■体臭・ニオイ

身体のニオイは生活習慣や体調の変化、年齢によって変わってきます。
体臭には様々な原因があります。
体臭の原因のひとつに汗がありますが、汗は本来無臭です。
ニオイの元は細菌で、汗をかくと細菌が繁殖しやすくなります。
その細菌がエサとするのが皮脂(ひし)です。
体臭・ニオイは身体の変化を教えてくれるシグナルであり、生活習慣を見直すサインでもあります。
身体は必要な皮脂まで落としてしまうと、肌を保湿しようとして皮脂が余計に分泌されてしまいます。



■皮脂

皮脂とは毛穴にある皮脂腺(ひしせん)から分泌されている脂のことで、肌を保湿するという重要な働きをしています。
汗くさいニオイの正体は汗+皮脂になります。

■加齢臭(かれいしゅう)と中年臭(ちゅうねんしゅう)

中高年のニオイは加齢臭(かれいしゅう)だけではなく、30代~50代の男性特有の中年臭(ちゅうねんしゅう)というものも存在しています。
加齢臭と中年臭は、汗と皮脂が年齢と共に変化することで発生します。

■加齢臭の原因

枯れ草や古い本のようなニオイの加齢臭の原因は皮脂の変化です。
若い頃は不純物の少ない皮脂が分泌されますが、加齢と共に皮脂腺の中で酸化した皮脂が分泌されるようになります。
そのため若い時とは違ったニオイが発生します。

■中年臭の原因

古い脂ののようなニオイに例えられる中年臭の原因には汗があります。
加齢と共に代謝機能が低下してくると、汗の中に乳酸が多く含まれるようになります。
その汗と皮脂で増殖した雑菌が、中年臭の独特のニオイを発生させます。
中年臭は他のニオイと混ざりやすく、ニオイが強くなる場合があります。

■疲労臭(ひろうしゅう)

疲労臭(ひろうしゅう)の原因は汗や皮脂ではなく、身体の中に原因があります。
汗や皮脂原因ではないので、外側から対策をしてもニオイを抑えることはできません。
疲労臭のニオイの原因は肝臓にあります。
人の身体では、エネルギーを消費する過程で有毒なアンモニアが作られます。
アンモニアは肝臓の働きで解毒分解されて毒素の少ない尿素に合成されます。
しかし飲み過ぎ、寝不足、ストレスなどで肝臓が疲れてくるとアンモニアの処理が追いつかず、血液の中のアンモニアの量が増加してしまいます。
それが皮膚ガスとして外に出て疲労臭のニオイの原因となっています。
アンモニア臭のする体臭は、肝臓の代謝力が低下しています。
疲労臭は肝臓の負担を減らすなど、身体の内側からの対策が必要です。

■衣類のニオイ対策

脱いだ衣服を放置する時間が長いと、細菌が増殖してニオイの原因となります。
皮脂が付きやすい部分には、洗濯前に中性洗剤をつけて揉み洗いしてから洗濯すると、皮脂汚れとニオイをしっかり落とすことができます。
ジャケットなど洗いにくい衣服は、脱いだ後にお湯で固く絞ったタオルで皮脂の付きやすい部分をたたいておくと、ニオイを抑えることができます。

■口臭について

強い口臭の原因となる口の問題には歯周病、ドライマウス、舌苔(ぜったい)などがあり、硫黄のニオイが特徴となっています。
食事をしてから時間が立つほど唾液が少なくなるため、口臭は強くなる傾向があります。
口臭が気になる人は、こまめにうがいをしたり、ガムを噛んで唾液をだすようにするとよいです。

■病気とニオイ

病気特有のニオイ成分が血流によって肺に運ばれ、呼気の中に漏れ出すことでニオイが起きます。
糖尿病の人の呼気からは、腐ったリンゴのような甘酸っぱいニオイがすることがあります。

■体臭・ニオイの名医

五味クリニック 院長
五味 常明(ごみ つねあき)先生

■体臭いついて!疲労臭、皮脂の酸化、緊張性発汗、加齢臭!体の痛み病気対策

■汗の臭い予防対策!洗濯物の臭い・室内干しの臭い・加齢臭の予防対策!

■疲労を溜めない方法!疲労のタイプを知ってを疲れ軽減、イミダペプチド健康効果

■冬の嫌なニオイ対策!ブーツのニオイ対策、口のニオイ対策、加齢臭対策、ミドル脂臭!

■口臭予防法!口臭は病気のサイン、砂糖で口臭予防、ドライマウス!

■オナラ解消!ヨーグルトでオナラ解消、便秘解消でオナラの臭いを解消、大腸憩室