病の予防改善
サバ、アジ、イワシなどの青魚に含まれるEPAがアディポネクチンを増やす働きがあります。

●大豆製品で糖尿病の予防改善
納豆や豆腐などので大豆製品に含まれるコングリシニンが、アディポネクチンの合成を高めてくれます。

●野菜や海藻で糖尿病の予防改善
野菜に含まれる食物繊維、海藻に含まれるマグネシウムがアディポネクチンの分泌を促進してくれます。

■糖尿病による合併症の治療法!網膜症、腎症、神経障害、動脈硬化!

■糖尿病(とうにょうびょう)!糖尿病による手足のしびれ、手足の感染に要注意

■糖化(とうか)が老化や病気の原因に!糖化物質AGE、病気・老化予防

■糖尿病について!糖尿病の治療、血糖値、インスリン、ブドウ糖、HbA1c

■糖尿病の予防、食事療法と運動療法で糖尿病を改善、糖質制限食などについて

■糖尿病予防!海藻類や大豆製品に含まれるマグネシウムで糖尿病のリスクを低下

■糖質中毒!糖質が老化を早める、糖尿病や高脂血症の原因に

■糖尿病、バセドウ病!甲状腺ホルモンと血糖値、二次性糖尿病