腸がねじれてしまうねじれ腸は便秘の原因になっています。
便秘解消体操には、腸全体を揺らす便秘解消体操、S字結腸を揺らす便秘解消体操、下行結腸を揺らす便秘解消体操があります。
オリーブオイルのオレイン酸には便秘解消効果があります。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスを1:2で摂ると便秘解消に効果的です。




■慢性的な下痢や便秘

慢性的な下痢や便秘に悩む人は約700万人いるといわれています。
下痢や便秘の主な原因は腸にあります。
つまり腸が元気であれば下痢も便秘も防ぐことができます。

■下痢になったときは水分補給が大切

下痢というのは老廃物なので出したいという身体の反応になります。
しかし下痢になってしまうと水分が出てしまい脱水になってしまいます。
そのため水分補給が必要になります。
一気に飲まずに少しずつ飲むと良いそうです。

■ねじれ腸による便秘

日本人の腸は体内で動きやすい性質をもっていて、日常生活の動きの中で腸がねじれてしまうそうです。
ねじれて細くなった部分に便が詰まり便秘になり、便秘になることでさらに腸のねじれを増やしてしまうという悪循環に陥りやすくなってしまいます。

■便秘解消体操

便が固くなり便秘を招く下行結腸(かこうけっちょう)とS字結腸(えすじけっちょう)に刺激を与え、便を出しやすくする体操です。
以下の3つの便秘解消体操を1分間ずつ、朝晩に行います。

●腸全体を揺らす便秘解消体操
立った状態で上体を左右に20回ひねります。
腸全体を揺らすようなイメージで体をひねります。

●S字結腸を揺らす便秘解消体操
ヒザを立てて横になります。
恥骨からへそへ向け、下から上に向けて1分間押していきます。
下から上に持ち上げるイメージで1分間押します。

●下行結腸を揺らす便秘解消体操
ヒザを立てて横になります。
左脇腹の肋骨(ろっこつ)の下から脚の付け根までを上下に1分間押していきます。
腸を挟むイメージで上下に1分間押していきます。



■オリーブオイルで便秘の解消

油には腸内で吸収されにくく、長く留まることで便の滑りを良くする効果があります。
特にオリーブオイルには、オレイン酸という物質が多く含まれています。
オレイン酸は小腸で吸収されにくいので、大腸に残って便の元と混じって滑りを良くしてくれます。

■食物繊維で便秘解消

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つの種類があります。
バナナやリンゴなどの果物に多く含まれているのは水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維は水に溶けやすく、便をやわらかくする働きがあります。
カボチャやサツマイモなどの野菜に多く含まれているのが不溶性食物繊維です。
不溶性食物繊維は腸の運動を活発にして便のカサを増す働きがあります。
便秘解消に重要なのは、2つの食物繊維のバランスです。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスを1:2で摂ることが便秘解消に大切になります。

■便秘の名医(2014年6月時点)

松生クリニック 院長 消化器内科医
松生 恒夫(まついけ つねお)先生

■発酵漬け物・発酵食品・食物繊維で便秘解消!便秘と病気、隠れ便秘

■便秘・下痢解消法!うつ伏せ・8時間以上の空腹時間で便秘や下痢を解消、腸の痛み・病気

■オナラ解消!ヨーグルトでオナラ解消、便秘解消でオナラの臭いを解消、大腸憩室!腸の痛み病気対策

■笑顔・呼吸法で便秘解消!副交感神経の活性化方法、便秘解消食材、便秘外来

■便秘!ねじれ腸による便秘、便秘解消マッサージ、CTコロノグラフィー