アルツハイマー型認知症は認知症患者の半数を占める最も有名な認知症。
脳血管型認知症は脳梗塞や脳出血などにより脳がダメージを受けて発症する認知症。
レビー小体型認知症は実際には見えない物が見えてしまう「幻視」症状が特徴の認知症。
もの忘れドックで認知症の早期診断・認知症タイプ診断を受けて早期に治療を受けることが重要です。




■認知症について

認知症とは、様々な原因で脳の細胞の働きが悪くなり、記憶力や判断力が低下して社会生活に支障が出る状態をいいます。

■軽度認知症

認知症になる前には、軽度認知症という段階があります。
軽度認知症とは、本人や家族からみて物忘れがひどくなってはいるが、日常生活には特に問題がない状態をいいます。
軽度認知症の段階で早めに対処すると、正常に戻ったり、認知症への移行を遅らせることができます。

■青魚のEPAやDHAで認知症予防

サバやサンマなどの青魚に含まれているEPAやDHAという脂肪酸には、脳の血流をサラサラにする効果があります。
認知症は脳の循環障害が大きな原因になっています。
血液をサラサラにしておくことで、脳の栄養や酸素が良く届いて認知症予防につながります。

■ココナツオイルで認知症予防

脳はブドウ糖を栄養源やカロリー源として使いますが、老化した人では利用度が落ちてきます。
その代わりにケトン体というものを使うと、カロリー源として使えるということが分かってきています。
ココナツオイルに含まれるケトン体がブドウ糖の代用品として脳の働きを助けてくれます。

■噛んで認知症予防

噛むことで脳を活性化する効果があります。
若者と高齢者を比べた時、高齢者の方が咀嚼することによって脳が活性力が上がるといわれています。
噛むことは、認知症にかかりやすい高齢者にとって簡単な認知症予防法です。

■笑って認知症予防

心から笑うと免疫を高めて認知症の予防にもなるといわれています。
脳の中には、快か不快かを判断する扁桃体(へんとうたい)という部分があります。
扁桃体が不快ばかり感じてしまうと、交感神経が興奮してうつ状態となり、認知症になりやすくなってしまいます。
心の底から笑うことは、扁桃体に不快感を与えずに脳を活性化させることができます。

■足踏みしりとりで認知症予防

足踏みをしながらしりとりをします。
前2つの言葉を言った上で、自分の言葉を足して答えていきます。
歩くということは運動の領域を活性化します。
しりとりは言葉の領域を活性化します。
運動としりとりのそれぞれの行動が同時に脳を活性化させるため認知症予防に効果があります。
また散歩しながら景色を見て色々考えたりすると、運動しながら脳を活性化させることになり、認知症予防に効果が期待できます。



■料理の味で認知症をチェック

料理はとても複雑な行為で、認知機能を代表している作業でもあります。
それが障害されてくると味付けが変わってくることがあります。

■趣味で認知症をチェック

認知症になると好きな趣味が上手くできなくなり嫌いになってしまうことがあります。

■アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、認知症患者の半数を占める最も有名な認知症です。

■脳血管型認知症

脳血管型認知症とは、脳梗塞や脳出血などにより脳がダメージを受けて発症する認知症です。

■レビー小体型認知症

レビー小体型認知症とは、実際には見えない物が見えてしまう「幻視」症状が特徴の認知症です。

■もの忘れドック

・認知症の早期診断
・認知症のタイプ診断

今は全く認知症の症状が出ていない人でも、あと何年で認知症になる可能性があるかが分かります。
アルツハイマーをはじめとした認知症のタイプを、発症前から知ることが出来ます。
認知症になる時期とタイプを事前に知ることで早期治療に取り組める上、周りの家族も事前に準備ができる利点があります。
認知症になってからでは現実の生活に不憫を来すようになります。
もの忘れドックで早期診断し、早期に治療をすすめていくことが重要になります。

■団塊世代のうつ病!喪失体験がうつ病のきっかけとなる、認知症との違い、仮性認知症!

■記憶力を低下させない方法!英会話・絵本の読み聞かせを行う・夫婦で褒め合い記憶力アップ!

■隠れ認知症!回想法で昔の思い出を思い出すことが隠れ認知症の治療予防に!