■腎臓について

腎臓は絶えず血液をろ過していて、その血液中の老廃物や水分が尿となっています。
腎臓で作られるおしっこの元を原尿(げんにょう)といいます。
原尿の量は1日で約180Lにもなります。
腎臓はその原尿の必要な部分を再吸収しながら何度もろ過を行い、最終的には1日約1.5Lが尿として排泄されています。




■前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)について

前立腺(ぜんりつせん)は男性のみにあり、精液の一部を作っている臓器です。
膀胱の直ぐ下にあり、その真ん中を尿道が通っています。
前立腺は加齢でホルモンバランスが変化することで除々に大きくなります。
それが前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)です。
前立腺が大きくなってくると、真ん中を通っている尿道を圧迫して尿の排泄時に勢いが出なくなってきます。
60代以上の約半数以上に前立腺肥大の症状があるといわれています。
尿の出にくさの他にも、膀胱に尿を溜められず頻尿(ひんにょう)になるという場合もあります。
前立腺肥大を放置すると尿が出なくなり、最終的には腎不全を引き起こす危険性があります。

■前立腺肥大の治療

前立腺肥大の症状が軽度であれば薬で治療します。
尿道を広げる薬で尿道を広げたり、男性ホルモンを抑える薬で前立腺を小さくしたりして治療します。
前立腺肥大の症状が悪くなってきた場合は、手術が必要になることもあります。

●HoLEP(ホルミウムレーザー前立腺核出術)による前立腺肥大の手術療法
HoLEP(ホルミウムレーザー前立腺核出術)では、まずレーザーファイバーを通した内視鏡を尿道から前立腺まで挿入します。
前立腺の内側の内腺(ないせん)という部分と外側の外腺(がいせん)という部分の境目にレーザー光を当て、内腺のみをくり抜いていきます。
膀胱内に移動した前立腺を細かく切断して吸引します。
HoLEP(ホルミウムレーザー前立腺核出術)による前立腺肥大の手術は、出血や痛みが少なく患者さんの負担が小さくてすみます。
通常、手術から1週間ほどで退院できます。

■前立腺肥大の予防法

前立腺肥大は、暴飲暴食を避けて脂肪分の少ない食事をすることで予防できます。

■前立腺癌について

前立腺癌は前立腺の外腺の部分に発症します。
前立腺癌の原因は、食生活の欧米化によって高タンパクや高脂肪の食事が増えたことにあると考えられています。

■夜間頻尿の原因!夜間高血圧・隠れ心不全・睡眠時無呼吸症候群・過活動膀胱・前立腺肥大症

■就寝前の入浴で夜間頻尿を解消!夜間頻尿で骨折リスクが上がる、体の痛み・病気を改善

■男性の尿もれ!前立腺肥大症の症状・治療法、頻尿、残尿感、尿切迫感!

■前立腺肥大・前立腺癌!